ケーススタディ

Medline

Medline社、AutoStore™を導入して成功を収める

米国
業種
医療業
パートナー
Swisslog

オートストアのおかげで、当社は常識に立ち向かい、世界クラスのサプライチェーンを推進し続けることができます。

56
K平方メートル
グリッドでカバー
47
ロボット
28
K
ビン

Medline Industries社は米国イリノイ州に本社を置く医療会社で、医療用品の製造・販売で世界をリードしています。2020年、Medline社はフォーブス誌の米国の最大手非上場企業のリストで21位にランキングされました。

同社の製品には55万点の医療製品や臨床ソリューションが含まれており、顧客は病院や長期療養施設、手術センター、診療所、在宅医療機関、一般小売店など多岐にわたっています。

同社の広範な製品群には、栄養シェイク、サプリメント、薬、経管栄養、衣類、滅菌トレイ、注射器、医療従事者用の手袋とマスク、患者の水分補給を助ける器具、創傷ケア製品、移動器具、失禁用製品などが含まれます。実際、Medline社は、病院や介護施設で患者のケアや治療に使用されるあらゆるものを製造しています。

1910年に設立されたMedline社は、数十年の間にさまざまな姿を見せてきました。エプロンの製造から始まり、1912年には医療用衣服に移行し、その後すぐに一般医療用品の製造を開始しました。

このメーカーは前世紀に驚異的な成長を遂げ、現在は90か国以上で24,000人の従業員を抱えています。イリノイ州リバティビルにある倉庫だけで、60万平方フィート(5万5,741平方メートル)の広さがあります。米国内に43の配送センターがあり、これらの地域拠点はいずれもMedline社の顧客に翌日サービスを提供しています。

Medline は、2013年に米国で初めてAutoStore の技術を全国的に採用した企業です。長年にわたり、倉庫の自動化ソリューションは非常にうまく機能しており、現在、さらなるシステムの導入に向けて準備を進めています。

「オートストアは、当社がカットオフタイムを延ばし、製品提供を拡大し、拡大する顧客ベースに対応するのに役立っています。」

Bill Abington
Medline社のグローバルオペレーション担当社長

克服すべき3つの課題

Medline社は、オートストアを初めて導入したとき、3つの課題を克服することを目指していました。それは、アイテムのピッキングを増やすこと、注文のフルフィルメントに要する時間を短縮すること、そして労働市場が逼迫する中で会社経営を成功させることでした。同社の注文の規模はさまざまで、毎日何千件もの配送を行う必要がありました。

Medline社のオペレーションを特に困難にさせていたのは、大量に注文する大口顧客の他に、小口の注文を行う顧客が数千人いたことです。注文の大小問わずすべての顧客に満足してもらうため、これらの注文に優先順位を付ける必要もありました。

同社は、次の2つの方法で商品の配送に取り組みました。 

  1. イリノイセンターの販売ラインの30〜40%を占める大量注文は、フォークリフトでステージングエリアに運び、そこで従業員が出荷・配送する適切な数の商品をピッキングする必要がありました。
  2. ピッキング・流通プロセスの2番目の部分にはオートストアシステムが関わっていました。 

現在、メイン倉庫ではオートストアシステムが稼働しており、47台のロボットが残りの商品(大量注文ではない商品)をビンからピックアップしています。ロボットは、27,570個の保管ビンを収納しているグリッドを移動し、注文された商品を取り出します。その後、グリッドの端にある12台のピッキングステーションのパッカーに商品を搬送し、パッカーが注文品を梱包にまとめます。次に、ベルトコンベアによって商品が適切なローディングドックに搬送されます。そして最後に、商品がスキャンされ、Fed-Exの集荷トラックか、Medline社の自社所有トラックに送られます。

オートストアのおかげでビジネスが円滑に運営

オートストアは状況を一変させ、Medline社のここ数年の事業拡大に大きく貢献しました。 

Medline社のグローバルオペレーション担当社長のBill Abington氏は次のように述べています。「オートストアのおかげで、当社は継続的にカットオフタイムを増やし、温度管理された環境で製品提供を拡大し、拡大する顧客ベースに対応することができました」。 

さらに、Medline社のチームが常識に立ち向かうとともに、同社の顧客に利益をもたらし、同社のビジネスを差別化する世界クラスのサプライチェーンを推進し続けることを可能にしています。

リン・メッツガー
クライアントデベロップメントマネージャー
米国

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

話そう

もっと調べてみませんか

オートストアは、どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応できます
次はお客様の番です