ケーススタディ

AGRAVIS Raiffeisen

AGRAVIS Raiffeisenが大幅にパワーアップ

ドイツ
業種
製造
パートナー
AM Logistic Solutions

200%
ピッキング速度の向上
24,150
ビン
650
平方メートル(6,996平方フィート)
グリッドのサイズ

AGRAVIS Raiffeisen AG社は、ドイツ北西部ニーダーザクセン州のミュンスターに本社を置いています。 

この農業関連の貿易・サービス会社は、1893年に4つの消費者組合と64人の個人会員によって設立されました。同社の当初の目的は、これらの農家や組合の中央マーケッターとして機能することでした。その後、ベンチャー企業として大きく成長し、1980年代には年間10億ユーロ以上の売上を達成しました。

2004年10月、ハノーバーのRaiffeisen Hauptgenossenschaft Nord AG(RHG)社とミュンスターのRaiffeisen Central-Genossenschaft Nordwest eG(RCG)社が合併し、同社は現在の形になりました。

AGRAVIS Raiffeisen社は、ペットや動物の餌、肥料、乗馬用品、作物保護製品、園芸用品、家庭用品、作物栽培や農業エンジニアリングに必要な一般的な農業機器など、さまざまな商品を農家や農場経営者に提供しています。 

また、農業用の倉庫と配送センターにも投資しており、農業用建築資材の有力なサプライヤーでもあります。

同社は、年間60億ユーロ以上の売上高と6,000人以上の従業員を誇る大企業です。AGRAVIS Raiffeisen社は、ミュンスターにある配送倉庫から約1,000店のRaiffeisenストアに商品を供給しており、顧客はオンラインで注文することもできます。在庫には13,000種類以上の商品が保管されています。

この先進的な企業は、持続可能性をビジネスモデルとして適用し、アジア、ヨーロッパ、北米、南米でさまざまな農業プロジェクトに取り組んでいます。

AutoStore™システムのおかげで、ミュンスターにある当社の配送センターは将来的にも安心です。

Dennis Kluge
AGRAVIS Raiffeisen社の配送センター責任者

新しい倉庫のピッキングシステムが必要

2019年には、以前の倉庫ピッキングシステムは実用的ではなくなり、経済的にも成り立たなくなりました。従業員は、注文された商品を3段の棚システムとColliローラーレールから手作業でピッキングし、その後、その商品をカートで梱包台に運び、そこで梱包と配送の準備をしなければなりませんでした。

AGRAVIS Raiffeisen配送センターの物流コンサルタントであるAndre Damkowski氏は、「従来の倉庫保管方法では、当社のお客様の増大する物流需要に経済的な方法で対応することがますます難しくなっていました」と述べています。さらに、同社は多数の小さな商品を扱っていたため、注文プロセスがさらに複雑になっていました。

在庫が増えるに伴い、従業員が移動しなければならない距離が延び、商品のピッキングと配送にますます時間がかかるようになりました。必然的にミスが起こり、顧客の不満を招いていました。

同社は、必要に応じて将来的に拡張可能な代替物流ソリューションの検討を始めました。この時点で、同社はAM Automation社によって強化されたAutoStoreシステムを選択しました。

AM-Automation社の責任あるプロジェクトマネージャーであるMaik Weinheimer氏によると、容易に拡張可能で高度に自動化されたコンパクトなシステムであるAutoStoreは同社の要件を満たすのに最適であったとのことです。

AGRAVIS Raiffeisen社のAutoStoreシステム

2020年7月、チームは業務に支障をきたすことなく、8週間足らずで新しい倉庫自動化システムを導入しました。

この拠点のAutoStoreシステムの仕様は以下のとおりです。

  • アルミニウム製のグリッドの床面積は650平方メートル(6,996平方フィート)です。
  • グリッドには24,150本のビン16層に積み重ねられています。
  • ビンの外寸は330 mm(13インチ弱)です。
  • 各ビンの容量は75リットル(20ガロン)です。
  • 10台のロボットがグリッド上を滑走し、注文された商品を取り出します。
  • 4つのワークステーションがあり、従業員はそこで1時間に約80件の注文を処理します。

オートストアシステムの利点

新しいシステムのメリットは、効率性、ピッキングスピード、そして精度という形ですぐに明らかになりました。

AutoStoreソフトウェアは必要な商品をグリッドの最上部に仕分けし、簡単に取り出せるようにするため、スタッフのピッキングプロセスへの関与が大幅に減ります。また、これにより、より人間工学に基づいた作業環境が実現します。さらに、このシステムのおかげで、ピッキングエラーの発生率が大幅に低下しました。

Damkowski氏は次のように述べています。「ポートで比較的時間のかかる梱包作業を行うことがあるため、ワークステーション1台あたり1時間に80品前後のピッキング・梱包パフォーマンスを計画しました。これは、従来の2段階の手動プロセスに比べて、パフォーマンスが200%以上向上することを意味します」。

また、このシステムは、将来の倉庫の拡張にも容易に対応できます。配送センターの責任者であるDennis Kluge氏は、「AutoStoreのおかげで、当社の配送センターは将来的にも安心です」と満足げに語っています。

Peter Bimmermann
マネージング・ディレクター、ドイツ

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

話そう

もっと調べてみませんか

オートストアは、どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応できます
次はお客様の番です