よくある質問 一般的な質問

AutoStore System

AutoStore™とは何ですか?

オートストアは、自動化された保管・回収システム(AS/RS)で、その形状と密度から「キューブベースのストレージ」とも呼ばれます。オートストアは、従来は棚に保管されていた商品の周りにある余分なスペースをすべて取り除くように設計されています。

たった5つのモジュールで構成されており、商品はアルミグリッド内の積み木のように並べて積み重ねられた「ビン」に収納されます。ロボットは、システムの指示に従い、トラックの上部を走行し、継続的にビンの掘り出し、取り出し、ポート(ワークステーション)への搬送を行います。作業員は、注文のフルフィルメントのためにポートで在庫にアクセスします。その後、ロボットがビンを回収し、グリッドに戻します。

その結果、高い速度、精度、効率性を備え、顧客の獲得に役立つロジスティクスを実現するために必要な信頼性をブランドに提供する倉庫自動化システムが完成しました。

オートストアモジュールの動作温度は何度ですか?

ほとんどのAutoStoreモジュールは、摂氏2~35度(華氏35.6~95度)の温度範囲での使用に適していると承認されています。

個々のモジュールの動作温度範囲については、各製品ページの技術仕様セクションをご覧ください。

オートストアを拡張することはできますか?

はい、「通常」のオペレーション中にシステムを拡張することが可能です。拡張とは、稼働中のシステムにロボットやポート、ビンなどを追加することです。また、実際にグリッドを拡張することも可能です。

既存のソフトウェア(ERP/Warehouse)をオートストアで使用できますか?

はい、おそらく。AutoStore は、AutoStore と WMS 間の通信(ピッキング、グッズイン、ポート操作)のために、さまざまな標準インターフェース(API)を提供しています。

オートストアを実行するには、現場にサービス技術者が必要ですか?

必要なのは、オートストアのトレーニングを受けたスーパーユーザーを現場に配置することだけです。スーパーユーザーは通常、他の仕事をしながらオートストアシステムを操作する従業員です(例:ピッキングシフトリーダー)。

設計、ソフトウェア、ハードウェア、設置/導入、ドキュメンテーションを含む主要なプロジェクトを提供していますか?

AutoStore は直接プロジェクトには関与しません。当社の代理店ネットワークがすべてのエンドカスタマーのプロジェクトを扱います。特殊なケースでは、AutoStore が最終顧客のプロジェクト全体を取り扱う可能性があります(地元の販売店がない場合や、特殊な産業地域・ニッチなど)。

オートストアは故障が発生した場合にすべての情報を記録していますか?また、どのように整理されていますか?

はい、トラブルも含めてすべてのアクティビティが記録され、追跡可能です。WMSはLog Publisherを介してすべてのビンを把握することができます。お客様のWMSは、ビンの内容を維持し、すべての重要なデータをバックアップする責任があります。

ポートでは怪我に対する安全性は確保されていますか?ビンの交換中に誰かがポートに手を入れたらどうなりますか?

すべてのAutoStoreポートで複数の技術的安全対策が施されています。緊急停止ボタン、ガード、安全ハッチなどの安全対策(ポートによって対策は異なります)を組み込むことで、オペレーションの安全性を確保し、圧挫損傷の可能性を防ぎます。

ビンの交換中に誰かがポートに手を入れると安全停止が作動し、ポートのすべての動作が直ちに停止します。さらに、ポートを引き続き安全に使用できるように緊急停止が作動します。安全ハッチを搭載したポートでは、オペレーションの安全性を確保するため、ビンがピッキングできる状態になるまでハッチが開きません。

オートストアを設置するのに必要な床の強度はどのくらいですか?

高さ16個のビンで1ビンあたり30kgの荷重がかかる場合、2,000kg/平方メートルの強度が必要です。

消火設備は整っていますか?

いいえ、しかし、AutoStore を保護するためのいくつかのソリューションがあります(スプリンクラーなど)。また、酸素還元処理を行うお客様もいらっしゃいます。自動スプリンクラーシステムの設計推奨は、FM Global Data Sheets 8-34、NFPA13、EN12845またはVdS CEA 4001などの規格に基づくものです。当社の電子書籍をご覧ください。「Tests for the Future:火災安全や防火を含む製品安全の重要な側面に関する詳細な情報については、電子書籍「Product Safety(製品安全)」をご覧ください。

1ビンあたり50キログラム(110ポンド)はいつ承認されますか?

AutoStore 標準では、Binあたり最大30kg(66ポンド)の負荷がかかります。さらなる開発は、需要と市場に応じて行います。

オートストアを使用した場合、どの程度の人時効率の改善が期待できますか?

この計算はさまざまな要因(前後のピッキング速度、エラー削減率、保管エリアの削減など)に左右されるため、ケースバイケースです。

グリッドの高さがグリッド全体で同じにならない(グリッドの上端から床までの高さが異なる)場合、AutoStore を設置することは可能ですか?

ただし、グリッドの上面が平らであることが条件です。

AutoStore グリッドを建物の異なるフロアレベルに設置することは可能ですか?

Bin Lift Grid-to-Grid (G2G)構成では、異なるフロアレベルのグリッド間でビンを移動することができます。

Bin Liftは現在、EU、米国、カナダ、日本、韓国、中国、イスラエル、パナマ、セルビア、ウルグアイのみでの販売となっています。

現在、該当する製品の承認を得ている国を増やしています。なお、国によっては承認までに時間がかかる場合があります。

オートストアを設置するために倉庫にある既存の柱を撤去する必要がありますか?

いいえ、オートストアは柱、パイプ、壁などの障害物を避けて設計できます。

ビンの中心間距離(縦横比)はどのくらいですか?

シングル/ダブルグリッド: ワイドグリッド方向に705mm(27.8インチ)、ナローグリッド方向に480mm(18.9インチ)。

ダブル/ダブルグリッド:広グリッド方向に705mm(27.8インチ)、狭グリッド方向に505mm(19.9インチ)。

冷蔵/冷凍倉庫にオートストアを使用することはできますか?

はい、AutoStore モジュールは、一定の環境(例:湿度と温度が低く一定であること、モジュールの動作湿度は40~90%、結露しないこと)であれば、摂氏2度(華氏35度)までの冷蔵倉庫で運用することができます。

急速冷凍倉庫にオートストアを使用することはできますか?

いいえ、AutoStore では、摂氏2度(華氏35度)以下の環境でAutoStoreを運用することは承認されていません。

倉庫の床のずれに関して何か要件はありますか?

はい、工業規格に準拠した要件があります。詳細については、当社のチームまたはお客様のインテグレーションパートナーにお問い合わせください。

オートストアのリードタイムはどのくらいですか?

標準的なリードタイムは、注文してから工場から出荷されるまで20週間です。これは、世界のサプライチェーンと輸送の都合により変更されることがあります。

オートストアはESD保護区域で使用できますか?

はい。実際、このシステムはもともと電子部品ビジネスの用途向けに設計されました。オートストアのビンには、PP-ESDバージョンもあります。

オートストアはクリーンルーム環境で使用できますか?

このモジュールはIP20のみを取得しており、クリーンルーム環境については承認されていません。

受注から納品までのリードタイムはどのくらいですか?

AutoStoreシステムは、オペレーション全体でビンを準備することでビンの配送時間を継続的に最適化し、注文完了までの時間を最小限に抑えます。  

しかし、グリッドの最下層(16階)にあるビンでも、取り出しにかかる時間は3分36秒で、これにロボットのポートまでの搬送時間が加わります。

下段のビンを掘る際には、他のロボットにピッキング可能なビンを指示し、ポートに搬送することで、ピッキング効率やパフォーマンスを最大化し、オペレーションを中断させないようにします。

MTBF(平均故障間隔)とは何ですか?

MTBF(Mean Time Between Failures)は,システム故障の平均発生時間であり,システムの信頼性パラメータとして使用される。当社のシステムのMTBFは、ロボットの総稼働時間数をシステム故障の総数で割ることで算出されます。

MTBFの正確な測定は、シフト時間、温度、平均Bin負荷などの状況に大きく依存しますが、当社のお客様は3,000時間以上のMTBFを達成されています。

AutoStore 常にシステム性能の向上を目指し、お客様の稼働率を上げるための新しい方法を模索し続けています。

MTTR(Mean Time To Repair/Recovery)とは何ですか?

モジュールに偏差があると、次のようなことが起こります。

  • ほとんどの場合、XHandlerはシステムを停止させることなく、自動的に問題を解決します
  • まれにXHandlerが自動的に処理できない場合、システムは "遅延停止 "を行うことができます。この機能により、現場のAutoStore スーパーユーザーがモロボットを移動する前に、メンテナンスするロボットだけが停止するようになります。訓練されたAutoStore スーパーユーザーは、通常3~5分かけてロボットを引き上げ、オペレーションを再開します。オペレーションが再開されると、他のロボットはシステムロジックに従い、メンテナンス中のロボットの分のビンも搬送するため、システムパフォーマンスは維持されます。

夜の準備をすることは可能ですか?

夜間準備とは、お客様が翌日の注文を処理するために必要なビンの数をすべて、あるいは一定数だけ知っている場合の戦略です。注文は前日の夕方にはすでにシステムに入っているかもしれませんが、お客様は夜間にあらかじめビンを整理することで翌朝一番にピッキングを開始することができます。

ビンの数が多ければ多いほど、夜間のビンを掘りこす準備は効果的です。翌朝ただちにピッキングできます。夜間の準備は、ロボットが夜間に十分な充電時間を確保できれば可能です。夜間に何か問題が発生した場合には、スーパーユーザーを現場に配置する必要があるかもしれません。

オートストアの消費電力はどのくらいですか?

業界最高の性能。お客様が行ったある比較では、AutoStore はミニロードと比較してたった10-15%のエネルギー使用量です。10台のロボットを搭載したシステムは、掃除機1台分と同じ位のエネルギーです。

オートストア地震の多い地域にも建設できますか?

日本、アメリカ、イタリアなどにもシステムを導入しています。一般的な承認、試験、証明書などはありません。現地の法令順守は現地の代理店が対応します。

AutoStore は、2019年1月と2月に米国で地震テストを実施。

Double/Double GridはSingle/Double Gridに取って代わるのでしょうか?

ダブル/ダブルグリッド(DDG)は将来性があり、すべての新しいシステムに使用することができます。また、お客様のご要望や既存システムの拡張に応じて、シングル/ダブルグリッド(SDG)を提供することも可能です。

オートストアは今後どのように進化していきますか?

当社は、システムの規模に関係なく、すべてのお客様に同じレベルの価値提案を維持することに重点を置き、オートストアシステムのパフォーマンスを一貫して強化することに専念しています。これには、ソリューションのハードウェアとソフトウェアの両方のコンポーネントを最適化する取り組みが含まれます。

ソフトウェアインテグレーターとして、オートストアへのインターフェイスを作成したいと考えていますが、どうすればよいですか?

当社の標準的なオートストアインターフェイスは、関心を持つ各WMSサプライヤーに公開されています。関心を持つ各関係者がオートストアへのインターフェイスを開発するには、事前に当事者間のNDA契約が必要です。

現在は、SAPやRed Prairieなどとのインターフェイスを提供しています。

特許全般について

当社はIPを維持するため、継続的に新しい特許を申請しています。

ピッキングリストを変更することはできますか?

はい、すでに転送されたタスクやタスクグループをAutoStore に変更することは可能です。しかし、それぞれの変更は、システムがそのビンを準備するためにロボットのリソースをすでに使用している可能性があるため、後にシステムの速度と効率にマイナスの影響を与えるかもしれません。

R5+発売後、次の展開は?

私たちは、ロボットの開発を続けており、その他のロードマップの項目も開発しています。私たちは、新しいマーケットの要求を満たすために、常に革新を続けています。

私はコンサルタントです。オートストアを宣伝することはできますか?

オートストアは、当社のオートストア販売代理店ネットワークを通じて販売されます。しかし、コンサルタントが当社の販売代理店のいずれかと協力することは可能です。コンサルタントは、新しいプロジェクトのコンセプト作りの段階で販売代理店に連絡し、米国やドイツのシステム設計チームやビジネス開発チームと協力することができます。また、システム設計のトレーニングをコンサルタントに提供することもできます。

各アクセスポイントによってカバーされる範囲はどのくらいですか?

2.4GHz:最大30台のロボット(最大50台)/標準的な範囲では、AP1台あたり半径25m(最大50m)

欧州の旧システム:433 MHz。最大30台のロボット/標準的な範囲のサークル APごとに半径25m(最大50m)

アメリカの旧システム:915MHz。最大30台のロボット(最大50台)/標準的な範囲はAP1台につき半径25mのサークル(最大50m)

倉庫に柱がある場合、すべての柱の間にアクセスポイントが必要ですか?

この必要性は、ケースバイケースで決定されます。各システムの最小設定は2台のAPです。特別なケースでは、建物の建設によるブラックスポットを避けるために、追加のAPが必要になります。

グリッドの下部に格納されているビンを掘り起こすのに必要な時間は?

16ビンレベルの設置の例:最短3分36秒(さらに後始末に3分36秒)。

ただし、この掘り出しプロセスは通常、バックグラウンドで事前に(つまり、ビンがリクエストされ、ポートで提示される前に)行われます。

グリッド上でロボットが詰まった場合、システムを停止させる必要がありますか?

いいえ。AutoStore ソフトウェアモジュールのXHandlerが、システムを停止させることなく、ロボットで発生したエラー状況を解決します。自動で問題を解決できない場合、制御ソフトウェアはシステムを稼働させたまま不具合のある箇所を一時的に隔離します。システムの停止は最後の手段となります。

オートストアシステム内で火災が発生する可能性はどれくらいですか?

AutoStore システム内で火災が発生し、広がる可能性は限られています。これはグリッド内でのビンの積み上げ方と、独自のビンのデザインによるものです。AutoStore は過去10年以上にわたり、火災を想定して慎重に設計・テストを行ってきました。

オートストアは火災テストを行っていますか?

はい、この10年間で何度も火災テストを行っています。全般的なリスクを減らすために継続的に改善しています。

私の顧客は防火承認のためにビンの側面に開口部を求めています。これは必須でしょうか?

多くの国の規制当局は、スプリンクラーシステムからの水を倉庫システムに浸透させるため、ビンに開口部を設けるよう求めています。オートストアのようなシステムでは、酸素不足のために火災の拡大が非常に遅いことがテストで示されており、スプリンクラーシステムで火災を抑制または制御できることが実証されています。これが、当社がビンに開口部を設けない理由の1つです。

オートストアが特に有利なプロジェクトの状況はどのようなものですか?

  • 利用されなくなった産業用地やスペースの制約がある場所
  • 必要なビンの数が多い
  • セキュリティに関する重大な懸念があるプロジェクト
  • 人目につきやすい場所
  • 急成長中のビジネス
  • 時間的制約のあるプロジェクト
  • 最大650ビン/時のスループットを必要とするワークステーション

利用されなくなった産業用地やそれ以外のスペースに制約がある場所がオートストアに特に適しているのはなぜですか?

オートストアは、その高密度設計により、利用されなくなった産業用地やそれ以外のスペースに制約がある場所でより効率的にスペースを活用できます。オートストアは、キューブ設計を利用してアイテム間のスペースを凝縮し、保管場所の面積を自動的に最大75%削減するソリューションを提供します。これにより、現在の場所に留まること、または顧客の近くの建物に移動することを望むオペレーションにオプションが提供されます(ラストワンマイルデリバリー)。

ビンの数が多いプロジェクトがオートストアに特に適しているのはなぜですか?

キューブ型ストレージグリッドの設計と柔軟なロボット(グリッドの特定の部分に限定されない)により、ビンの数が多いプロジェクトでも高い効率性が実現されます。

セキュリティに関する重大な懸念があるプロジェクトがオートストアに特に適しているのはなぜですか?

オートストアソリューションは、キューブストレージ設計により高い盗難防止性を備えています。人間がアクセスできるのは一番上の層だけですが、それにもかなりの労力が必要で、カメラで監視することもできます。また、ビンはシースルーではなく、グリッド内にコンパクトに収納されています。どの商品がどのビンに入っているかは、システムにのみ記録され、ビンの移動をすべて記録する監査証跡によって追跡できます。

人目につきやすい場所がオートストアに特に適しているのはなぜですか?

オートストアは洗練されたエレガントなソリューションです。当社のロボットは静かな作業員であり、R5はわずか70db、B1はそれよりも小さい音で動作します。そのため、店舗や図書館での使用に適しています。

時間的制約のあるプロジェクトがオートストアに適しているのはなぜですか?

オートストアは導入が容易で、平均導入期間はほとんどの通路ベースのソリューションより約50%短いわずか20~26週間です。

急成長中のビジネスがオートストアに適しているのはなぜですか?

オートストアは将来も有効に使い続けられるように設計されており、「運用しながら成長」できるため、キャパシティを10倍単位で増強しているeコマース企業などの急成長企業に特に適しています。

オートストアの拡張は、ロボット、ポート、ビンを追加して容量を増やしスループットを向上させる方法から、グリッドを拡張してストレージスペースを増やす方法まで、さまざまな方法で行うことができます。いずれも倉庫の運用を中断することなく、お客様がオートストアに期待する信頼性(アップタイム)、パフォーマンス、安定性、ユーザビリティを維持することができます。 当社のお客様の中には、8回目のシステム拡張をされる方もいらっしゃいます。

AutoStore システムを移設することは可能ですか?

はい。既存のモジュールも含め、AutoStore システムは大規模な中断をせずに移設できます。

重要な点として、すべてのコンポーネントが AutoStore の品質要件を満たしていないと再利用できないことにご注意ください。

レッドラインとブラックラインの比較

現在のレッドラインソリューションはブラックラインの導入後に陳腐化しますか?

いいえ、レッドラインは今後も引き続きオートストアの製品ポートフォリオの中核として、新しいアップデート(ソフトウェアなど)や開発の対象となります。

ブラックラインは標準的なオートラインインターフェイスに何らかの影響を与えますか?

ソフトウェアのインターフェイスは変わらないので、影響はありません。

ある業界はブラックラインソリューションのほうが適していて、別の業界はレッドラインソリューションのほうが適しているといったことはありますか?

いいえ。ブラックラインとレッドラインはそれぞれ異なるスループット要件に対応しますが、この要件は同じ業種内でも異なる場合があります。

ブラックラインの稼働率は高水準のレッドラインの稼働率に匹敵しますか?

レッドラインとブラックラインは同じテクノロジープラットフォームで構築されているため、同程度の信頼性が期待できます。

レッドラインとブラックラインのモジュールを1つのシステムの中で組み合わせることはできますか?

はい。ただし、いくつか重要な点があります。

  • R5、R5+ロボットはSDGとDDGで動作可能です(R5、R5+は拡張シャーシ付きのDDGで動作可能)。
  • B1 ロボットはSDGとDDGの両方で動作可能ですが、スループットの観点からはDDGのみが適切です。
  • カルーセルポートとコンベアポートはDDGとB1ロボットに使用可能です。
  • R5、R5+ロボットはRelayPortで使用可能です。
  • 425mm BinはR5+とB1のみ使用可能です。

詳細はこちらから

AutoStore™はどんな倉庫やフルフィルメント施設にも対応できます
次はお客様の番です