目次
自動化
10
分で読めます
2023年11月2日
2023年11月2日

輸送管理システム(TMS)の定義

輸送管理システムとは何か、そしてその仕組みとは?TMSの7つのメリットと、サプライチェーンを最適化する方法をご紹介します。

目次

世界が急速に発展する現代、遠距離間での人やモノの往来は、かつてないほど欠かせないものになっています。商取引がますますグローバル化するにつれ、ある場所から別の場所へと物品を輸送する物流のあり方も複雑化しています。

輸送管理システム(TMS)は、輸送プロセス全体の合理化と最適化を目的として設計された、驚異のテクノロジーといえるでしょう。個人商店から多国籍企業に至るまで、組織は商品やサービスの効率的な移動手段を模索しています。このブログでは、TMSとは何か、そしてTMSが現代の企業にもたらすさまざまなメリットについて、詳しく解説します。

輸送管理システム(TMS)の定義

まず、輸送管理システム(TMS)とは一体何なのでしょうか。輸送管理システムの本質は、輸送ロジスティクスのさまざまな側面を合理化するために設計された、専用のソフトウェアプラットフォームです。実際のTMSは、商品が出発地から目的地まで効率的にかつコスト効率よく、戦略的に移動できるようサポートします。複雑ではありつつも、本質はこのようにシンプルです。

それではTMSの中核となる部分を詳しく見てみましょう。

輸送管理システムは、輸送ロジスティクスのさまざまな側面を合理化するために設計された、専用のソフトウェアプラットフォームである。

TMSの本質

輸送管理システムは、複雑なロジスティクスの世界で勝ち残るための最先端技術であり、現代の輸送業務を合理化し最適化する、以下のような中核要素によって定義されます。

一元化された情報の蓄積(リポジトリ)

TMSは輸送関連データのハブとして機能し、貨物、輸送会社、運賃、ルートなどの詳細な情報を統合します。この一元化により、情報に基づく意思決定が可能になります。

臨機応変な計画と意思決定のサポート

TMSは単なる受け皿のツールではありません。リアルタイムのデータ、制約、既定の基準などに基づいて、最適な輸送会社やルートの選定、貨物の一本化を積極的に推奨します。コスト、時間、サービス品質などの要素を考慮に入れ、常に最適な決定を行います。

統合機能

最新のTMSソリューションの大きな強みは、統合基幹業務システム(ERP)、顧客関係管理(CRM)ツール、倉庫管理システム(WMS)など、他の業務システムと統合できることです。こうした連携によって、シームレスなデータフローとサプライチェーン全体の総合的な可視化が可能になります。

柔軟性と拡張性

輸送ロジスティクスは本質的に変動しやすいものです。燃料価格、規制の変更、地政学的なできごとといった変動要因によって、状況が突然複雑化する場合もあり、そうした変化に応じた出荷量の増加に対応したり、必要に応じて規模を縮小したりと、TMSは臨機応変に対応できるよう設計されています。

すなわち輸送管理システムとは、広大で複雑な輸送ネットワークの管制塔のようなもので、コストと効率を管理しながら、顧客に対しては期日どおり配送できるように、商品の流れを監督し、指示し、最適化します。グローバルな商取引とは、無数の動きと予測不可能な課題がつきものの複雑なダンスにたとえることができます。その振り付けの大部分を、TMSの機能がコントロールしているといえるでしょう。

それでは、この複雑なシステムの実際の仕組みはどうなっているのでしょうか。

輸送管理システム(TMS)の実際の仕組み

商品の発送行程には、倉庫から出発して最終顧客にたどり着く部分だけでなく、サプライヤーから倉庫自体までの過程も含まれます。こうした複雑なプロセスとシステムを、入庫と出荷という両面で管理している中枢が、輸送管理システム(TMS)です。実際のシナリオを見ながら、TMSの運用方法を分析していきましょう。

サプライヤーから倉庫まで

倉庫に届く前の段階で、商品はさまざまなサプライヤーから発送されています。TMSはこの段階で輸送スケジュール、輸送業者、ルートを調整し、倉庫へのタイムリーで効率的な配送を確定します。これにより、倉庫では十分な在庫を確保でき、顧客からの注文に対応できるようになります。

オーダーフルフィルメントから出荷まで

同じオンラインショップから3つの商品を注文したとします。通常は顧客の利便性を考慮し、この3つの商品は一度の出荷にまとめて処理・梱包され、配送先の情報や配送する運送会社についての重要な情報を記載した個別の配送ラベルが貼付されます。この区別は、次の段階で非常に重要になります。

バーコードの役割

配送ラベルに記載されているバーコードは、単なる線の羅列ではなく重要な識別子であり、スキャンするとその荷物をどのように取り扱えばよいのかがわかります。また、UPS、FedEx、あるいは配送を行うよう指定された他の運送会社の情報がコード化されています。

こうしたバーコード表示を定義するうえで、TMSは非常に重要な役割を果たします。さまざまな輸送会社ごとにそれぞれの形式や規定があるため、TMSは荷物のバーコードが、指定の輸送会社の正式な形式に準拠しているかどうかを確認します。

バーコードは、物流の全体的なプロセスの中で、重要な識別子になる。

ステージングと集荷

ラベルが貼られると、荷物は「品出し」エリア(運送業者の集荷を待つ倉庫内の指定場所)に移されます。各荷物を指定の運送会社用のステージングエリアに確実に届けるのは主にWMSの役目です。一方TMSは、まとめて集荷準備ができた荷物について運送会社と連絡を取り、必要な詳細情報をすべて伝えるので、運送会社が一つひとつの荷物を個別にスキャンする必要はありません。

倉庫管理システム(WMS)との連携

TMSとWMSはそれぞれ単独で動作するものではありません。たとえばピザやヨーグルトのように、温度管理をともなう輸送が必要な物品を考えてみましょう。

倉庫内ではWMSが温度の影響を受けやすい商品を監視し、最適な状態に保たれていることを確認しますが、こうした商品が出荷準備され、出荷エリアに移ると、TMSの出番となります。TMSはこうした商品がコールドチェーンサービスを利用することを確認し、輸送中の劣化をしっかりと防ぎます。

WMSからTMSへ業務がスムーズに移行するためには、両システムが常時通信している必要はないものの、接続技術によるデータ交換が可能でなければなりません。商品のステータス、出荷条件、その他の重要事項に関する情報をもれなく伝達することによって、書籍から冷凍食品まであらゆる商品を、注文から配送に至るまで正しく、しっかりと管理できるのです。さらに、高度に統合されたシステムにより、顧客は商品の集荷から特定の施設でのステージングまで、注文のさまざまな段階にわたって把握することが可能です。

単一のシステムとして統合する

以上を要約すれば、輸送管理システムは単に商品を輸送するだけではなく、入庫と出荷の双方向について、情報を駆使しながらいかに効率的にモノを移動させるかに関するものといえます。バーコードと連携し、輸送会社からの要件に対応し、倉庫システムと一体化しながら、入庫と出荷双方の物流を管理することにより、TMSは迅速かつ確実に、商品を最高の状態で最終地点まで送り届けます。

現在の物流業界において、TMSの優秀さは疑う余地がありません。その画期的な能力への理解を深めるために、輸送管理システムを導入する7つの主要なメリットを掘り下げていきましょう。

TMSとオムニチャネルフルフィルメントの進化

eコマースの台頭と消費者需要のめまぐるしい変化にともなって、オムニチャネルフルフィルメントという概念が、物流とサプライチェーンに関する議論の中心テーマとなりつつあります。簡単に言えば、この概念は複数のチャネル(オンライン、店舗など)からの注文に対して、できるだけ効率的かつ柔軟に対応する方法をめぐって発展してきました。

これに関連して最近注目を浴びているのが、よりスピーディーでサステナブルな配送を実現するため都市内に物流センターを設置するという、「都市型フルフィルメント」の考え方です。顧客が自分の居場所に応じて、都市内にある指定の地点から配達物を受け取りたいと希望するケースを想像してください。これによって「ラストワンマイルの配送」という複雑な問題を緩和できるだけでなく、環境への負荷も軽減できます。

この考え方において、TMSの役割は非常に重要です。リアルタイムのデータと顧客が指定した場所に基づいて、TMSは注文を PickUpPortまたは都市型マイクロフルフィルメントセンター内で処理できます。このコンセプトは、データと最新技術を使って都市環境を最適化する、スマートシティという新しい考え方と調和します。

スマートシティのような環境下では、TMSは単に輸送を合理化するだけでなく、輸送を変革することになります。都市インフラと一体化したTMSは、地域の交通パターンを理解したうえで、都市におけるフルフィルメントのプロセスを最適化します。統合されたシステムは、よりサステナブルで顧客を重視した、効率的な物流手法のさきがけとなり、都市の景観の中核を占めるようになるでしょう。

顧客目線で立地を選び、リアルタイムのデータに基づいて稼働するマイクロフルフィルメントセンターは、スマートシティの一部となるかもしれない。

TMSの可能性を最大限に引き出す

While urban fulfillment visions and the integration with smart city initiatives showcase the transformative potential of a TMS, its immediate and tangible benefits are already being reaped by businesses globally. From cost savings to enhanced customer satisfaction, let's dive deeper into the myriad advantages a TMS brings to the table.

輸送管理システム(TMS)の7つのメリット

運輸管理システム(TMS)は、倉庫自動化業界に欠かせないツールの一つとして群を抜いており、企業に数多くのメリットをもたらしています。配送ルートの最適化からコスト削減まで、TMSが必要不可欠であることは実証ずみです。ここでは、TMSを物流業務に組み込むことの主なメリットをいくつかご紹介します。

1. コスト効率

TMSは、ルート、輸送業者、貨物の大きさといった変動要因を考慮しながら、最もコスト効率のよい選択肢を判断するのに役立ちます。こうした要素を最適化することで、配送・輸送コストを大幅に削減できます。

2. リアルタイムの配送追跡

TMSの役割:最新のTMSプラットフォームでは、配送の場所や状況がリアルタイムで可視化されます。テレマティクスやIoTデバイスとの連携によって最新情報が得られるので、関係者は常に状況を把握できます。

メリット:このリアルタイムの追跡機能によって透明性が高まり、顧客の間で信頼感が育まれるため、配送の遅延や問題が発生した場合でもスピーディーな問題解決が可能になります。

3. 顧客サービスの向上

正確な配送期間、リアルタイムの追跡、効率的なルートにより、顧客はタイムリーな配送とサービス品質の向上を実感できます。TMSによって透明性が高まるので、企業は配送状況を前もって連絡でき、顧客満足度を向上させることができます。

4. 業務の合理化

TMSによって、輸送会社の予約から書類の作成まで多くの手作業プロセスを自動化でき、時間の節約になるだけでなく、ヒューマンエラーのリスクを減らし、よりスムーズで効率的な物流業務を実現できます。

5. データ分析と分析情報

TMSプラットフォームが収集した膨大なデータから、配送パターン、パフォーマンス指標、潜在的なボトルネックに関する分析情報が得られます。これに基づく意思決定を行うことで、サプライチェーンの最適化を進めることが可能です。

6. 持続可能性

ルートを最適化し、空(から)の帰り便を減らすことで、TMSは燃料消費量と排出量の削減を実現します。これはコスト効率が良いだけでなく、サステナブルで環境に優しくという理念の実践にもなります。

さらに読む: 倉庫の持続可能性とその最適化方法

7. 拡張性

事業の成長にともなって、物流に対するニーズも進化します。TMSは出荷量の増加、新しい商品ライン、新しい地域への進出などに応じて拡張でき、サプライチェーンの最適な状態を維持することができます。

結論として、輸送管理システムは単なる物流ツールではなく、効果的に導入すればサプライチェーンのさまざまな側面を大幅に改善できる、戦略的資産といえます。リアルタイムの追跡からコスト削減まで、TMSが現代の物流とサプライチェーン管理にもたらすメリットから、その役割の大きさは明らかです。

それでは突然TMSがなくなったと仮定して、サプライチェーンの混乱ぶりを想像してみましょう。

輸送ルートの最適化からコスト削減まで、輸送管理システムが欠かせないことは実証済みである。

TMSのない世界

今日、輸送管理システム(TMS)は、もはや単に「あれば助かるもの」ではなく、効率的なサプライチェーンにとって不可欠な要素となっています。TMSのない世界を想像してみてください。ルートが非効率的だったり運送会社から過剰な請求を受けたりすれば、輸送コストの高騰を招くでしょう。今やほとんど常識といえるリアルタイムでの配送の可視化もできなくなり、企業も顧客も不安な状態に置かれるでしょう。

TMSによる自動化がなければ、手作業による運用業務が増えてミスが発生しやすくなり、プロセスの遅延ばかりか、金銭的損失につながるミスを招きかねません。残念ながらTMSが提供する豊富な分析情報はなくなり、企業の意思決定は具体的データの裏付けを欠くことになります。さらにTMSによるルートの最適化がなければ、企業は意図せず二酸化炭素排出量を増加させることになり、業務の持続可能性という現在のトレンドに逆行してしまうかもしれません。

業務が拡大すれば、その分物流も複雑化します。TMSがなければ、規模の拡大が非効率を生み、成長を妨げかねません。すなわち、TMSなしでも業務は可能ですが、その結果生じる非効率、コスト増、可視性の欠如によって、企業の競争力や顧客の満足に悪影響を与えるかもしれません。

結論として、TMSがなければ、企業は非効率、コスト増、根拠のない意思決定といった問題に直面することになります。リアルタイムの可視性とデータに基づく分析情報が失われれば、成長や顧客の信頼、持続可能性などがダメージを受けます。TMSはサプライチェーンの最適化、倉庫コストの削減倉庫全体の効率化において重要な役割を果たすので、TMSなしで業務を行うことは、端的に言って企業に大きな不利益をもたらすでしょう。

TMSがサプライチェーンの最適化とコスト削減につながる理由

前述のとおり、輸送管理システムはサプライチェーンの最適化において重要な役割を果たしますが、その大きなメリットの一つはコスト削減です。ここでは、TMSがサプライチェーンの大幅なコスト削減にどのように役立つのかをご説明します。

  • ルートの最適化:さまざまな輸送シナリオとルートの分析から、TMSは最も効率的でコスト効率の高い輸送方法を割り出します。渋滞しやすいルートの回避、貨物の組み合わせ、時間短縮ルートの選択によって、燃料費や輸送時間を削減できます。
  • 輸送会社の選択と料金比較:TMSの提供する情報から、発送側は複数の運送会社の運賃を比較でき、各貨物に対して最適な価格を知ることができます。さらに、パフォーマンス指標や履歴データの分析に基づいて、最も信頼性の高い輸送会社を割り出し、金銭的損失につながる遅延や誤配のリスクを軽減します。
  • 出荷の統合:複数の小口出荷を行う代わりに、TMSは注文をひとまとめにして出荷本数を減らせる機会がないかを割り出します。その結果、輸送回数や燃料費の削減につながるだけでなく、配送料も安くなる可能性が高まります。
  • 手作業の削減:TMSによって、事務処理、監査、請求書作成など、輸送管理に関する手作業の多くが自動化できます。手作業が原因のミスは財務上の修正や業務関係へのダメージにつながり、金銭的な損失を招きかねませんが、自動化によってそうしたミスを減らすことができます。
  • 運賃監査と支払い:TMSの自動運賃監査機能により、過大請求や請求ミスをすぐに特定し、是正できます。これによって、企業は受け取ったサービスに対してのみ、適切な料金で支払うことができます。
  • 在庫管理改善 倉庫管理システム(WMS)と連携してリアルタイムの追跡を提供することで、TMSは安全在庫レベルの低減と運送コストの削減に役立ちます。入庫貨物が時間どおりに到着することを、企業がしっかりと確認できるためです。
  • リアルタイムの可視性と分析:TMSによって提供される郵送中のリアルタイムな分析情報とパフォーマンス分析によって、企業は非効率な部分を特定し、常に輸送戦略を改善し続けることができるので、継続的なコスト削減につながります。
  • 付帯費用の削減:より効果的に配送を計画・実行することで、待機、再配達、保管の際に発生する、予定外の料金や手数料を回避できます。
  • 輸送方式の最適な選択:貨物の大きさ、目的地、必要な配送時間などの要素に応じて、最もコスト効率の良い輸送方式(トラック積載、トラック積載未満、複合一貫輸送など)を選択できるようになります。
  • 交渉の管理:配送パターンと出荷量に関する総合的なデータに基づき、輸送業者との間でより条件の良い契約や運賃を交渉することができます。
  • 特急配送の削減:計画性を高め、サプライチェーンの可視性を向上させることで、問題を予測し、問題が深刻化する前に対応できるようになるため、コストのかかる特急配送の必要性を減らすことが可能です。

以上を要約すれば、TMSは戦略的な業務ツールとして機能し、情報に基づく意思決定、プロセスの自動化、輸送戦略の継続的な改善を実現します。またこれによってコストを削減し、サプライチェーン内の損益を改善できる可能性が高まります。

TMS導入のメリットは明らかですが、導入にあたっては課題もあることを認識し、その対処法を理解しておくことは欠かせません。

TMSで、最も効率的でコスト効率の良い商品の移動方法を割り出すことができる。

TMS導入に関する5つの課題と解決策

輸送管理システム(TMS)の導入は物流業務に革命をもたらす可能性がある一方で、一定の課題があることも否定できません。こうした課題とその解決策を理解すれば、TMS統合をスムーズに成功させることができます。ここでは、上位5つの課題とその解決策について説明します。

1. 既存システムと統合する際の複雑さ

課題:新しいTMSをERPやWMSなどのレガシーシステムと統合する方法は複雑なため、データのサイロ化や相互運用上のギャップを引き起こすおそれがある。

解決策:システム統合の経験が豊富なTMSベンダーと協力する。ミドルウェアやAPI主導のソリューションを活用することで、異なるプラットフォーム間でもうまくやり取りでき、潜在的な相互運用上のギャップを埋めることができる。

2. データの品質と一貫性

課題:TMSの機能を最大限引き出すには、高品質で一貫性のあるデータが必要である。しかし多くの組織は、一貫性のない、または古いデータリポジトリでやりくりしている。

解決策:TMS統合前に徹底したデータ監査、クリーニング、標準化を行っておく。データ品質を定期的にチェックし、データ管理ツールを使用して正確性と一貫性を保つ。

3. 変化への対処

課題:レガシーシステムや手作業に慣れている従業員は、自動化された新しいプラットフォームへの移行に抵抗感や不安を感じるかもしれない。

解決策:学習を怠らないような文化を醸成する。しっかりとした研修プログラムを行ってTMSのメリットを明確に伝え、移行期にある従業員を迅速にサポートする体制を確立する。

4. 高額な初期投資

課題:ソフトウェア、研修、導入など、高度なTMSは相当額の初期投資を必要とするため、特に予算に制約のある組織では敬遠されがちになる。

解決策:拡張性が高い、またはモジュール式のTMSを選択する。中核機能から始め、必要に応じて拡張すれば、コストを分散することができる。また、サブスクリプションベースのSaaS型TMSモデルなら高額な初期投資を軽減でき、利用しやすい。

5. カスタマイズの課題

課題:一般的なTMSソリューションは、各企業の微妙な違いに対応していない可能性があり、運用の非効率性やその場しのぎにつながる。

解決策:柔軟性を重視して構築されたTMSプラットフォームを選ぶ。その企業独自のニーズを理解し、それに合わせてソリューションをカスタマイズできる事業者をパートナーにする。さらに、オープンソースや堅牢なAPIエコシステムを備えたプラットフォームは、個々のビジネス要件に合わせやすい。

以上を要約すれば、TMS導入における課題は避けられないものですが、克服は可能です。戦略的な計画と技術に関する鋭い洞察、それに共同作業を一体化すれば、TMSの統合を成功に導き、物流とサプライチェーンの業務にさらに大きなメリットをもたらすことが期待できます。

TMSは戦略的な業務ツールとして機能し、情報に基づく意思決定、プロセスの自動化、輸送戦略の継続的な改善を実現する。

まとめ:輸送管理の未来を切り開く

輸送管理システムの本質とは商品の流れの計画、実行、最適化を支援するデジタルプラットフォームであり、その主なメリットは、コスト削減、効率の向上、顧客サービスの改善、環境の持続可能性など、多岐にわたります。時間どおりの配送やリアルタイムの追跡が単なる高望みではなく、必要なことになっている時代において、企業が競争力を維持し、現代の消費者の要求に応えようとするなら、TMSの導入は必須事項です。

しかしその道のりはここで終わりではありません。技術が進化すれば、TMSプラットフォームもまた進化するからです。未来に目を向ければ、さらに統合の進んだシステムが登場するきざしがあります。人工知能、機械学習、ブロックチェーン技術などを活用すれば、輸送に関する考え方に革命が起きる可能性もあります。自律走行車からスマートシティに至るまで、TMSと新たなテクノロジーとの共生によって、輸送がただ効率的であるだけでなく、変革の力を持つような未来が必ずや訪れることでしょう。

よくある質問

輸送管理システムとはどのような意味ですか?

輸送管理システム(TMS)は、商品やサービスの流れを計画、実行、最適化するために設計されたデジタルプラットフォームです。

なぜ輸送管理システムが重要なのですか?

TMSは、物流およびサプライチェーン業界において、効率を高め、コストを削減し、顧客サービスを向上させ、タイムリーな配送を確保するためにきわめて重要です。

SAP輸送管理システムとは?

SAP輸送管理システムとは、輸送ロジスティクスを促進するSAPのソフトウェアソリューションであり、配送を一元的に計画、実行、監視できるように支援するものです。

TMSの機能とは?

TMSの機能には、ルートの最適化、積荷計画、リアルタイムの追跡、運賃監査、運賃交渉などがあります。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手

該当する項目はありません。