ケーススタディ

Benetton

Benetton、AutoStoreで倉庫を自動化:保管容量を3倍、効率を2倍に拡大

Italy
業種
小売
パートナー
Dematic
目次
目次

Benettonは増大するオンライン需要に対応するため、AutoStoreシステムを採用し、保管密度を3倍に、効率を2倍に拡大してエラーを削減し、業務を効率化しました。これにより、B2CとB2Bのどちらのオーダーも効率的に管理し、スタッフ数を維持して、1日あたり15,000件の注文明細行を高い精度で処理できるようになりました。

3x
保管密度を拡大
2x
業務効率
15,000
1日あたりの注文明細行
50%
商品搬送の軽減
50%
アイドル時間の短縮

現場訪問のビデオを見る:Benetton


Benettonについて

United Colors of Benettonは、Benettonグループを代表するブランドの1つで、その名はファッション業界で50年以上にわたり親しまれています。Benettonは世界80か国以上に4,000以上のブティックの実店舗を構えるチェーン会社として最も有名ですが、変化する小売市場で競争力を維持する戦略の一環として、2012年にその活動をEコマースに拡大しました。

最近まで従来の倉庫業務やロジスティクスモデルでBenettonの増大するオンライン需要に十分対応できていました。しかし、購買嗜好の変化と自動化オプションの増加により、顧客満足を維持するには、ピッキング時間を短縮してロジスティクス施設のスペースを効率化しピッキング作業の効率と柔軟性を改善する必要があると経営陣は判断しました。

課題:デジタルシフトへの対応

Benettonはオンラインショッピングが実用化される以前に、市場で最も認知度の高いファッションブランドのひとつとなる戦略で成功を収めていました。しかし、BenettonのHead of LogisticsであるSoldan Valentino氏は次のように指摘しています。「Eコマースは約7~8年前まではかなり未知の発想でしたが、その頃から弊社ではオンラインショッピングが小売事業の中心になるだろうと考え始めていました。」

同社のEコマースの開始から10年を経て、新たな世代のお客様と同社の商品が出会うことになりました。しかし、従来のロジスティクス手法には難点があったため、Valentino氏は次のように述べています。「お客様にサービス、スピード、時間厳守、確実性を提供するには自動化が不可欠であると考えました。」

BenettonがAutoStoreを選んだ理由

Benettonがロジスティクスと倉庫作業にAutoStoreシステムを選んだ背景として、業務効率と作業場の安全性を大きく向上させたことが決め手となりました。

既存のインフラに最適
Benettonの既存の建物にシームレスに統合できるため、AutoStoreが選ばれました。このため、大規模な改築や移転が不要になり、実用的で効率的なソリューションを提供しています。

柔軟性と拡張性
AutoStoreを際立たせている特徴のひとつに柔軟性があります。Benettonは、10年単位の長期予測を必要としないシステムの適応力を高く評価しました。つまり、差し迫ったニーズと近い将来のニーズに基づきシステムを設計して拡張できるため、急速に変化するビジネス環境にも対応可能です。

{{quote}}

ダウンタイムとメンテナンスの必要性を軽減
AutoStoreは、従来の自動化システムと比べてダウンタイムを大幅に短縮します。メンテナンスの際にロボットを簡単に取り外すことができる設計で、継続的な生産性を確保し、操作の中断を軽減します。

Benetton独自の要件への適応力
このシステムは、汎用的な市販のソリューションではなく、Benetton固有の業務ニーズに合わせてカスタマイズされました。特注の適応構造により、Benettonのビジネスモデルと運用戦略に完全に一致したシステムとなっています。

持続可能性と将来への備え
AutoStoreは持続可能性の目標に合わせ、Benettonの既存構造に収まるように設計されているため、新規建設による環境への影響を軽減します。拡張性に優れており、将来のビジネストレンドやニーズに適応できるため、成長と拡張に向けた持続可能なソリューションを提供します。

BenettonがAutoStoreを選択したことにより、効率的で拡張可能かつ安全なロジスティクス作業に向けた戦略上の手段が明確になっています。このシステムの柔軟性と適応力に加え、必要なスペースと搬送が軽減されたため、Benettonは現在と将来のどちらのロジスティクスの課題にも効果的に対処できる有利な状況となっています。

AutoStoreで実現した主なメリット

BenettonはAutoStoreシステムを採用したことにより、同社のロジスティクス業務は大きく変革しました。この戦略上の導入によって、業務と労働力がいずれも効率化され、多くのメリットが得られました。

スペースと業務の効率が格段に向上:

  • 保管密度を3倍に拡大:このシステムの効率的な設計により、既存の施設内で保管容量を3倍に拡大できたため、より大規模な施設に移転する必要がなくなりました。
  • 業務効率全体を2倍に拡大:AutoStoreにより業務効率が100%向上し、ロジスティクスプロセスが効率化されました。
  • 締め切り1時間前のオーダーでも当日発送が可能:AutoStoreでは、宅配便の締め切り1時間前のオーダーでも当日出荷されます。

  • 商品搬送を50%削減:システムの効率化により、商品の物理的な搬送の必要性が前年度に比べて半減しました。

{{quote2}}

  • オーダー精度の向上:AutoStoreの導入により、オーダー精度が著しく向上し、顧客満足が確保されています。
  • 大量のオーダーへの対応力:システムで1日あたり最大15,000件の注文明細行を処理でき、大量のオーダーを効率的に管理します。
  • アイドル時間を50%短縮:イントラロジスティックフローのアイドル時間がほぼ半減し、生産性が向上しています。

  • 倉庫のダウンタイムを改善:ロボットのメンテナンス中でも作業を続けることができるため、継続的な生産性が確保されます。
  • モジュール方式で持続可能な設計:AutoStoreはBenettonの既存のインフラにシームレスに適合し、拡張性に優れているため、同社の持続可能性の目標と将来の成長計画に合わせて調整されています。
  • 柔軟性により多様な需要に対応:システムはB2CのEコマース販売と実店舗向けのB2Bサプライの2つの需要に巧みに対応し、その多用途性を反映しています。

労働力のトレーニング、安全性、人間工学(エルゴノミクス):

  • スタッフ数の維持:Benettonは技術的なアップグレードにもかかわらず、既存のスタッフ数を100%維持し、システムが既存の人員構成にシームレスに統合されています。
  • トレーニング期間の短縮:AutoStoreは直感的に操作できるため、Benettonの新人スタッフのトレーニングが迅速に行われ、学習曲線と作業のダウンタイムが短縮されます。
  • 安全で人間工学に基づいたワークステーション:Benettonの倉庫スタッフは、重機の周辺や広い保管範囲の中で働く必要がなくなり、人間工学に基づいたワークステーションと安全性の向上という形で直接のメリットを実感しています。

BenettonがAutoStoreを採用したことで、同社のロジスティクス業務は大幅に変革し、スペースの使用率、業務効率、オーダー処理の精度が著しく向上しています。この戦略上の取り組みにより、生産性が強化されただけでなく、スタッフ数の維持や労働条件の改善からもわかるように従業員の満足度も確保されています。

Benettonの広報担当者は次のように述べています。「このシステムにより、作業員は通路や倉庫を移動して棚にある商品を探す必要がなくなりました。ポートにいる作業員にすべてのものが届けられるのです。」この言葉は、AutoStoreによる影響の本質的な部分を簡潔に表しています。つまり、プロセスを円滑化して効率と作業員の利便性に焦点を当てることがロジスティクス管理の新たな基準となっています。


システムの機能

AutoStoreが提供し、2022年末に稼働した自動化倉庫システムは、53台のロボット、60,000個のビン、12台のCarouselPortで構成されています。通常は10台のポートをピッキングに、2台のポートを移動作業に使用するため、Benettonのロジスティクスチームでは、普段の2シフトの間に最大15,000個のビンを取り扱い、60,000以上のSKUで最大15,000件の注文明細行を処理することができます。このシステムにより、スタッフは商品を移動して倉庫に再循環させることができます。

AutoStoreのインフラを支えるのはDematic倉庫管理ソフトウェアであり、在庫と業務の両方をシステム全体で包括的に可視化します。

2022年末に稼働したBenettonの新しいAutoStoreシステムは、基準を模索する企業にとって新たなイノベーションを具体化したものとなっています。

プロジェクトの仕様

設置タイプ:ブラウンフィールド(既存の用地)
SKU:
60,000以上
処理量:
1日あたり最大15,000件の注文明細行
ロボット:
53台
ポート:
12台のCarouselPort
ビン:
60,000個
パートナー:
Dematic

「他の自動化に比べ、ダウンタイムが短縮されることが大きなメリットです。倉庫は常に機能しています。」

Flavio Galasso氏
Benetton、Maintenance and Innovation Manager

「そのため、ギリギリまでオーダーを受けても、当日中に出荷することができます。宅配便の発送の1時間前にオーダーを受けても、新しいシステムでは当日の出荷が可能です。」

Matteo Miele氏
Benetton、Warehouse Operation Manager

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

詳細は担当者まで

AutoStoreのソリューションなら、あらゆるお客様の倉庫やフルフィルメントセンターに対応できます。 この機会にご検討ください。