ケーススタディ

Radwell

Radwell社、ピッキングの生産性を400%向上

USA
業種
製造
パートナー
Swisslog社
目次
目次

在庫に1,200万のSKUを抱える企業には、迅速で正確な倉庫自動化システムが必要です。これがRadwell InternationalがAutoStore™を選んだ理由です。

12
百万
在庫品目数
450
1時間あたりのピッキング件数
34
ロボット

工業オートメーションや電子制御機器の部品および修理サービスを提供しているRadwell International社は、AutoStoreのおかげで事業を大幅に拡大できました。

同社は、工業オートメーション、保守・修理作業、そして空気圧、運動、電子、油圧、および電気制御に必要な機器に関連する、新製品および中古製品やを幅広く仕入れて販売しています。また、暖房、換気、および空調設備も提供しています。

Radwell Internationalは、1979年にSpeck Industrial Controlsとして創業しました。同社は、Radwell Internationalの現President兼CEOであるBrian Radwell氏の父、Jerry Radwell氏によって設立されました。2005年、Speck InternationalはRadwell Internationalとなり、ニュージャージー州ランバートンの新社屋に移転しました。2009年5月には、同社の倉庫スペースは10,200m²(110,000sqf)を超えました。

2011年には英国、2012年までにカナダに進出し、現在はドイツでも事業を展開しています。2つの主要な物流拠点がニュージャージー州と英国にあり、そのうち小さい方の拠点が英国にあります。この拠点はヨーロッパ市場をカバーし、ニュージャージーの倉庫は世界9店舗すべての在庫に対応しています。

{{quote}}

Radwell Internationalは年月をかけて飛躍的な成長を遂げましたが、現在も家族経営のビジネスを続けています。

Radwell International社のSenior Vice President of OperationsであるTodd Radwell氏は次のように述べています。「データベースには何百万もの品目があり、当社に十分なスペースがあるようには思えませんでした。」フルフィルメントは、時間とコストがかかる課題でした。

倉庫自動化システムは、ピッキング速度が遅すぎること、保管スペースが不足していることなど、同社の悩みを解決してくれると思われました。Radwell International社は、こうした点を考慮し、Swisslog社が提供するAutoStoreシステムの導入を決定しました。

RadwellのAutoStoreシステムの詳細

Radwell氏は次のように述べています。「在庫に個別品目(SKU)を非常に多く抱える企業では、迅速で正確な倉庫自動化システムが必要です。当社は非常にハイテクな企業なので、従業員の大半は技術者とエンジニアです。」

AutoStoreを導入する前のRadwell Internationalのシステムは、8時間あたり120回のピッキングが可能でした。2016年に導入されたシステムは、34台のロボット、4台のピッキングステーション、5台の補充ポート、5万弱のビンの保管容量を備えており、同数のピッキングを1時間で行うことができるようになりました。

現在、ロボットはRadwell社の倉庫のグリッド上を毎秒約3m(9.8ft)の速度で滑走し、長いグリッパーを使ってリクエストされたビンを下から毎秒1.6m(5.2ft)の速さで引き上げます。システムは、特定の注文に不要なビンを、その時点で空いている周囲のスペースに置きます。ロボットが適切なビンを取り出すと、別のロボットが周囲に置かれていたビンをグリッドの元の位置に戻します。

ロボットは独立して制御されているユニットであるため、1台が故障してもシステム全体には影響ありません。

Radwell氏は次のように述べています。「AutoStoreシステムは、当社が行う倉庫見学ツアーの目玉であり、お客様が帰路につくときに素晴らしい印象として残ります。」しかし、これはショーのためだけのものではありません。この倉庫の導入は、Radwell International社に非常に明確なメリットをもたらしています。

AutoStoreのメリット 

最も明確に即効性のあったメリットは、新しい倉庫自動化システムによって、Radwell Internationalのピッキングの生産性が、驚くべきことに400%も向上したことでした。 

Radwell氏は、他の重要なメリットについても言及しています。 

  • AutoStoreシステムは、同じ専有面積で、他のシステムよりも約30%多い保管容量を提供してくれました。そのおかげで、既存のスペースを最適化することができました。
  • ロボットが走行するアルミ製グリッドは、システム全体の電源を切らずに容易に拡大できます。

Radwell氏は続けて次のように述べています。「追加のインフラストラクチャを構築し、それが完成すれば、生産性という観点から時間のロスはまったくなく、在庫を増やして倉庫を最大限に活用できます。当社のお客様は、当社の将来への投資を惜しまない姿勢を見て当社と取引したいと思うようになりました。」

コストの削減、作業効率の向上、ビジネスの成長はいずれも、倉庫自動化システムを導入する際の検討事項です。AutoStoreにより、Radwell Internationalではこれらのメリットを実現できました。Radwell International社のGlobal Program ManagerであるBrian Janusz氏は次のように述べています。「私たちはより速く、より大きくなるために、あらゆる面において、新しくより良い方法を常に追求しています」 

しかし、利益と成長がすべてではありません。adwell氏は結論として次のように述べています。「私たちは、共に働くすべての人に高い生産性を求めますが、それと同時にできる限り楽しく働いてもらえるよう努めています」

AutoStoreシステムは、同じ専有面積で、他のシステムよりも約30%多い保管容量を実現しました。

Todd Radwell氏
Senior Vice President、Operations、Radwell International社


この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

詳細は担当者まで

AutoStoreのソリューションなら、あらゆるお客様の倉庫やフルフィルメントセンターに対応できます。 この機会にご検討ください。