目次
自動化
10
分で読めます
March 23, 2023
March 23, 2023

倉庫の自動化 - 完全ガイド

多くの企業は、未だ自動化の初期段階にあります。オペレーション部で指揮者の立場から、倉庫の自動化には関心があるが、より具体的なビジネスの成長に繋がる判断材料をご希望の場合は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

赤い6つのドット(AutoStore )を表示したファビコン。
AutoStore
目次

倉庫の自動化についての概要

一般的に倉庫の自動化とは、倉庫業務の機械化、合理化、最適化を可能にするさまざまな技術(基本的なものから高度なものまで)、システム、プロセスの導入を指します。一般的な作業を自動化し、物品の保管、検索、移動、管理における全体的な効率を向上させるため、さまざまなソリューションや機器が使用されています。その目的は、あらかじめ定義されたプロセスを用いて、毎回同じ方法で作業を行うことです。また、手作業を削減し、倉庫の自動化は以下のポイントを目的としています:

倉庫業務の自動化において、ロボット工学が重要な役割を果たしています。倉庫の自動化に関しては、小さく始めて徐々に自動化の取り組みを拡大するのが一般的で効果的なアプローチです。これにより、使用体験からの導入価値を見いだし、本格的な自動化プロジェクトへとスケールアップすることができます。例えば、AutoStoreのような自動入出庫システム(AS/RS)を使って、オーダーピッキングのような特定のエリアを自動化することから始めてみることもできます。多くの使用体験を経て、自動化を倉庫の他のエリアにも徐々に拡大し、効率を最適化し、エラーを減らし、全体的な生産性を向上させることができます。次は、倉庫自動化のさまざまなタイプについて、具体的にご説明いたします。

自動化についての2つの基本カテゴリーについて

自動化には大きく2種類に分類されます。自動化のソリューションと自動化のテクノロジーです。

1. 物理的な自動化

貨物の取り扱いや移動など、倉庫内での物理的な作業やプロセスを自動化する技術や機械。特定の倉庫で必要とされるソリューションのタイプは、実行されるタスクの種類や取り扱われる商品の種類によって異なります。サイズ、重量、タスクの頻度などの要因が、使用するテクノロジーの選択に影響を与えます。

AutoStoreのキューブストレージは、物理的な自動化(商品の移動)とプロセスの自動化(デジタル化されたワークフローや在庫管理など)の両方に考慮した倉庫の自動化の例です。

2. プロセスの自動化

プロセスの自動化はデジタルオートメーションとも呼ばれ、ワークフロープロセス、データ管理、意思決定の自動化と最適化に重点を置いています。テクノロジーソリューションとアルゴリズムにより、さまざまな業務プロセスを合理化または強化し、パフォーマンスを可視化できます。プロセスの自動化は、ルールベースまたは反復的な作業であることを条件として、物理的作業と管理的作業の両方に適用できます。

物理的な自動化とプロセスの自動化は、どちらも特定のエリアやプロセスに大きな影響を与えます。しかし、倉庫の効率性、正確性、カスタマー・エクスペリエンスに最大の改善をもたらすことができるのは、両方のタイプの組み合わせが重要となります。

デジタル/プロセス・オートメーションとは、ワークフロー・プロセス、データ管理、意思決定の自動化と最適化を目指します。

自動化できる倉庫作業やプロセスとは?

自動化のレベルは、ワークフローや製品の種類によって、また、倉庫によっても大きく異なります。そのため、平均的な倉庫や物流センター内でどのように特定のプロセスやタスクを自動化できるかについて理解することは有益です。以下は、テクノロジーが最も頻繁に導入されるユースケースのリストです。通常、複数のソリューションを組み合わせることで、さまざまな業務領域にわたってプロセス全体を合理化することができます。

1. ピッキング

オーダーピッキングは、特に小売業や食料品店のような大量オペレーションにおいて、効率化の可能性が最も大きいプロセスの一つです。自動化された機器やロボットは、人間のオペレーターをアシストしてくれたり、自主的にアイテムをピッキングしたりします。多くのオペレーションでは、手動のピッキングプロセスと比較して、2倍以上のピッキング生産性の向上が期待できます。ソリューションによっては、オーダーの平均ピッキング時間が60秒以内に完了するものもあります。

自動化された設備とロボット技術が人間のオペレーターを支援する例。このケースでは、ロボットが商品をワークステーションにいる人間のオペレーターに届け、システムのソフトウェアがオペレーターにどの商品をいくつピッキングすべきかを知らせます。

ロボット工学、特にピースピッキングロボットの例で、自主的に商品をピッキングしています。

2. 商品の荷受けと荷下ろし ‍

コンベア、ロボットアーム、自動搬送車(AGV)などの機器によって、入荷した貨物の搬送や仕分けが効率化されます。即ち、自動化された機器は、人間の作業員よりも速くAからBへ商品を移動させることができるということです。例えば、ワークステーションで処理され、梱包された注文は、倉庫内の郵便物の受け取り場所まで素早く運ぶ移動コンベヤーに載せることができます。これにより、手作業による大きな負担がなくなり、作業のスピードアップにつながります。また、精度が向上し、手作業に伴う安全上のリスクも抑えることができます。

3. 保管と回収

在庫が自分たちの場所に持って来てくれるのであれば、遠く離れた場所にある商品を探し出すために時間を費やす必要はありません。G2P(Goods-to-Person)システムと呼ばれるこのシステムでは、ロボットが指定された場所から在庫品の保管と回収を行うものです。ロボットのルートは最適化されており、例えば、最も人気のある商品はピッキングポイントの近くに配置されたり、注文を事前にピッキングすることでピーク時の調整や管理に役立ちます。

キューブ・ストレージは、ロボットが商品の保管と回収を行う保管・回収システムの一例です。

4. 在庫補充

作業チームは集中して高い品質のサービスや顧客体験といった重要なことに時間を集中させることができます。定義されたルールと現在の在庫レベルに関するライブデータを使用し、ソフトウェアがロボットのシステムをガイドしたり、新しく入荷した商品を自動的に正しい場所に収納したり、ピッキングエリアに補充したりして、スムーズな流れを維持しています。

5. 仕分けと集約

バーコードスキャナやRFID技術を備えたコンベアシステムなどの自動仕分けのシステムは、注文した商品を素早く仕分けされ、統合します。毎回繰り返される作業により、精度とスピードが向上します。

仕分けシステムの一例で、コンベア・システムが注文品をスキャンし、郵便番号に基づいて袋に仕分けます。


6. 梱包・包装

箱の成型、製品のラベル貼り、シール貼りなどの反復的な単純作業は、自動機械によって迅速かつ効率的に実行されます。これにより、一貫性とスピード性が向上し、梱包ミスや返品の頻度が減少します。

7. 荷積みと出荷 ‍

コンベアシステム、無人搬送車(AGV)、ロボットアームなどを使用して、貨物の積み込みや出荷の準備を行う。AGVは、トラックや輸送コンテナへの商品の輸送と積み込みを行い、正確な積み込みと効率的な発送を保証する。これは、大きくて重い品物や、広いスペースで品物を移動させるような広い場所で特に有効です。

8. 在庫管理

倉庫管理システム(WMS)などのソリューションは、在庫をリアルタイムで管理し、在庫状況をリアルタイムで可視化します。在庫管理を最適化することで、最終顧客により多くの選択肢を提供することができます。

9. 返品処理

自動化されたシステムは、検品、仕分け、補充、ベンダーへの返品プロセスなどのタスクを実行するため、チームはより収益性の高いタスクに集中することができます。

10. パフォーマンスの監視と最適化

自動化は大量のデータを創り出します。これは、レポーティングやオペレーション全体の改善に活用ができます。ソフトウェアは、制御、自動モニタリング、レポート、および高度なパフォーマンス分析のために導入されます。洞察は、継続的な改善やプロセスの最適化、予知保全、需要予測などを実現可能にするために活用されています。

Unify Analyticsは、倉庫のデータを収集してレポートを提供し、管理者に明確な予測を与えて業務を改善するソフトウェアの一例です。

最も一般的な自動化の技術の比較

上記のように、倉庫の自動化技術は、特定のタスクやプロセスを自動化にするシンプルかつ、単一アプリケーション技術から、相互接続されたタスク、プロセス、および技術のクラスターを自動化するエンドツーエンドシステムまで、多岐にわたります。ロボットからソフトウェア、そしてそれ以上に至るまで、どのソリューションがお客様のニーズに最適かを見極めるのは容易ではありません。このページでは、最も一般的な倉庫の自動化テクノロジーの種類を、主な業務分野別に分類し、主な用途と違いをまとめました。

1. 商品の取り扱いと輸送

ロボット工学と自律型移動ロボット(AMR)、自律型走行無人搬送車(AGV)

さまざまな種類の搬送ロボットや自動運転車両が、倉庫内の各所で物品のハンドリングや移動のタスクを実行し、ピッキングや仕分けなどの作業を行う担当者のもとに届けます。

例:

  • ピッキングや仕分けの担当者のもとに物品を搬送するGTP(Goods-to-Person、棚搬送型)ロボット。
  • 自動搬送車(AGV)は、決められたルートで倉庫内の物品を搬送。
  • 人の操作なしにパレットを移動させる自律型(自動運転)フォークリフト。

この技術は、あらかじめ決められた手作業での生産性を向上させ、商品を安全かつ効率的に移動させるために使用されている。移動ロボットは、ナビゲーション・ルートが頻繁に変更されず、人間の労働者が多く集まる場所に混在する必要がなく、広いオープン・スペースに適しています。

コンベアシステム

倉庫内で大量の商品を効率的に搬送するために、さまざまなコンベアシステムを使用することができます。コンベアソリューションに使用される技術はさまざまですが、それらが推奨する複数の機能があります。

例:

  • 定義されたルールに基づき、在庫品をさまざまな場所に送る仕分けコンベア
  • コンベア経路に沿って搬送物を一時的に滞留させることができるアキュームコンベア。
梱包された注文品を集荷場所に送るコンベア。

2. 保管とオーダーフルフィルメント

自動ピッキングソリューション

オーダーピッキングは、お客様の要件やプロセスに応じて、部分的または完全に自動化することができます。

例:

  • ピック・トゥ・ライト・システムピッキング中の作業員に対し、LEDライトとセンサーでピッキングする品目と数量を指示するシステムであり、正確性と効率性が向上します。
  • プット・トゥ・ライト・システム:LEDライトで物品を置く正確な位置を指示することで、人による作業をより迅速かつ効率的にします。
  • 音声ピッキングシステム:これはペーパーレス、ハンズフリー、アイズフリーのシステムであり、入庫作業やピッキングをする作業者に取るべき行動を音声で指示します。ピッキング自動化の初期に活用されましたが、現在はより効率的な代替手段があるため、一般的ではありません。ただし、アクセシビリティが第一の懸念事項である状況では、依然として利用価値があります。
  • ウェアラブル端末:スマートグラスや手首に装着するデバイスで、ピッキング作業のための指示を視覚情報または音声で対応します。

上記のシステムのうち、特にピック・トゥ・ライトとプット・トゥ・ライトは、よく他の倉庫自動化システムと統合されます。たとえば、棚搬送型システムとピック・トゥ・ライトを組み合わせると、システムによって搬送された在庫ビンから作業員が商品をピッキングする際、LEDライトの指示によって正しい商品を選択できます。音声ピッキングシステムなどの他のシステムは、まだ大部分を手作業に頼り、かつ商品を棚に保管しているような倉庫で役立ちます。しかしこれらのシステムを駆使しても、依然として倉庫作業員には多くの歩行が必要で、在庫品やワークフローの変化に対して柔軟性に欠けるところがあります。

ピック・トゥ・ライト・システムは、LEDライトとセンサーにより、作業員によるピッキング作業を誘導します。

従来の自動保管・回収システム(AS/RS)

AS/RSでは、倉庫や物流センター内の指定された保管場所での在庫品の保管と回収に自動システムを使用します。AS/RSソリューションは、保管と回収のプロセスにおける効率性、正確性、空間利用率を向上させるよう設計されています。

全体的な流れは、制御ソフトウェアによって管理され、最適化されます。新しい在庫品はビンや通い箱に収納され、ある種のグリッドに沿ってあらかじめ定義された場所に自動的に収容されます。次に、ストレージグリッドに沿って移動するロボットが物品を取り出し、ピッキングやオーダーフルフィルメントに向けて搬送します。保管要件や注文量に応じて、さまざまな派生型ソリューションが使用されています。

従来のAS/RSソリューションの派生型:

  • ユニットロード(大型の物品に好適)
  • 横回転式棚(小さくこまごました物品向け)
  • ミニロード(小~中型の物品に好適)
  • 垂直リフトモジュール(VLM - 高さのある物品に好適)
  • シャトル(通い箱、トレイ、段ボール箱などのハンドリングに好適)

それぞれのユースケースの概要は次のとおりです。

  • 派生型の使い方によっては、従来のAS/RSの方が大型の品を管理する上で有利な場合があります。
  • しかし従来のAS/RSは、キューブ型ストレージ(後述)に比べ、利用可能な保管スペースを最大限に活用するとなると苦労するかもしれません。
  • 従来のAS/RSソリューションは複雑で、配置や導入に時間がかかることがありました。
  • 大型機器の整備や修理は運営費がかさみ、一時的に日常業務に支障をきたすこともあります。
  • 規模を拡張する場合には設置が複雑になるほか、機器や床面積の確保に多大な追加投資が必要になることがよくあります。

キューブ型ストレージ(次世代のAS/RS)

キューブ型ストレージは、AS/RSの概念を一歩進めた革新的なソリューションです。GTP(Goods-to-Person、棚搬送型)フルフィルメントシステムに分類されるこのストレージは、複数の技術を組み合わせることでスループットを大幅に向上させ、保管容量を最大化できます。そのため、大量・大容量が求められる現場に適しており、さまざまな業界で導入されています。  

  • 全世界で99.7%のシステム稼働率を誇る、非常に信頼性の高いAS/RSシステムです。
  • 市場で最高レベルの密度を誇るAS/RSソリューションです。
  • 軽量なアルミニウム製の収納グリッドを、ほぼすべての床面積に合わせてカスタマイズできるため、迅速かつ簡単に導入できます。
  • 商品の寸法によっては、多様な商品群に適応できます。商品は在庫ビンに収まる必要があります。
  • グリッドの全方向(上下左右)に3次元的に収納できるので、空間を最大限に活用できます。従来のAS/RSシステムで同じ容量を実現するには、床面積をかなり増やす必要があります。
  • 小規模な構成であれば、わずか数週間で完成します。
  • モジュール式であるため、ホリデーシーズンやブラックフライデーなどの繁忙期も床面積を増やす必要なく簡単に拡張して対応できます。

AutoStoreが他社に先駆けて開発したキューブ型自動倉庫システムは、市場で最高レベルの密度を誇るAS/RSソリューションです。

3. 業務管理とパフォーマンスの最適化

倉庫管理システム(WMS):

在庫把握、注文管理、労働力配分、ワークフローの最適化など、倉庫業務のさまざまな側面を統合し、管理します。

  • 倉庫業務をリアルタイムで可視化し、制御できます。
  • 倉庫業務のタイプやその他の技術要件に応じて、さまざまなソフトウェアソリューションから選択できます。
  • ERP(企業資源計画)ツールによって、倉庫のプロセスを超えた他のビジネスツール(CRMなど)を統合することで、WMSをさらに進化させることができます。
  • WMSをまだ導入していない企業の場合、WMSにはさまざまな種類があり、業務内容、ワークフロー、業界によって複雑さが異なるため、事前に外部のコンサルタントに相談するとよいでしょう。

データを取り込む:IoT(モノのインターネット)センサーとAIDC(自動認識・データ取得):

センサーやデバイスを使うことで、在庫情報をリアルタイムかつ自動的に取得、追跡できます。

  • 最新の在庫状況を監視し、正確に把握できます。
  • 仕分けやオーダーピッキングを簡略化・高速化できます。
  • 保管に関わる多くのパラメータ(湿度、温度、機器の状態など)を測定できます。  
  • 業務によっては情報の認識が細かすぎたり、物量が多い場合に処理が遅くなったりする可能性があります。

業務を超えて:倉庫の自動化がもたらすメリット

「今、倉庫の自動化に投資する余裕が本当にあるだろうか」

今、倉庫の自動化に投資を遅らせている理由はなんですか?

倉庫の自動化が業務効率とパフォーマンスにもたらす直接的なメリットについては、すでにいくつかご紹介してきましたが、自動化がビジネス全体にメリットをもたらすことができる理由をご紹介します。

競争で優位に立つ

ここ数年でお客様の期待値がさらに高まっていることは、ご存知の通りです。今、私たちは即日配送が一般化されている時代にいます。商品やブランドの良さだけでは不十分で、顧客体験が業績を左右する時代です。eコマースや小売業を考えてみると、フルフィルメントや配送・返品プロセスはたいていの場合、顧客との唯一の物理的接点です。配送プロセス全体がひどいものであれば、多くの顧客が他の業者に移ってしまうでしょう。一方、配送で良い体験が得られた顧客は、何度も繰り返し購入するようになります。自動化は、この重要なプロセスを大幅に強化してくれます。

そして現在、私たちは過渡期にいます。自動化が急速に進んでいるとはいえ、ほとんどの倉庫業務がまだほとんど、あるいは完全に手作業で行われているのが実情です(2021年の時点でさえ、世界の倉庫の80%以上が全く自動化していませんでした)。もし貴社が今自動化にしなくても、競合他社のいずれかが自動化することは間違いないでしょう。

  • 業務をスピードアップし、競合他社よりも早くお届けすることは、差別化を図る確実な方法です。
  • 手作業や反復作業を減らすことで、チームはより複雑な品質管理プロセスに集中でき、顧客体験をさらに向上させることができます。
  • ハイパーオートメーションと併せて業務プロセスを再設計すれば、2024年までに業務コストを30%削減できることでしょう。
  • 取り残される危険性があります。誰も、企業間競争で出遅れたいとは思わないはずです。
  • 従業員の作業しやすさと安全性が向上します。  
  • 自動化により、肉体的な負担が大幅に軽減され、より多様で興味深い仕事に携わる時間ができます。
  • 在庫の取り出しや重い荷物の移動のために、作業者が長い距離を歩く必要がなくなります。
  • 人間工学に基づいたワークステーションは、快適性を向上させます。
  • その結果、労働衛生上のリスクや事故のリスクが大幅に低減されます。
業務をスピードアップし、競合他社よりも早くお届けすることは、差別化を図る確実な方法です。

より持続可能なビジネスモデルの構築

倉庫自動化を賢く導入すれば、二酸化炭素排出量を削減でき、産業用倉庫や製造業が目指す、よりサステナブルなアプローチに貢献できます。

  • 自動化ソリューションの多くは、保管や業務の密度を高め、同じ機能を果たすのに必要な面積を削減できます。
  • 最新のロボティクス機器は、エネルギー消費をほとんど必要としないものが多く、ソフトウェアによって機器の効率を最適化し、各時点のエネルギー消費を最小化できます。太陽光発電で動作する機器も多くあります。
  • 新しい場所が必要になる場合でも、自動化によって必要となる総面積を減らすことができます。これは周囲の環境やそれに付随する都市のスプロール化にとって望ましいことであり、全体的なエネルギー消費量が削減されます。

革新的な自動化ソリューションを通じて持続可能な倉庫を作るというAutoStoreのミッションについて詳しくは、こちらをクリックしてください。

より少ない労力でビジネスを活性化させる

多くの企業は、大規模な自動化プロジェクトへの先行投資を警戒します。しかし成長するにつれ、より大きな容量と処理量を確保するため、より大規模な施設に移らざるを得なくなる事例が多く見られます。

  • スペース効率を高める自動化により、現在の業務環境を最大限に活用することで、コストのかかる不動産投資を回避できます。
  • もちろん、保管面積の追加が避けられない場合もありますが、適切な自動化ソリューションは簡単に拡張できるため、業務拡大が求められる場合でも常に大規模な拡張プロジェクトが必要になるわけではありません。
  • 自動化によって、既存のワークフローはそのままに、SKUや在庫の増加、エクスプレス配送などの新しいサービスによって、より多くの選択肢を顧客に提供できます。
スペース効率を高める自動化により、現在の業務環境を最大限に活用することで、コストのかかる不動産投資を回避できます。

自動化プロジェクト成功のカギ

倉庫自動化技術の導入を成功させるには、入念な計画、調整、さまざまな要素の考慮が必要です。既存施設の自動化を検討しているか、あるいは新しい業務の立ち上げを検討しているかを問わず、倉庫自動化導入が全体に及ぼす影響を決定づける、重要な共通要素のリストをまとめました。

→ 徹底したニーズ評価を行う

事を先に進める前に、倉庫固有の要件、問題点、目標について包括的に分析することが非常に重要です。その狙いは、自動化から最も恩恵を受けることができる業務固有の分野やプロセスを特定することです。これにより、重点的に投資すべき分野や導入すべき最適な技術を決定することが容易になります。

既存の施設への導入を計画している場合、設置中に業務を継続したいかどうかも検討する必要があります。ソリューションの中には、業務の稼働中に設置することが不可能なものや危険なものもあります。また、こうした業務の一時中断が延びる可能性があることも覚悟しておかなければなりません。

  • キューブ型ストレージのように、業務稼働中に導入できるソリューションもあります。
  • また、取り扱う物品の種類によっては、特別な保管やハンドリングが必要でないか考慮する必要があります。
  • たとえば食料品小売店の場合、生鮮食品の冷蔵保存機能を検討する必要がありますが、一部の自動倉庫ソリューションはこれに適していません。常温用および冷蔵用AS/RSシステムを利用して倉庫を自動化したチェコの食料品小売店Rohlikが、ピッキングの生産性を3倍高めた事例をご覧ください。

→ 新しい技術を加える前に、最大限にプロセスを最適化する

自動化で可能なことは、与えられたタスクを迅速に実行することだけです。最適でないプロセスを自動化しても、最適でないプロセスを大規模に、これまでよりはるかに速く実行できるようになるだけのことです。自動化に移行する前にプロセスやワークフローの質を高めることは、将来の成功のための基盤となります。

→ 柔軟な統合オプションを確保する

統合により、さまざまなコンポーネント間のスムーズなデータの流れ、同期、および調整が可能になります。統合するには相互運用性がカギとなるため、ソリューションは「特定の技術に依存しない」ものであることはもちろん、選択肢や設定を限定せず、柔軟な統合オプションがある堅牢なAPIを提供できるものである必要があります。‍

→ 変更管理を効果的に行う

倉庫自動化の導入や拡大には、作業プロセス、役割、責任など、大きな変化が伴うことがよくあります。従業員がそれに適応し、メリットを理解し、変化に対する懸念や抵抗感に対処する手助けになるよう、適切な変更管理を行うことが非常に重要です。

→ 教育やサポートの向上に注力する

自動化された新しい環境へスムーズに移行するためには、従業員に適切な教育とサポートを提供することが重要です。教育には、新しい機器の操作方法、新しいシステムインターフェイスの使用方法、新しいワークフローの学習などが含まれます。

→ 真の実用的な知見をもたらすデータ管理と分析を行う

どのような自動化であっても、データに基づく意思決定プロセスの組み込みは非常に重要な機能です。このようなプロセスを組み込むには、ビジネスにとってどのような種類のデータや分析が最も重要であるかを明確に理解し、どのKPIが成功の指標として本当に意味があるのかを知る必要があります。

すべてのシステムのデータを効果的に管理・分析することで、業務部門はプロセスの最適化やパフォーマンスの監視などについて、商業部門の幹部は戦略的意思決定やトレンド予測などについて、貴重な知見を得ることができます。

→ 拡張性と柔軟性を考慮して構築する

ニーズの展開に応じて、ソリューションも成長、商品構成の変更、注文量の増加やその他の変化に対応できる必要があります。成功する自動化プロジェクトは、拡張性と柔軟性を最優先に設計されています。モジュール式のソリューションは、システムの大規模な再構成や時間のかかる設置を必要とせず、個々のコンポーネントを簡単かつ迅速に追加して容量を増やすことができるので、最も俊敏性の高い自動化ソリューションと言えます。

柔軟性は、ソリューションに投下される資金全体にも当てはまります。今日、最先端のサービスプロバイダーやソリューションプロバイダーは、完全な所有権を提供する方式に加えて、さまざまな商用ライセンスモデルを提供し始めています。たとえば、RaaS(サービスとしてのロボット)の場合、機器やインフラをレンタルして、有期契約の「ペイパーピック」(ピッキング数に応じた支払)方式で課金します。これにより企業は、その規模や成熟度を問わず、スケールや複雑さが異なる各プロジェクトへの設備投資について、より多くの選択肢を得ることができます。

→ 継続的な改善を目指す文化を育てる

倉庫の自動化は、継続的な改善を目指す企業文化に支えられるものであり、フィードバックと改善の永久ループがある場合に最大の効果を発揮します。このような観点で言えば、自動化は1回限りの導入ではなく、継続的なプロセスとして捉えることができます。プロセスやシステムの定期的な評価・監視・改良は、継続的に改善し、競争で優位に立ち、顧客の進化する要求に対応する上で不可欠です。

倉庫自動化のROIを見積もる方法

導入するプロジェクトで実現し得る投資収益率について考える必要があります。ニーズ調査によってプロジェクトの概要を把握し、プロジェクトの規模や技術構成が明確になるまでは、詳細な答えを出しにくいものですが、次のステップに進むための指針として、プロジェクトがもたらす影響を十分に理解することは可能です。

もちろん、どのようなプロジェクトでも先行投資は必要ですが、ROIは導入されるソリューションの規模や複雑さに大きく左右されます。現在のインフラ、交換が必要な従来型ハードウェアの数などの要素は、常にROIに影響を及ぼします。プロジェクトの規模にもよりますが、お客様は平均して2~3年以内に投資回収を達成できています。

考慮すべき重要なコスト要素は次の2つです。

  1. 運用開始までに必要な先行投資。
  2. 継続的な運用コスト(保守、クラウドサービスなど)を考慮したTCO(総所有コスト)。

これらのコスト要素を、下記の2つの主要分野で均衡させる必要があります。

  1. ビジネス能力やパフォーマンスの強化(SKUの追加や顧客への新しいサービスの提供など)による業績の向上や機会獲得。
  2. 直接的および間接的なコスト削減。
  • 直接的な削減の例としては、低スキルな手作業にかかるコストの削減に対して、ランニングコストや保守費用のバランスを取ることが挙げられます。
  • 間接的な削減の例としては、施設費用の削減に対して、インフラへの投資額のバランスを取ることが挙げられます。自動化をすると、保管容量の最大化により、既存の施設に留まるか、新しい倉庫の面積を小さくすることが可能になるため、不動産費用の削減につながります。また小規模な施設はエネルギー消費量が少ないため、運営コストも安くなります。

最後に、自動化によるROIとビジネスへの影響度を評価する際には、長期的な影響度を測定するためのツールとプロセスを設定する必要があります。これにより、潜在的なパフォーマンスと実際のパフォーマンスを一貫して整合させ、必要な時に改善措置を講じることができるので、継続的な価値を確保できます。

AutoStoreによる倉庫の自動化

倉庫の自動化にご興味のある方は、こちらのAutoStore情報ガイドをご覧ください。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手