ケーススタディ

ASDA

倉庫自動化システムによってASDのピッキング速度が2倍に

イギリス
業種
食料品業
パートナー
Swisslog

英国の小売業者であるASDA社は、2012年に倉庫の自動化を必要としていたとき、Swisslog社と AutoStore™にマテリアルハンドリングソリューションの設計を依頼しました。これは同社の成功事例です。

1 415
sqm
グリッドでカバー
164
ロボット
70
K
ビン
98
%
ピッキング精度
2
x
生産性

ASDA社のような広範で多様なスーパーマーケットビジネスでは、倉庫の自動化と機能性の高いマテリアルハンドリングソリューションが不可欠です。幸いなことに、同社の顧客のニーズを満たすためにアップグレードと革新が必要になったとき、Swisslog社とオートストアのチームが支援してくれました。

この英国の小売業者の歴史は1920年代までさかのぼり、当初は小規模な肉屋のチェーン店としてスタートしました。現在、ASDA社は世界最大の小売チェーンであるWalmart Groupの一員となっています。過去100年の間にASDA社は強化を重ね、現在は食料品、衣料品、家庭用品、電化製品など75,000点以上の商品を販売しています。

イギリスのリーズに本社を置くASDA社は、現在18万人のスタッフを擁し、イギリス全土に550軒の実店舗を展開して商品を販売しています。ASDA社は週に約1,800万人の顧客に対応していますが、多くの大手小売企業と同様に、顧客の多くはオンラインショッピングを利用しています。 

柔軟性、能力、生産性の向上の必要性

ASDA社がマルチフォーマット、マルチチャネルの小売環境に切り替えたとき、サプライチェーンの根本的な変更が必要になりました。顧客の商品の選択肢が増えたため、この小売業者は柔軟性、能力、生産性を向上させる必要が生じました。

この小売業者は、この重要なプロセスにリスクを冒したくないと考え、同社の最も複雑な流通センターの1つで、革新的で自動化されたマテリアルハンドリングソリューションを設計するようSwisslog社に依頼しました。

英国のSwisslog社のマネージングディレクターであるJames Sharples氏は次のように述べています。「重要なのは施設を再構築し、既存のオペレーションとうまく統合できる、スペース効率的で人間工学的なマテリアルハンドリングアプリケーションを構築することでした」。

彼は続けます。「Swisslog社の設計チームは、ビジネスのニーズを理解し、ASDA社の特定の要件を満たすようにオートストアシステムをカスタマイズするために大きな努力を払いました。拡張に対応するためには、システムが成長できることが不可欠でした」。

「このシステムは、ASDA社の継続的な運営を妨げることなく、段階的に導入できました。」

Ant Everett
Asda Logistics Services社のキャパシティ・エンジニアリング責任者

「最高効率の倉庫管理」

2012年にオートストアシステムを設置する前に、エリアからロードクレーンを撤去し、建設業者がシステムを構築するための堅牢な中二階を設置しなければなりませんでした。

Swisslog社は、新しい自動化システムの設計から設置まで、この大規模なプロジェクトの各段階でASDA社と協力しました。スイスのマテリアルハンドリングの専門家は、ASDA社が要件の変化に対応するためにシステムを拡張し続けているため、現在もサポートを提供しています。 

同社は、オートストアシステムに1520万ポンドを投資することを決定しました。これはこの種としては英国で最大の投資です。この投資はその金額に見合う価値がありました。既存システムのピッキング速度は2倍になり、新しいソリューションの精度が99.8%であることが判明してチームは満足しました。

オートストアグリッドとワークステーションの初期構築と組み立ては、わずか7週間で完了しました。当時、ASDA社の倉庫には164台のロボットと70,000個のビンがあり、その面積は1,415平方メートル(15,230平方フィート)に及んでいました。

ASDA社のオートストアシステムの仕組み

パレットに積まれた入荷商品は、6つのデカンタステーションの1つに運ばれ、そこで作業員がパレットからオートストアのビンに商品を移します。ロボットは、充填されたビンをグリッドに積み重ねます。このグリッドはビンを保持すると同時に、ロボットが移動するためのトラックとしても機能します。ワイヤレスシステムがバッテリー駆動のロボットを制御し、ビンを必要な場所に移動します。

ロボットはビンを絶えずピッキングポートに差し出しています。ビンは重ねて収納されているので、ロボットは少し掘り出す必要があります。特定の商品は、それが必要なときにロボットによって表面に出されます。 

移動速度の速い商品が入っているビンは、通常はグリッドの上部に収納されます。一方、移動速度の遅い商品は自然と下部に沈み込みます。特定の商品を掘り出すときには、必要な商品の上にあったビンを一時的に近くのスタックに収納します。

ロボットはピッキングポートを操作する従業員に常に先行して作業するため、倉庫チームのメンバーが店舗配送のために注文を照合する際に、ワークフローが中断されることはありません。 

この拠点では、大量の注文を処理して配送できます。従業員はタッチパネル式のコンピューターを使って、特定の注文を満たすために必要な数の商品を選んだことをシステムに伝え、ロボットにビンをグリッドに戻すよう指示します。店舗の注文が完了すると、従業員は出荷のために商品をコンベアに乗せます。

オートストアシステムのメリット

新しいAutoStore は、ASDA ビジネスとその従業員にとって非常に価値のあるものとなりました。「その結果、倉庫管理は高い生産性で運営できるようになりました」とEverett氏は語っています。"AutoStore は、未使用のスペースを削減し、保管容量、費用対効果、効率を最大化します。"

従業員は、物理的な持ち上げを軽減する、ワークステーションの最先端の人間工学的機能も歓迎しました。また、これらのステーションでは、作業員が積み荷のスキャンと登録、廃棄物とダンボールの廃棄を最大効率で行うことができます。

Everett氏は「オートストアシステムは柔軟性が非常に高く、信頼性も文句なしです」と締めくくっています。

リン・メッツガー
クライアントデベロップメントマネージャー
米国

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

話そう
該当する項目はありません。

もっと調べてみませんか

オートストアは、どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応できます
次はお客様の番です