目次
オートメーション
3
分で読めます
2020年3月5日
2020年3月5日

倉庫自動化の適切なレベルを見つける

低。中。高。お客様の業務にはどのレベルの自動化が適しているでしょうか?このホワイトペーパーで、最新の動向を把握し、自社に最適なシステムを見つけてください。

目次

「特定の倉庫設計について「低」、「中」、「高」の自動化ソリューションを検討したい 」と耳にしたり考えたりしたことはありませんか?

これは、企業がオペレーションについてさまざまなレベルの機械化を検討する際によく見られるシナリオです。しかし、3つの選択肢を提示されたときに中間の提案が選ばれることが多いのはなぜでしょうか?  

これは正しいアプローチでしょうか、それとも意図せずして間違ったテクノロジーに舵を切っているのでしょうか。低、中、高の自動化アプリケーションの内容をよりよく理解するために、それぞれ詳しく見てみましょう。

「低」自動化

「低」自動化ソリューションは、エントリーレベルのピッキング支援テクノロジーを使用した労働力依存オペレーションです。これには、ハンドヘルドスキャナー、ボイスピッキング、ピックトゥライト、ピッキングトラックなどのツールが含まれます。 これらのテクノロジーは、比較的迅速に導入でき、必要に応じて変更することも容易です。これらのテクノロジーは、以前の基本的なオペレーションから進化している企業にとっては当たり前のことです。企業は、これらのソリューションが注文のフルフィルメントに関して人間の労働力に大きく依存していることに気付きます。

「中」自動化

「中」ソリューションでは、搬送、仕分け、ピックモジュール、AMRなどが導入されます。これは一般に、労働力にも自動化にも完全には依存していないため、最も多くのリソースを必要とするオプションとなります。設計とは、効率的な運用のために相互に依存するさまざまなマテリアルハンドリング手法を調整することです。範囲にもよりますが、比較的短期間(6か月以内)で導入できる場合もあれば、大規模な導入では1年以上かかる場合もあります。導入されたシステムは固定される傾向があり、時間の経過とともに拡張したり変更したりすることは困難です。自動化によってタスクの一部が完了するものの、注文のフルフィルメントは依然として人間の労働力に大きく依存しています。

「高」自動化

「高」自動化のオプションは、労働力を可能な限り減らし、ロボット、AS/RS、その他の統合テクノロジーを活用することで強力な稼働率を実現します。ターンキーオペレーションは、導入から運用開始まで1年以上かかることもあります。事前の設計やエンジニアリングにはかなりの労力が必要となりますが、稼働後は最小限のリソースで済みます。 高度に自動化されたソリューションは比較的永続的ですが、柔軟性があり、迅速に拡張できる傾向があります。「高」自動化を提供するソリューションでは一般に、タスクを完了するために必要なほとんどの作業をロボットが代行します。人間の労働力はごくわずかとはいえ必要ですが、非常に冗長な作業や負荷の高い作業が最小限に抑えられるため、オペレーターはより付加価値の高いサービスを実行できます。

上記の3つの選択肢のうち、中間のソリューションが最もリスクを回避しているように見えるかもしれません。クライアントは、多すぎる自動化にも少なすぎる自動化にも投資していません。クライアントにとっては、効率性、処理能力、労働力を少しずつ向上させる安全で中間的なソリューションのように思えるかもしれません。

残念ながら、クライアントが考慮していないのは、効率的な運用のために手動要素と自動要素の両方に依存するソリューションを導入することの複雑さです。あるコンポーネントが期待どおりに動作しない場合、オペレーション全体に影響が及びます。

また、複数の故障箇所があるシステムを維持するためには、大量の予防的メンテナンスが必要になります。永続的で中途半端なソリューションでは、設計のやり直しや微調整を永遠に繰り返すことになりかねません。

eコマースの爆発的な普及とマイクロフルフィルメントの新たなトレンドにより、物流センターがますます最終消費者の近くに移動しています。ロボットとAS/RSは重要な役割を果たし、クライアントが求める保管密度、効率性、市場投入速度を実現します。労働生活の安全性と質の優先順位が上がったため、労働集約的でないプロセスが求められるようになり、自動化システムへの資本支出がさらに正当化されるようになっています。   

このような高度に自動化されたソリューションは将来的には主流となるでしょうが、すべては正しい質問をし、適切な分析を行うために十分なデータを提供することにかかっています。

システムインテグレーターとコンサルタントを選ぶ際には、不可知論的なアプローチを採用し、一般的な「低」、「中」、「高」の提案ではなく、お客様固有のオペレーションに最適なテクノロジーとソリューションのセットを提案してくれるところを選ぶことが重要です。  

オートストアは、当社のソリューションが正しく適用されるように、世界のトップレベルのシステムインテグレーターやコンサルタントと提携しています。当社は、99.6%の稼働率を誇る信頼性が高く評価されており、それを推進力として世界中で500台以上のシステムを導入しています。

完全な文書はこちらからダウンロードできます

このトピックについてもっと知りたいですか?

お近くの専門家にご相談ください。
送信
送信

このトピックについてもっと知りたいですか?

お近くの専門家にご相談ください。
送信
送信
著者

TAGS
カテゴリー
カテゴリー
カテゴリー
カテゴリー

データをダウンロード