目次
テクノロジー
2
分で読めます
March 20, 2023
March 20, 2023

FusionPort™が新しいレベルの快適さとパフォーマンスをXXLに提供

XXLの作業員が、FusionPortワークステーションを使用し、5ヶ月間のパイロットテストでスループットの新記録を樹立しました。次世代型の人間工学に基づいた高度なオートメーションが、近代的で活気のある倉庫業務において人と利益の両方をどのようにサポートするのか、XXLの経験をご紹介します。

赤い6つのドット(AutoStore )を表示したファビコン。
AutoStore
目次

未来への計画

労働力不足、Eコマース需要、記録的なインフレが小売業に重くのしかかっている現在、ビジネスの成長を維持することは困難です。企業が成長するためには、倉庫や人材への投資を継続して、将来を見据えた計画を立てる必要があります。スポーツ用品の小売業者であるXXL は、新しい AutoStore ワークステーションFusionPortを採用することで、まさにそれを実践しています。

この新しいポートは、経済的な波乱を乗り切るために不可欠な、労働者の満足感と生産性をサポートするために設計されています。ビンの搬入口が2つあり、視覚的補助も組み込まれているため、FusionPortは、シームレスで自動化されたピッキングワークフローと、ピック率を高く保つプロセスを促進します。ビンには傾斜があり、安全ハッチで覆われています。また、ポートには人間工学に基づいた使いやすいユーザースクリーンが装備されており、作業員が快適で安全に、かつ満足して作業できるように配慮されています。

XXLの AutoStore マネージャーであるKai-Remi Berge氏は、「FusionPortにいくつものメリットを感じている」と述べます。

「効率性、人間工学に基づいた設計、そして何か障害が発生したときの扱いやすさにとても感銘を受けています。」

イノベーションに飢えた小売業者

FusionPortは、5,000人以上の従業員(そのほとんどが倉庫で作業)に適した方法でパフォーマンスを最大化することを常に追求している、イノベーションに熱心で技術に精通した電子商取引小売業者であるXXLのような企業向けに作られています。2010年にGardermoenの物流センターのスペースが足りなくなったとき、同社はElement Logicで駆動する AutoStore を導入しました。

Since then, they’ve undergone eight expansions to help them scale amidst online demands. Today, they have a robust system with over 80 Robots, 21 CarouselPorts™, 1 RelayPort™, and 158,000 Bins. Seeking to improve the speed, efficiency, and resilience of their facility, XXL has opted to pilot new AutoStore equipment whenever possible, including RelayPort and the R5+™ Robot.

スループットの新記録を達成

2022年11月、8,000平方メートルのグリッドにFusionPortを統合しました。全体的な印象として、他のワークステーションよりも洗練され、快適で、静かで、安定しています。さらにスピードも速く、FusionPort、XXLを使用することで、13年目となる AutoStore システムの歴史においても、生産性のマイルストーンを達成しました。

“With FusionPort, we recently hit a picking new throughput record, with 480 Bins per hour, and that was picking winter goods which are typically larger and take more time. In the summer months when goods are typically smaller I think we can probably reach between 500 and 550 Bins/hour,” said Berge.

「FusionPortを使って、1時間あたり480ビンのスループットという新記録を最近達成しました。これは、通常より大きくて時間のかかる冬物商品のピッキングを行ったときのものです。夏には通常は商品が小さくなるので、1時間あたり500~550ビンも達成可能でしょう。」

Kai-Remi Berge
XXL社のオートストアマネージャー

今日の作業者と今日の経済を見据えた設計

Berge氏は、今日の厳しい労働市場で採用や維持が困難な倉庫作業員にも、ポートは目に見えるメリットをもたらしていると語ります。

「私たちは、この機器の使用感とビンの開口部の傾きが気に入っています。ピッキングするユーザーにも、彼らの肩にも優しいですし、2つの異なる開口部からピッキングするため、より動きやすいのです」とBerge氏は言います。

「また、高さが低いので、背の低い作業者でもトートの上に立たずに簡単に使うことができます。さらに、キャリッジが安定しているため、ユーザーが停止する回数も少なくなりました。」

さらにBerge氏は、XXL、FusionPort の設置に要した時間はわずか1週間で、他のワークステーションより大幅に少ないスペースで済んだため、倉庫の拡張やビジネス需要の変化に応じて他のテクノロジーと接続するのにも適していると語っています。

「可能な限りの効率的なパフォーマンスを求めるのであれば、このポートを強くお勧めします。」

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手

該当する項目はありません。