ケーススタディ

Beekman B.V.

Beekman、倉庫の自動化によってピッキング能力が2倍に

オランダ
業種
製造
パートナー
Lalesse Logistic Solutions

オランダ企業のBeekman B.V.社は、より大きな敷地に移転するか、既存の倉庫の自動化をアップグレードするかの選択を迫られていました。同社はAutoStore™システムを導入することにしました。

1 200
sqm
グリッドでカバー
41
ロボット
17
K
ビン
2
X
生産性

家電製品向け部品の供給を専門とするオランダ企業のBeekman B.V.社は驚異的な成長を遂げ、その結果、同社の経営者とマネージャーは、既存施設のピッキング能力を高める自動倉庫システムに切り替えるか、より広大な倉庫に移転するかという選択を迫られました。 

彼らは、Lalesse Logistic Solutions社が提供するオートストアシステムを既存施設に導入することを選択しました。

この革新的なオランダ企業は、オランダのアペルドールンに位置しています。そここから、Miele、Bosch、Siemens、AEG、Electrolux、Whirlpool、Samsung、Beko、Indesit、LG、Philips、Bauknechtなどの世界的なブランドの家電製品向けの部品、接続材料、付属品をヨーロッパ全域に供給しています。 

50年以上の歴史を持つこの家族経営の企業は、棚計画からフランチャイズ店舗全体のコンセプトまでトータルパッケージを顧客に提供しています。 

Beekman B.V.社は規模が大きく、日に日に成長しています。現在、同社は家電製品向けの部品と付属品を合計1,000万個保管しています。 

1999年から同社のゼネラルディレクターを務めるJos Beekman氏は次のように述べています。「お客様の品揃えが増えています。そのため、当社も在庫により多くの商品を保管しておく必要があります」。 

オートストアの紹介 

Beekman氏が初めてオートストアシステムに触れたのは、ウェブストア向けのブランチイベントでした。

Beekman氏は、システムの速度とコンパクトさに魅力を感じたと振り返ります。 

Beekman氏と彼のチームは、オートストアシステムが日曜日から金曜日まで1日に1,000個のパッケージを処理できることを知りました。また、以前のシステムに比べて1時間あたり2倍の数のピッキングを処理できることもわかりました。

Beekman氏は次のように述べています。「お客様は、一日の終わりに注文をして、翌日に商品が届くことを望んでいます。今は、お客様が午後4時30分ではなく午後6時までに注文すれば、翌日には商品が届くようになりました」。

以前のシステムでは、スタッフが空のトートを2階に運ぶのに時間がかかるなど、隠れたコストや不便さがありました。今は、搬送システムと自動リフトで作業を行っています。 

もう一つの問題は、「ラッシュアワー」と呼ばれる遅い時間帯に勤務できるスタッフを確保することに苦労したことでした。これを解決したのが、少ない人数で稼働できるオートストアでした。

「当社の従業員の多くは若い学生のアルバイトですが、夕方は人気のある勤務時間帯ではありません。オートストアのシステムは、少ない人数で稼働できるので、その問題を解決してくれました」とBeekman氏は付け加えます。

この新システムのおかげで、ホコリが少なくなり、より快適な作業環境が実現しています。

「会社の成長に伴い、効率を高める方法を見つけなければなりませんでした。オートストアシステムはそれを実現してくれました。」

Jos Beekman
Beekman B.V.社のゼネラルディレクター

Beekman B.V.社のオートストアシステムの仕組み。

Beekman B.V.社は、わずか3週間で新システムに移行しました。このプロセスは非常にスムーズで、同社の顧客は何の問題も感じていませんでした。

Beekman B.V.社の自動倉庫システムは、毎秒3m(10フィート)の平均速度で動く41台のロボットによって稼働しています。グリッドには17,141個のビンが高さ3.6m(11.8フィート)で配置されており、広さは1,200平方メートル(12,916平方フィート)で、この自動倉庫システムを使用している倉庫の中では大きな部類に入ります。 

2台のエントリーワークステーションがあり、1時間に200個のビンを収納できます。また、6台のエクスポートワークステーションがあり、全部で1時間に1,200個のビンに充填できます。

Beekman社の従業員は以前はこれらの作業を自分たちで行っていましたが、チームは従業員が自動化に脅威を感じないよう配慮しました。「私たちは、従業員がコントロールしているのは自分であると感じられるように、自動化と従業員の仕事との間の適切なバランスを模索しました」。

Beekman B.V.社の未来はどのようなものでしょうか?

Beekman氏は次のように述べています。「私たちはオートストアシステムに多くの投資をしましたが、それだけの価値があります。私たちの野望は巨大です。今後10年間で飛躍的に成長したいと考えています。このシステムがあれば、何の問題もなく成長できます」。

また、製品の多様化に伴い、追加のビンが必要になるかもしれないと述べています。 

倉庫の最適化も継続的に行われています。Beekman B.V.社には独自のソフトウェアエンジニアが在籍しており、同社が新しいシステムを最大限に活用できるようサポートしています。

新しいAutoStore のシステムに熱中しているのはリーダーや社員だけではありません。お客様や他の企業も興味を示しています。

「このシステムは多くの人にとって目からウロコです。オートストアシステムのおかげで当社は未来への準備が整いました」とBeekman氏は付け加えます。

リン・メッツガー
クライアントデベロップメントマネージャー
米国

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

話そう
該当する項目はありません。

もっと調べてみませんか

オートストアは、どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応できます
次はお客様の番です