目次
自動化
12
分で読めます
2023年11月21日
2023年11月21日

自動仕分けシステムによるオーダーフルフィルメントの強化

倉庫業務の効率性、スピード、正確性を高める自動仕分けシステムが、スマートロジスティクスの未来を見据えた備えとなる理由をご説明します。 

目次

eコマースとスピーディな配送への期待が当たり前となった時代において、効率的な倉庫業務の重要性はこれまでになく高まっています。仕分け作業の自動化は倉庫を効率化する方法の一つです。

この記事では自動仕分けシステムの世界を掘り下げ、倉庫環境においてさまざまなタイプがどのように機能するのか、またそれが業務の合理化やオーダーフルフィルメントの強化、そして最終的には顧客満足度の向上につながる理由を探ります。  

倉庫自動化における仕分けとは?

仕分けシステムの説明に入る前に、まずは倉庫自動化における「仕分け」の定義から始めましょう。

倉庫自動化における仕分けとは、ベルトコンベアなどの運搬機構上の物品を識別し、事前に定義された特定の基準に基づいて、倉庫内のさまざまな運搬先に振り分けるプロセスです。仕分けはオーダーフルフィルメントプロセスの一部として欠かせません。これによって出荷、注文品のまとめ、保管のために物品を迅速かつ正確に分配できます。  

仕分けプロセスは施設ごとのニーズに対応しながら、サイズ、重量、配送先、または倉庫の業務に関連するその他の要因など、さまざまな特性ごとに物品を仕分けるように設計されてます。

仕分けシステムとは?

それでは、仕分けシステムとは何でしょうか?倉庫の仕分けシステムとは、機器とソフトウェアが一体となり、ピッキングされて梱包や出荷の準備が整った物品を整理し、適切な運搬先へルーティングする仕組みです。こうしたシステムは通常、コンベア、バーコードスキャナー、ダイバーターから構成され、これらが連携して、注文の種類、配送先、輸送業者、サービスレベルなど、事前に定義された基準に応じて倉庫内のさまざまなエリアに物品を送ります。

具体的には、仕分けシステムは通常、以下のような要素から成り立っています。

  • 誘導ポイント:仕分けシステムへの入り口。
  • 識別ステーション:物品が仕分けされる場所。通常はバーコードやRFIDスキャナーを使って情報が制御システムへ送られます。
  • ベルトコンベア:仕分け工程を経ながら物品を運搬します。
  • ダイバーター:物品をコンベアから実際に下ろして運搬先へ向かわせる仕組み。具体的にはシュート、出荷準備の整った注文をまとめるためのコンテナ、または特定のエリアにつながる他のコンベアなどを指します。
  • 制御ソフトウェア:スキャン情報とプログラム済みのロジックに基づき、物品の倉庫内での正しい経路を決定します。

多くの場合、仕分けシステムは物品のサイズや重量の範囲、仕分け速度、運搬先の数、プロセスの効率性への期待値といった要素を考慮し、その倉庫業務固有の要件に適合するよう設計されます。

倉庫における仕分けとは、統合された機器とソフトウェアの連携によって運用されるシステムであり、それによって物品はピッキングされ、梱包や出荷の準備が整った状態で整理され、適切な運搬先へとルーティングされる。

仕分けシステムの目的

倉庫における仕分けシステムの目的は、さまざまな後工程または運搬先に向けて、大量の物品を効率的に整理することです。物品のバーコードをスキャンして分析することで、仕分けシステムは物品を倉庫内の適切な場所に送るための情報を得ます。商品のこうした自動仕分けは運搬先、サイズ、種類などの特定の基準に基づいており、商品が正しい搬入口、梱包エリア、配送ルート、または保管場所に確実に届く仕組みになっています。これによりスピーディで正確なオーダーフルフィルメントが実現し、倉庫内の全体的なワークフローが改善され、小売店舗、他の物流センター、または直接顧客に向けて、物品の出荷準備が整います。  

仕分けシステムはまた、物品を適切なエリアに誘導して保管したり、追加処理を行ったりすることで、在庫管理にも役立ちます。これは注文の正確性とタイミングの良い顧客サービスの維持に欠かせません。物品の正確なルーティングは、配送期限の厳守や円滑なサプライチェーン管理の維持に大きく影響します。

仕分けシステムの手順の例:書籍の場合

大きな倉庫を想像してみてください。そこではさまざまな出版社から届いた何千、何万冊もの多種多様な本を、個々の書店、図書館、顧客に送らなければなりません。倉庫に新しい本が到着すると、一冊一冊の本はできるだけ効率的に適切な場所に送られる必要があります。

この場合、仕分けシステムは以下のように機能します。

  1. 荷受け:まとまって運び込まれた書籍はトラックから降ろされた後、ベルトコンベアに乗せられます。
  2. スキャンと識別:本がベルトコンベア上を移動する際、スキャナーが各本のバーコードを読み取ります。バーコードには、本のタイトル、著者、配送先などの情報が含まれています。
  3. 自動的な意思決定:スキャン後、倉庫のコンピューターシステムが各書籍の運搬先を決定します。例えば新刊小説10冊は書店Aへ、5冊は書店Bへ、2冊はオンラインの顧客へ、という具合です。
  4. 仕分け:コンピューターの判断に基づき、ベルトコンベアは各書籍を一連のダイバーターに移動させます。こうしたダイバーターは鉄道の分岐点のようなもので、本をメインのベルトコンベアからより小さなベルトやシュートに誘導し、さまざまな搬入エリアに届けます。各エリアは、A書店、B書店、またはオンライン顧客という異なる配送先に対応しています。
  5. 配送先のビン:各書籍はシュートまたは小型コンベアを滑り落ち、指定のビンに運ばれます。個々の書店用の本を保管するビンもあれば、オンライン顧客の注文を保管するビンもあります。
  6. 梱包と出荷:分類されて指定のビンに入った本を、作業員または自動システムが箱に詰め、出荷用のラベルを貼り、配送トラックで送り出します。

このプロセス全体を通して、仕分けシステムにょり、各書籍は迅速かつ最小限のエラーで目的の場所に運ばれることを保証します。作業員が手作業で各書籍を仕分けるよりもはるかに効率的です。

仕分けシステムとは何か、また倉庫におけるその機能をよく理解した上で、いくつかの種類とその仕組みを見ていきましょう。

さまざまな種類の仕分けシステムとその仕組み

自動仕分けシステムとはさまざまな最新技術を一体化したもので、倉庫内で大量の物品を効率よく、スピーディに仕分けることを目的として設計されています。このシステムの中には複数の仕分け方法が含まれますが、一般的にその中心は高度な仕分けコンベアシステムです。各タイプの仕分けシステムは自動仕分けシステムの制御下に統合されており、さまざまな形でコンベアを活用することで、適切に仕分けを行います。

以下に、各タイプの統合の仕組みを示します。

  • リニア型仕分けシステムは、物品を運搬する仕分けコンベアがリニアタイプのシステムです。このコンベアにはポップアップホイールやアームのような機構が組み込まれており、システムによる自動的な判断に基づいて、物品を左右の仕分けビンや他のコンベアに振り分けます。
  • ループ型仕分けシステムの特徴はループ状に配置されたコンベアで、チルトトレイソーターやクロスベルトソーターなどのシステムには欠かせません。このタイプの自動仕分けシステムでは、物品はループを循環するトレイやクロスベルトコンベア上で運ばれます。トレイやベルトは、システム制御された所定の地点で向きを変えたり作動したりして、物品を指定のシュートやビンに仕分けます。
  • プッシャー型仕分けシステムは真っすぐな形状の仕分けシステムで、コンベアの流れに沿って一連のプッシャーアームが間隔をあけて配置されています。自動システムからの信号を受けるとこれらのアームが延びて、メインのコンベアベルトから別の場所へと物品を移動させる仕組みです。

自動制御を統合することで、仕分けコンベアシステムは高度に情報化されたスピーディなソリューションとなり、倉庫内の物品の流れを指示できるようになります。全プロセスのタイミングはシステムのソフトウェアによって正確に調整されており、識別ステーションから各物品の配送先に関するデータを受信したソフトウェアが、データに応じて適切なダイバーターを作動させ、各物品を仕分けていきます。

この自動プロセスにより、仕分けコンベアシステムはさまざまな種類の物品や仕分け要件に対処でき、幅広い産業分野や運用規模に対応する汎用性の高いソリューションとなります。コンベアというハードウェアと高度なソフトウェアのシームレスな統合によって、現代の物流と流通の効率性に欠かせない、高い処理能力と正確な仕分けを実現できます。

それでは、人件費の削減から仕分け精度の向上まで、このシステムが業務にもたらす数多くのメリットについて、掘り下げていきましょう。

各タイプの仕分けシステムは自動仕分けシステムの下に統合されており、目指す仕分け結果を達成するためにさまざまな形でコンベアを活用している。

自動仕分けシステムのメリット

自動仕分けシステムは、効率性、正確性、スピードの向上など、倉庫業務に大きなメリットをもたらします。大量の物品をスピーディに処理できるため、入荷から出荷までの時間を短縮でき、手作業による仕分けに比べて大幅な改善になります。こうした効率化は労働力と資源の有効活用につながるため、多くの場合、結果的に運用コストが削減できます。

また、自動仕分けシステムは精度が高いためエラーのリスクが減り、注文の正確性が高まります。倉庫業務にとってコストのかかる返品や出荷ミスの数を減らせるという点で、こうした側面は極めて重要です。さらに物品を間違いなく、時間どおりに出荷することで、サービスレベルと顧客満足度の向上にも役立ちます。

自動仕分けシステムは業務効率を向上させますが、その究極の価値はオーダーフルフィルメントや顧客満足度に与える影響にあります。

仕分けがオーダーフルフィルメントや顧客満足度に与える影響とは?

仕分けは、適切な物品を最短時間でピッキング、梱包、出荷することで、オーダーフルフィルメントに直接影響します。効率的な仕分けシステムは注文サイクルの時間短縮につながります。注文サイクルとは注文時から顧客の手元に届くまでの時間のことで、それが早まれば顧客満足度は上昇します。消費者でも企業でも、注文のスピーディな配送を期待する傾向が強まっているからです。

さらに正確な仕分けは、オーダーフルフィルメントにおけるエラーを最小限に抑えます。このことは顧客の信頼を維持し、返品や交換に付随するコストを削減するうえで極めて重要です。顧客が時間どおりに、間違いなく注文品を受け取ることで満足度が高まり、リピート購入や企業に対する好意的な評価につながります。

効率的な仕分けは、顧客満足度にはかり知れないほどのプラスの波及効果を与えますが、こうした成果は単独で存在するわけではなく、倉庫管理システム(WMS)やその他の新しい技術とのシームレスな統合の賜物です。

他のWMSや技術との統合

自動仕分けシステムは倉庫管理システム(WMS)の重要な構成要素であり、多くの場合、倉庫業務の合理化を目的として他のさまざまな技術と統合されます。仕分けシステムは通常、在庫、注文処理、フルフィルメント業務全体を管理するWMSに接続されています。この統合により、仕分けシステムとWMSの間でリアルタイムのデータ交換が可能になるため、仕分けされた全物品の追跡や、在庫システム内のステータスの更新が確実に行われます。

さらに多くの場合、仕分けシステムはRFID(無線周波数識別)や光学スキャナー、バーコードリーダーなどの最新技術と連動して、物品とその配送先を自動的に識別します。こうした統合は入荷から出荷までのスムーズな移行に不可欠であり、注文の優先順位や在庫レベル、配送スケジュールに基づいた動的な意思決定を可能にするものです。

ロボット工学、人工知能(AI)機械学習(ML)アルゴリズムといった他の先進技術も、仕分けシステムの運用改善のために統合されることがあります。こうした技術によって仕分け経路を予測・最適化し、仕分けプロセスの効率と信頼性を向上させることができます。

さて次の問題は、自社の業務状況に合った適切な仕分けシステムの選び方です。

仕分けシステムは通常、在庫、注文処理、フルフィルメント業務全体を管理するWMSに接続されている。

ニーズに合ったシステムの選び方

自社の倉庫に適した仕分けシステムの選択は、取り扱う物品の種類、処理する物品の量、流通ネットワークの複雑さ、利用可能なスペースや予算など、さまざまな要因によって決まります。仕分けシステムの各タイプにはそれぞれ強みがあり、適した業務もさまざまです。

仕分けシステムを選択する際に考慮すべきなのは、以下のような点です。

  • 物品の特性:物品のサイズ、形状、重量が、さまざまな仕分けメカニズムとの相性を左右します。
  • 処理能力の要件:1時間または1日に求められる仕分けの平均量とピーク量が、システムの能力に見合っていなければなりません。
  • 柔軟性と拡張性:システムがビジネスニーズの変化に適応でき、将来の成長に応じて拡張可能である必要があります。
  • 統合能力:既存のWMSやその他の最新技術との統合のしやすさも重要です。
  • 予算の制約:初期導入コストと、長期的な節約や効率化のバランスをとる必要があります。

倉庫自動化を専門とする業者やコンサルタントと協力して、現在の業務を分析し、将来のニーズを予測することも有益です。このように連携したアプローチによって、現在の要件を満たすだけでなく、将来の成長と技術的進歩にも対応できる仕分けシステムを見極めることができるでしょう。

仕分けシステムの各タイプにはそれぞれ強みがあり、適した業務もさまざまである。

仕分けとAutoStoreシステムの統合

仕分けシステムは、AutoStoreと連動する下流工程の技術として重要です。AutoStoreが在庫の保管と検索を自動で行うのに対し、仕分けシステムは梱包された注文品がすでにAutoStoreシステムから離れたあと、倉庫業務の後工程を担当するもので、この段階では小規模な保管から最終的な発送まで、効率的かつ正確に商品の動線を作る重要な役割を果たします。AutoStoreを補完する最も一般的な仕分けシステムとしては、次のようなものがあります。

シューソーター

シューソーターは、メインコンベアから別の分岐コンベアやシュートへ、斜めに動いて物品をなめらかに押し出す「シュー」が付いたベルトコンベアを備えています。こうしたシューは電子制御されており、配送先、サイズ、重量、その他の特定の基準など、さまざまな要因に基づいて物品を仕分けるようにプログラムできます。

ポケットソーター

ポケットソーターは、通常格子状に配置されたたくさんのポケット、すなわち小分け袋から構成されています。物品を入れて運ぶように設計された各ポケットが、水平方向か垂直方向に移動して物品を目的地に運ぶ仕組みです。この種類のソーターは一般に、小包や小荷物などの小~中型の物品を、事前に設定した基準に従ってスピーディに仕分けする場合に使われます。

トレイソーター

トレイソーターでは、仕分け作業中の物品移動にトレイやコンテナを使用します。こうしたトレイには通常、ダイバートやチルトといった機構が搭載されており、設定した仕分けルールに従って物品をさまざまなシュートやコンベアへ誘導します。このシステムは、郵便や小包の仕分けセンター、eコマースのフルフィルメント拠点などでよく使われており、多様な品目をスピーディかつ正確に仕分ける方法となっています。

どの仕分けシステムを選び、どのように統合すればよいかという問題は、個々の倉庫のニーズによって異なります。シューソーター、ポケットソーター、トレイソーターにはそれぞれ明確なメリットがあり、さまざまな運用要件に応じて選択可能です。その結果、倉庫業務は保管から出荷まで最大限の効率性を発揮できるでしょう。

AutoStoreとコンベア仕分けシステムの統合

AutoStoreシステムと高度なコンベア仕分けソリューションの相乗効果により、倉庫業務の効率は飛躍的に高まります。最先端の自動保管・検索システムであるAutoStoreは、高密度でアクセスしやすい商品保管・検索ソリューションであり、倉庫業務の強化に役立ちます。仕分け機能を持つコンベアとの統合によって、ピッキングから出荷までのオーダーフルフィルメントプロセス全体を合理化し、かつてないレベルの生産性を実現できます。

AutoStoreは、高密度でアクセスしやすい商品保管・検索ソリューションであり、倉庫業務の強化に役立つ。

AutoStoreとの統合の仕組み

AutoStoreシステムでは、ロボットビンを取り出してピッキングステーションに運ぶので、ピッキングステーションにいるオペレーターは注文完了に必要な物品を効率的にピッキングできます。注文がワークステーションでピッキングされ、梱包されたあとはコンベアシステムとの連携が主な舞台となります。梱包され、まとめられた注文はコンベアに乗せられると仕分けシステムによる仕分けを経て、効率的に倉庫内の目的地、例えば郵便番号に応じた出荷コンテナに振り分けられます。  

AutoStoreとコンベア仕分けシステム、それぞれの強みを生かすことで、倉庫はスムーズなオーダーフルフィルメント業務を実現でき、現代の倉庫を未来へ突き動かす原動力を得られます。

シームレスな統合のメリット

AutoStoreと仕分け機能のあるコンベアシステムとの統合によって、以下のように大きなメリットが生まれます。

  • スピードと正確性:AutoStoreからコンベア仕分けシステムへ、驚くほどスピーディかつ正確に商品を移動できるため、注文のピッキングから出荷準備までの時間が短縮されます。
  • 処理能力の向上:仕分けプロセスの最適化によって、より大量の注文を処理できるようになります。特にピーク時には有益です。
  • 処理時間の短縮:ピッキングステーションから仕分けコンベアへ注文が直接移動するので、手作業は最小限で済み、エラーや遅延のリスクが低下します。
  • 拡張性:AutoStoreシステムへのモジュール追加や、コンベアラインと仕分け能力の拡張によって、ビジネスニーズの成長に応じた複合システムの規模拡大が可能です。
  • 空間効率: 場所を取らないAutoStoreの保管ソリューションによって、従来の棚式で使用していた床スペースが不要となり、大規模なコンベアシステムを設置する空間を確保できます。

AutoStoreとコンベア仕分けシステム、それぞれの強みを生かすことで、倉庫はスムーズなオーダーフルフィルメント業務を実現でき、現代の倉庫を未来へ突き動かす原動力を得られます。  

最後に、未来の話題に移りましょう。

倉庫内仕分けの今後のトレンドを見据え、準備を整えるには?

AI、機械学習、ロボット工学の助けを借りて、未来の倉庫仕分けが自動化に向かう中、効率的かつ柔軟でスマートな業務が推進されています。持続可能性が重視される時代、仕分けシステムを更新するならエネルギー効率に優れ、リサイクル可能な素材を生かしたものとなるでしょう。このようなトレンドに備えるために、企業は適応力の高い仕分けシステムに投資し、最新技術を取り入れた作業環境に向けて、しっかりとチームを教育する必要があります。技術的パートナーシップやデータインフラの進歩に取り残されないことも、こうした将来の進展に適応し、それをプラスに変えるうえでは極めて重要です。

仕分けシステムとAutoStoreなどの保管ソリューションとの相乗効果は、スピードと省スペースの創意工夫を融合させ、倉庫の未来への道筋を示している。

まとめ

結論として、自動仕分けシステムは単なる倉庫業務の中枢ではなく、ロジスティクスと倉庫業務の世界において、かつてない精度、効率、顧客満足の時代を推進する原動力だと言えます。仕分けシステムとAutoStoreのような保管ソリューションの相乗効果は、スピードと省スペースの創意工夫を融合させ、倉庫管理の未来への道筋を示しています。ビジネスが情勢の変化に適応していく中で、このような統合技術を取り入れる企業こそがスピーディで信頼性の高いサービスを提供し、最大の利益を得る立場に立つでしょう。市場では誰も待ってくれません。唯一確実なものが「変化」である世界では、こうした先進的なシステムに投資する倉庫が今後数年間にわたって、イノベーションと優れた経営の先頭を走ることになるでしょう。

よくある質問

仕分けシステムとは?

仕分けシステムとは、倉庫や物流センターで大量の物品を特定の目的地に自動的に仕分けるために設計されたコンベア機構です。

倉庫における仕分けとは?

倉庫における仕分けとは、コンベアライン上の商品を識別・分離し、配送先、サイズ、重量、種類など所定の基準に基づいて、さまざまな運搬先に振り分けるプロセスを指します。

仕分け機器とは?

仕分け機器には、バーコードスキャナー、コンベア、ダイバーター、プッシャーなど、物流施設で物品の仕分けに使用するさまざまな機械や技術が含まれます。

物流におけるソーターとは?

物流におけるソーターとは、サプライチェーンや流通網を移動する商品を自動的に仕分け、整理するためのシステムや機械のことです。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手