ケーススタディ

S. Siedle & Söhne

S. Siedle & Söhne社の輝かしい未来

Germany
業種
製造
パートナー
Dematic
目次
目次

通信設備の構築を専門とするS. Siedle & Söhne社は、将来の事業拡大に備え、倉庫の効率を改善するために、AutoStoreを選択しました。

480
グリッドの専有面積
12,571
ビン
5
ConveyorPort

S. Siedle & Söhne社(Siedle社)は270年以上の歴史を持つドイツのファミリー企業です。現在のCEO・Gabriele Siedle氏が経営する同社は、先ごろ、将来を見据え、AutoStoreの導入を決定しました。

Siedle社はドイツ南西部のシュヴァルツヴァルト地方に位置するフルトヴァンゲンで、製品の80%以上を現地生産しています。2018年の連結売上高は8,800万ユーロ、従業員数は500人超です。

Siedle社には長くすばらしい歴史があります。Mathäus Siedle氏は1750年代にフルトヴァンゲンの農場で、時計メーカー向けにベルを鋳造する会社を設立しました。以降、S. Siedle & Söhne社は、ドイツ電話業界のパイオニアとなり、社内電話やドアフォンの技術に特化した会社としてこの地域に定着してきました。

現在も通信事業を展開しており、家庭用、製造用、オフィス用の通信設備の構築に特化しています。Siedle社の製品には、ビデオ監視装置、インターホンシステム、デジタルカメラシステム、入退室管理装置、最新式のドアベル、レターボックスなどがあります。

また、ドイツ国内だけではなく国外市場でも、製造用およびオフィス用の建物空調調節システムを販売しています。

{{quote}}

「ロジスティクスの改革が不可欠」

事業の拡大に伴い既存の倉庫が逼迫してきたため、2018年に倉庫のプロセスとテクノロジーを最新化することにしました。

「倉庫の信頼性とパフォーマンスの面でお客様と製造側のどちらのニーズも満たすには、ロジスティクスの変革が不可欠でした。」Siedle社のLogistics ManagerであるRainer Broghammer氏はこう述べています。

さらにBroghammer氏は「立体倉庫の逼迫を緩和するにはスペースの利用を最適化する必要がありましたが、構造を大きく変えず、できるだけ投資を抑えることが理想でした。」と続けています。

既存の倉庫では保管容量とピックアップ能力が限界に達していたため、Siedle社は小型部品の倉庫を、Dematicが提案するAutoStoreシステムに置き換えることにしました。

S. Siedle & Söhne社のAutoStoreシステム  

新しい倉庫自動化システムは、業務を止めることなく導入され、2020年5月に運用が開始されました。

現在、AutoStore保管グリッドが占める面積はわずか480m²(5,166sqf)です。

合計12,571個のビンのすべてがグリッド内に積み重ねられています。各ビンの収容量は30kg(66lbs)で、9台の倉庫ロボットがオーダー品の迅速で効率的なピッキングを行います。

ロボットは人と違って疲れ知らずです。グリッド上を縦横無尽に動き、オーダー品が入ったビンをワークステーションに運ぶと、そこで倉庫スタッフが発送の準備を行います。このシステムは、Dematicにより提供されたSAP WMシステムにより直接、制御・操作されます。

AutoStoreがS. Siedle & Söhne社にもたらすメリット

AutoStore導入のメリットは数多くあります。「AutoStoreの柔軟性により、従来の倉庫の保管容量とパフォーマンスの逼迫がどちらも軽減されました。」Broghammer氏はこう述べています。

さらにBroghammer氏は「AutoStoreの導入により、外部サプライヤーへの依存度を減らすことで、サプライチェーンの透明度を上げて、倉庫システムのパフォーマンス全体を改善することができました。しかも、通常の作業を中断することなく導入できたのです。」と続けています。

Siedle社は既存の倉庫の保管能力を最大化し、スタッフの作業効率を大幅に向上させました。また、AutoStoreシステムは将来的に容易に拡張できるため、数百年の歴史を持つ同社のさらなる発展を支えていくことでしょう。

「AutoStoreの柔軟性により、従来の立体倉庫の保管容量とパフォーマンスの逼迫がどちらも軽減されました。」

Rainer Broghammer氏
Logistics Manager、S. Siedle & Söhne社

Peter Bimmermann氏
Managing Director, Germany

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

詳細は担当者まで

AutoStoreのソリューションなら、あらゆるお客様の倉庫やフルフィルメントセンターに対応できます。 この機会にご検討ください。