ケーススタディ

Jollyroom

AutoStore™ Jollyroomの大規模な拡張を実現

スウェーデン
業種
小売業
パートナー企業
Element Logic

幼児・子供向け商品を販売するオンライン企業であるJollyroomは、現在の倉庫業務を拡張し、将来の拡張に備える必要に迫られたときに、当然のようにAutoStoreを選択しました。

80
K平方メートル
グリッドでカバー
147
ロボット
150
K
ビン

幼児・子供向けの広範な商品を販売しているeコマース企業であるJollyroomは、ここ10年間で急激な成長を遂げました。AutoStoreシステムのおかげで、同社はロイヤルティの高い顧客ベースと共に拡大してきました。

このスウェーデンの企業は、15年前に現在の経営者であるOle Sauer氏が自宅でベビー用品の販売を始めたことがきっかけで誕生しました。Jollyroomは、最初の5年間で100%の成長を遂げました。成長はそこで止まらず、すぐに1つの倉庫が7つの倉庫に拡大しました。

その後、スウェーデンのヨーテボリに8万平方メートル(861,000平方フィート)以上の広さの倉庫を開設し、すべての商品をその1つのスペースに集約しました。 

Jollyroomは、おもちゃ、ベビーカー、チャイルドシート、子供服、靴、ベビー用品、マタニティウェアなど、親が子供のために必要とするあらゆる商品を販売しています。同社は、その広範な商品を北欧全域、ドイツ、オーストリアの顧客に提供しており、顧客から高い評価を受けています。

「私たちの目標は、妊娠中から子供が12歳になるまでに必要なものがすべて見つかるようにすることです」とJollyroomのロジスティクス責任者であるCecilia Olsson氏は述べています。

過去数年間で著しい成長を遂げたJollyroomは、迅速で安全な配達への期待に応えるため、新しい自動化倉庫ソリューションを必要としていました。Element Logicを販売代理店とするAutoStoreシステムを選択したJollyroomに、後悔は全くありません。

{{quote}}

JollyroomがAutoStoreシステムを選んだ理由

Jollyroomのチームは、古いソリューションを新しいソリューションに置き換えることでオペレーションを最新化および合理化することを常に目指しています。この目標を達成するため、チームは会社が完全に稼動している間に、AutoStoreの設置を迅速に行う必要がありました。 

最初のAutoStoreの導入により、Jollyroomは小~中サイズのパッケージの注文能力を2倍に増強することができ、このプロジェクトは記録的な速さで完了しました。 

Element LogicのセールスマネージャーであるTerje Skjølberg氏は次のように述べています。「セールス面で大きな成功を収めた場合、ロジスティクス面でも迅速に対応する必要があります。Jollyroomが他の活動に影響を与えることなく、これをこのような短い期間で成功させたことは、同社がいかにダイナミックな企業であるかを示しています」。 

ヨーテボリにあるJollyroomのメイン倉庫のAutoStoreシステムは、現在15万個のビン、26個のピッキングポート、147台のロボットで機能しており、1時間あたり2,400個のビンをピッキングする能力があります。 

現在、チームは3度目の拡張を計画しています。新しいシステムでは、ビンが2万個、ロボットが20台、ポートが20個追加される予定です。この拡張が完了すると、システムのピッキング能力は1時間あたり3,700ビンに増加します。

AutoStoreのメリット

新しいAutoStoreシステムの導入によって多くのメリットがもたらされたとOlsson氏は言います。主要なメリットとして以下が挙げられます。

  • 処理コストの削減により、顧客への販売価格が減少。
  • エネルギー効率の向上により、企業の二酸化炭素排出量とエネルギーコストが減少。
  • 倉庫内のノイズレベルの低減とより人間工学的に設計された梱包ステーション。

 

AutoStoreは、Jollyroomの現在の倉庫管理の問題を解決しました。このシステムにより、同社は将来的に事業を大幅に拡大できます。

「AutoStoreは環境の観点からよく考えられたソリューションです。新しい倉庫はエネルギー消費量が極めて少ないからです」。

Cecilia Olsson
Jollyroomのロジスティクス部門の責任者

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

送信

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

送信

詳細は担当者まで

オートストアは、どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応できます
次はお客様の番です