ケーススタディ

PUMA

PUMA、生産能力を10倍に増強

米国
業種
小売業
パートナー
Bastian Solutions

PUMAのAutoStore™ブラックラインは、容量を10倍に増やすことで、Eコマース需要の増大に対応できるようにしています。

5.5
100万
在庫の単位
1
100万
出荷台数/月
175
B1ロボット
150,000
ビン
37
ワークステーション

1948年にドイツのヘルツォーゲンアウラッハで設立されたPUMA社は、スポーツの分野で長い歴史を持っています。世界のトップスポーツブランドの1つとして、スピードの代名詞となっています。社名は大きな猫にちなんで付けられたもので、創業者のRudolph Dassler氏は、PUMA社のギアを着用したアスリートがピューマのように速く、俊敏に、かつ滑らかに走ることを望んでいました。

この目標は、1936年のベルリンオリンピックでJesse Owens選手がDasslerのスパイクを履いて4つの金メダルを獲得したような歴史的な出来事にも受け継がれています。また、現代ではUsain Bolt選手が活躍しています。

現在、PUMA社は世界第3位のスポーツ小売企業であり、アスレチック・カジュアルアパレル、フットウェア、アクセサリーのデザインと製造を行っています。PUMA社は、120か国以上に製品を販売しており、米国では、成長するオンラインビジネスに対応するため、インディアナ州インディアナポリスに新しい配送センターを建設しました。

「オートストアのブラックラインに決めたのは、レッドラインの次の進化形だったからです。進化し続けているため、当社も再びスピードを達成できるのです。」

John Amato
NFI Cal Cartage社の上級VP

永遠に速く

「当社のスローガンは「永遠に速く」です。当社は世界最速のスポーツブランドになるためにここにいます」とPUMA North Americaの社長兼CEOであるBob Philon氏は説明します。

このスローガンは、PUMA社のビジネスのあらゆる部分に当てはまります。最速のアスリートにサービスを提供するだけでなく、イノベーション、トレンド、そして顧客のの問題解決にも迅速に対応しています。

「当社のビジネスでは、革新するか死ぬかです」とPhilon氏は続けます。「残酷に聞こえるかもしれませんが、前進してテクノロジー、自動化、イノベーションを活用するか、後退するかのどちらかだと思っています」。

フランクフルト証券取引所に上場している同社は、元サッカー選手のBjørn Gulden氏がCEOに就任した2013年から、より大きな成長に向けて動き出しています。2019年に米国で、PUMA社はサードパーティロジスティクスプロバイダーのNFI Cal Cartage社と協力して、長期的な成長戦略の評価を開始しました。

需要の増大に対応するため、そして特に東海岸と中西部で拡大する米国の顧客ベースにより良いサービスを提供するため、新しい配送センターが必要であると判断しました。

フルフィルメントにおける次なる進化

2016年、PUMA社と、建物と日常業務を管理するNFI Cal Cartage社は、カリフォルニア州トーランスの配送センター(DC)に、Bastian Solutions社によって強化されたオートストアレッドラインを導入したことで、業務効率が大幅に向上しました。これにより、PUMA社はそのオーダーフルフィルメントサービスを、Eコマースで注文されたフットウェアの発送のみから、フルフィルメント拠点を1つの施設に集約するまでに拡大することができました。その後4年間、PUMA社は、すべてのアパレル、アクセサリー、フットウェア製品をここから配送しました。

しかし、オートストアのモジュール性と拡張性をもってしても、トーランスの施設ではスペースと容量が足りないことにPUMA社は気付きました。

「正直に言うと、トーランスはもう破裂寸前でした」とPhilonは言います。「当社のビジネスと計画していた成長速度を考えると、第二の配送センターを検討する必要があると感じました」。

そこで、PUMA社とNFI Cal Cartage社は、顧客により良いサービスを提供するために、インディアナ州のインディアナポリス近郊にセンターを設置することにしました。

焦点となったのは、東海岸にいる75%の顧客にどうやってアプローチするかでした。PUMA社とCal Cartage社は、Bastian Solutions社と協力し、オートストアとその新しいブラックライン、そしてルーターソフトウェアを採用しました。インディアナポリスのDCは、Eコマースに最適な、大量かつ低単価の注文を処理できるように設計されています。

「オートストアのブラックラインに決めたのは、レッドラインの次の進化形だったからです。進化し続けているため、当社も再びスピードを達成できるのです」とNFI Cal Cartage社の上級副社長であるJohn Amato氏は言います。

「オートストアのおかげで、PUMA社は市場投入までの時間を短縮し、顧客により良いサービスを提供できるようになりました。私たちは、誰もが1日以内に何かが起こることを期待するAmazonの世界で競争しています。そのため、できる限り早く注文品を発送することが目標になります。オートストアのソリューションは、それを可能にしてくれます」とNFI Cal Cartage社のオペレーション担当地域VPである Melissa Curry 氏は説明します。

スピードも重要ですが、オートストアと PUMA社のパートナーシップによるもう1つの進化は、新しいビンサイズが生まれたことでした。ブラックラインには、靴箱を立てて収納できるように設計された425 mmのビンが含まれています。これにより、より多くの箱をビンに収納できるようになり、オートストアグリッドの収納密度がさらに高くなります。

"インディアナポリスで実際に起こっていることとブラックラインの能力について言うと、第一に速いです。非常に高速です。ダウンタイムがありません。つまり、24時間365日活動できるのです。ビンが大きいので、インディアナポリスで成長しているフットウェアビジネスにも対応できます」とPhilon氏は説明します。

オートストアのブラックラインを活用することで、オペレーションも改善されています。1時間あたりのビンの搬送数が25%増加し、PUMA社のキャパシティが10倍以上に高まりました。また、COVID中に増加した注文を管理できるようになり、ブラックフライデーやサイバーマンデーに向けてブランドを強化できるようになりました。

「私たちは今、ブラックフライデーの1年を過ごしています。2020年3月以降、ほぼ毎日がブラックフライデーのビジネスになっています。通常のブラックフライデーよりもさらに50%多くサービスを提供しています」とPUMA社の米州担当シニアバイスプレジデントであるHelmut Leibbrandt氏は述べています。

PUMA社がオートストアから受けている恩恵

インディアナポリスのDCは、PUMA社のオペレーションに大きな影響を与えています。1時間あたりのビンの搬送数の増加から、出荷時間の短縮、新しいスタッフを迅速にトレーニングする能力まで、オートストアシステムとBastian Solutionsが設計した追加の倉庫自動化は、PUMA社が未来に向かって進むためのサポートを提供しています。

「このオートストアシステムは格段に速くなりました」とCurry氏は語ります。「このシステムのおかげで、この11月には、このアカウントの歴史において最も多くのEコマース注文を発送できました」。

PUMA社は、拡張性を考慮してインディアナポリスの施設を設計しました。現在のグリッドは305,000個のビンを収納できます。これは北米最大のオートストアです。グリッド自体の面積は約12,356平方メートル(133,000平方フィート)で、59,457平方メートル(640,000平方フィート)の施設キャンパス内にあるアメリカンフットボール場の3面分近くあります。処理能力を100%使用しているわけではなく、現在処理しているビンの数はわずか150,000個ですが、ビンとCarouselPortを追加することでグリッドの処理数を増やすことができます。

「オートストアのソリューションは非常に柔軟なソリューションです。ビンを簡単に追加できます。ロボットを簡単に追加できます。ピックポートとレシーブポートを簡単に追加できます。つまり、非常に柔軟なシステムなのです。だからこそ、私たちもオートストアを選択できたのです」とLeibbrandt氏は述べています。

「これは、トーランスでレッドラインによってもたらされた成功を大きく発展させたものです」とPhilon氏は言います。「もしあなたがCEOで、このようなメリットに目を向けていないとしたら、ちょっとおかしいと思いますよ」。

リン・メッツガー
クライアントデベロップメントマネージャー
米国

この事例についてもっと知りたいですか?

オートメーションの専門家にご相談ください。

話そう

もっと調べてみませんか

オートストアは、どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応できます
次はお客様の番です