目次
自動化
8
分で読めます
2023年6月23日
2023年6月23日

Pick-To-Light Systems: A Guide

Learn what pick-to-light systems are and how they can help improve picking accuracy.

目次

ピック・トゥ・ライト・システムは、世界中の倉庫や物流センターで評価を高め、数を増やしています。このような自動化システムは、光ディスプレイとセンサーを使用して作業員をピッキングプロセスに誘導し、精度と効率を向上させます。この記事では、ピック・トゥ・ライト・システムの特徴とメリット、そしてより具体的に、ビジネスの拡大、ROIの向上にどのように役立つのかを探ります。

ピック・トゥ・ライト・システムとは?

倉庫自動化の分野におけるピック・バイ・ライト・システムとも呼ばれるピック・トゥ・ライト・システムとは、オーダーピッキングの効率と精度を向上させる目的で倉庫や物流センターで使用される高度な技術を意味します。このシステムは、ラックや棚に取り付けられた光モジュールを採用することで機能し、ピッキング対象の商品の位置と必要な数量を提示します。注文を受けると、システムはオペレーターを適切な場所に誘導し、光モジュールが点灯して、オペレーターに必要な数量のピッキングを促します。この技術が提供する主な価値は、企業がオーダーフルフィルメントプロセスにおけるエラーを減らし、生産性を向上させるのに役立つことです。

プット・トゥ・ライト・システムとは?

「プット・トゥ・ライト・システム」という似た言葉があり、ピック・トゥ・ライト・システムと比較されることがありますが、目的も慣習も異なります。 

プット・トゥ・ライト・システムは、倉庫や物流センターで使用されるマテリアルハンドリング技術で、商品の仕分け、順序付け、指定場所へのルーティングを容易にします。その仕組みとして、保管場所や仕分け場所の上に取り付けられた一連の英数字ディスプレイを使用することで、各商品が置かれるべき正しい場所を視覚的に示します。商品が正しく置かれると、ディスプレイはタスクの完了を認識して、処理対象の次の場所に信号を送ります。 

つまり、ピック・トゥ・ライト・システムは保管場所から商品をピッキングするために使われますが、プット・トゥ・ライト・システムは保管場所商品を置くために使われます。

ゲームチェンジャー:ピック・トゥ・ライトでコストを削減し、効率を向上

ピック・トゥ・ライト・システムを組み込むことで、いくつかのメリットが得られます。以下にその一部をご紹介します。

  • 生産性の向上:ピッキングエラーを減らし、ピッキング速度を向上させ、その結果、生産性を向上。
  • 精度の向上:ライトで商品の位置を示すことで、ピッキングや仕分けのミスを減らし、精度を高める。
  • 在庫管理の向上:在庫レベルをリアルタイムで追跡できるため、在庫レベルの管理が向上。
  • 人件費の削減:生産性と精度が向上することで、労働力のニーズが減り、その結果、人件費を削減。
  • オーダーフルフィルメントの向上:注文サイクルタイムを短縮して、オーダーフルフィルメントと顧客満足度を向上。
Close up image of the AutoStore FusionPort showing the bins at the two bin openings and controls
The AutoStore FusionPort Workstation comes with an in-built pick-to-light (PTL) system.

ピック・トゥ・ライト・システムはオーダーフルフィルメントと生産性を向上

まとめると、ピック・トゥ・ライト・システムは、倉庫業務の総合的な向上をもたらすという点で、ゲームチェンジャーとなります。このシステムでは、ピッキングエラーを減らし、ピッキングの速度と精度を高め、リアルタイムの在庫管理を提供し、新しい作業員のトレーニング時間を短縮し、倉庫や物流センターの全体的な効率を向上させることで、オーダーフルフィルメントと生産性を向上させることができます。結果として、ピック・トゥ・ライト・システムの導入は、複数の要因からROIの増加につながる可能性が高くなります。

ピック・トゥ・ライト・システムの仕組み

ピック・トゥ・ライト・システムは、光モジュールを使って、ピッキング対象商品、ピッキング場所、ピッキング後の置き場所をオペレーターに示します。

詳細には、ピック・トゥ・ライト・システムは一連のモジュールで構成され、それぞれが異なるSKU(在庫管理単位)またはピッキング場所を表します。各モジュールには、ライト、ディスプレイ、ボタンがあります。

オーダーが入ると、システムはピッカーをピッキングパスの開始点に誘導します。ピッカーがその場所に到着すると、ピック・トゥ・ライト・モジュールが点灯し、ピッキングする数量を提示します。ピッカーがバスで最初のオーダーをピッキングしてモジュールのボタンを押して確定すると、システムはピッカーをピッキングバスの次の場所に誘導します。

ピック・トゥ・ライト・システムは、倉庫管理システム(WMS)やオーダー管理システム(OMS)と統合して、オーダーが正確かつ効率的にピッキングされるようにすることができます。 

AutoStore pick-to-light lamps
一般に99.9%以上の精度を誇るピック・トゥ・ライト・システムは、ミスを大幅に減らし、倉庫作業を効率化する。

ピッキングと仕分けの精度は99.9%

では、ピッキングと仕分けにおけるピック・トゥ・ライト・システムの精度はどのくらいでしょうか?答えは簡単です。ピック・トゥ・ライト・システムのピッキングと仕分けは非常に正確です。ただし、システムの精度は、システムの品質、オペレーターのトレーニング、ピッキングプロセスの一貫性など、いくつかの要因によって異なります。 

通常、ピック・トゥ・ライト・システムは99.9%以上の精度を誇り、エラーを大幅に減らし、倉庫業務の効率を大きく向上させます。 

さまざまな業界にメリットをもたらすピック・トゥ・ライト・システム

ピック・トゥ・ライト・システムは、eコマース、小売食料品医薬品製造業など、オーダーピッキングと仕分けを伴う業界で広く使用されています。このシステムは、効率と精度が重要視される、大量の小口注文と迅速な納期が求められる環境において特にメリットをもたらします。以下は、一般的にピック・トゥ・ライトのメリットが得られる具体的な業界の例です。

  • eコマースと小売:ピック・トゥ・ライト・システムは、eコマースや小売の物流センターで、個々の商品を迅速かつ正確にピッキングするために広く使用されています。
  • 自動車:自動車業界では、さまざまな部品やコンポーネントを特定の順序でピッキングして組み立てる必要のあるキッティングや組み立て作業に、ピック・トゥ・ライト・システムを使用しています。
  • 医薬品:医薬品業界では、薬やその他の医療品を正確にピッキングおよび仕分けするためにピック・トゥ・ライト・システムを使用しています。
  • 食品と飲料:食品・飲料業界では、飲料、スナック、包装食品など、原材料と最終製品の正確なピッキングと仕分けにピック・トゥ・ライト・システムを使用しています。
  • 電子機器:ピック・トゥ・ライト・システムは、電子機器産業において、小型電子コンポーネントやデバイスの正確なピッキングと仕分けに使用されています。

Integration of pick-to-light with your existing systems

既存のピッキング作業にピック・トゥ・ライト・システムを統合することは困難を伴う場合もありますが、一方で、精度、効率、生産性の面で大きなメリットをもたらします。 

ピック・トゥ・ライト・システムを他の倉庫管理システムと統合する方法

ピック・トゥ・ライト・システムを他の倉庫管理システムと統合することで、倉庫の生産性を大幅に向上させ、オーダーフルフィルメントプロセスを合理化できます。統合を成功させるためには、いくつかのステップを考慮する必要があります。 

まず、既存の倉庫管理システムと互換性のあるピック・トゥ・ライト・システムを選択することが重要です。そのためには、システム間の通信が効果的に行われるよう、ベンダーを調べたり相談したりする必要があるかもしれません。

互換性のあるピック・トゥ・ライト・システムを選択したら、統合を開始できます。これには通常、データフィールドのマッピングや適切な通信プロトコルの設定など、倉庫管理システムと通信するためのピック・トゥ・ライト・システムのプログラミングが伴います。

さらに、統合システムの使用方法について作業員をトレーニングすることも重要です。これには、作業員が新しいシステムに慣れ、その効果的な使い方を理解し、人為的エラーのリスクを最小限に抑えるためのトレーニングセッションや文書化が含まれます。 

ピック・トゥ・ライト・システムを他の自動化技術と接続する方法

ピック・トゥ・ライト・システムのメリットを最大化するには、コンベア、AS/RSシステム、倉庫管理ソフトウェアなどの他の自動化技術と統合する必要があります。ピック・トゥ・ライト・システムをこのような技術と統合するには、セントラルオートメーションインターフェースを介して各システムを接続し、シームレスなデータ交換と効率的なパフォーマンスを可能にする通信プロトコルを設定する必要があります。統合の前に、お客様の倉庫に最適なソリューションを販売代理店にぜひご相談ください。

ピック・トゥ・ライト・システムをお客様のビジネスニーズに合わせる

倉庫業務の最適化では、ピック・トゥ・ライト・システムを導入することにより大きな変化がもたらされます。しかし、市場には非常に多くの選択肢があるため、適切なシステムを選択するのは容易ではありません。だからこそ、倉庫の効率と生産性を最大化するためには、特定の重要な要素を考慮する必要があるのです。

正しいピック・トゥ・ライト・システムの選択

特定のニーズに適したシステムを選択することは非常に重要です。ほとんどのピック・トゥ・ライト・システムがピッキング時間の短縮や精度の向上といったメリットを提供しますが、各システムにはそれぞれ独自の機能と考慮すべき制限もあります。

ピック・トゥ・ライト・システムを選択する際に考慮すべき最も重要な要素のひとつは、お客様の企業で扱う製品の種類です。多様な製品に対応できるよう、多様なシステムが設計されているからです。そのため、お客様の製品が小型軽量品に属するのか、それとも大型重量品に属するのかを確認する必要があります。 

ピック・トゥ・ライト・システムを選択する際に考慮すべきその他の要素には、システムの精度、スピード、使いやすさ、他の倉庫管理ソフトウェアや自動化システムとの互換性などがあります。さらに、設置、メンテナンス、トレーニング費用を含む総所有コストを考慮することも重要です。

倉庫自動化技術には、ピック・トゥ・ライト・システムがすでに統合されているものもあり、個別に統合する必要がありません。AutoStoreでは、FusionPortFusionPort Stagingワークステーション(ポート)には、ピック・トゥ・ライト・システムが搭載されています。

全体として、お客様の企業に適したピック・トゥ・ライト・システムを選択するには、お客様固有のニーズと要件を慎重に検討する必要があります。ただし、一度決定して導入すれば、倉庫や物流センターの効率、精度、総合的なパフォーマンスを向上させることができます。

ピック・トゥ・ライト・システムのコスト

さらに、ピック・トゥ・ライト・システムを選ぶ際には、必ず予算を考慮しなくてはなりません。コストだけを考慮すべきではありませんが、投資収益率(ROI)の高いシステムを選ぶことが不可欠です。そのため、設置、トレーニング、メンテナンスにかかる費用や、システム運用にかかる継続的な費用も考慮する必要があります。

まとめ

要約すると、ピック・トゥ・ライト・システムは自動化倉庫技術であり、ライトとディスプレイを使用して作業員をピッキングプロセスに誘導し、エラーを減らして効率を向上させます。このシステムを導入することで、ピッキング時間の短縮、精度の向上、新しい作業員のトレーニング時間の短縮といったメリットが得られます。ピック・トゥ・ライト・システムはさまざまな業種に対応しますが、特に大量かつ高変動の倉庫に有用です。業務の合理化と生産性の向上に貢献し、最終的にはROIの向上につながるためです。 

倉庫業務を自動化して効率とROIを向上させる方法について詳しくお知りになりたいですか?今すぐご連絡ください

このトピックについてもっと知りたいですか?

AutoStoreの専門家にご相談ください。
送信
送信

このトピックについてもっと知りたいですか?

AutoStoreの専門家にご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを受け取る