場所

AutoStore™、米国本社を開設

2018年1月23日 - 独自のキューブ型自動倉庫を持つオートストアは、米国市場での爆発的な成長に直面しており、アメリカの地に組織を拡大することを決定しました。

AutoStore™、米国本社を開設

オートストアは、認定システムインテグレーターのネットワークによって配布、設置、保守されており、米国のオートストアチームは、Bastian Solutions社 、Dematic社 、Swisslog社を引き続きサポートします。ただし、今後は同じ大陸からです。

北米担当ゼネラルマネージャーのPaul Roy氏は次のように述べています。「北米市場での活動が大幅に増加していることから、この市場の近くにオフィスを開設することが唯一の決断であると考えました。ニューハンプシャー州デリーにある米国本社から直接、当社のグリッドベースのモジュール式ロボットピッキングソリューションの販売をサポートできることを嬉しく思います」。

ニューハンプシャー州デリーの3 Corporate Park Driveにある新しい米国本社は、広さが20,000平方フィートの施設で、ここから北米市場をさまざまな形でサポートしていきます。この新しい施設では、スペアパーツの迅速な配送、カスタマーサービスのサポート、さまざまなトレーニングプログラム、販売サポート、そして潜在顧客がこのテクノロジーのメリットを直接体験できるようにするためのオートストアフルデモンストレーショングリッドを提供します。

今後は、ライブデモンストレーションやオープンハウスイベントを開催する予定です。autostoresystem.comで詳細を確認のうえ、お申し込みください。

オートストアについて

AutoStore は、モジュール式のピースピッキングシステムです。ロボット、ポートまたはワークステーション、グリッド、ビン、コントローラーの5つの標準モジュールで構成されています。 ロボットはグリッドの上を走行し、下のビンに格納されている在庫にアクセスします。ビンは必要に応じて移動、回収、ポートまたはワークステーションに搬送されます。

従来の保管密度と比較すると、オートストアは同じスペースで最大2~3倍の在庫を保管できます。このソリューションは、奇妙な形状の建物、柱の周り、または複数の階に設置でき、倉庫スペースを最大限に活用します。満たします。オートストアのインフラストラクチャは建物の構造から独立しているため、解体や再配置をコスト効率的に行うことができます。

オートストアは環境に優しいソリューションです。全体的な電力消費量は小さく、リカバリーはビンが下降するときとロボットがブレーキをかけたときに行われます。天井照明は必要ありません。コンパクトな構造であるため、必要なスペースが少なく済みます。

オートストアのソリューションは、「グッズトゥパーソン」の原則に基づいて構築されています。グッズトゥパーソンの主な利点は、作業者のピッキング場所への移動時間の排除、ピッキングの生産性、専用のピックフェイスの省略(スロッティング、再スロッティング、手動補充が不要)、製品のセキュリティ/在庫の正確性、注文処理の速度、注文の正確性などです。さらに、作業者の環境も理想的です。オートストアテクノロジーは、疲労要因を減らした静かでクリーンな環境をサポートします。ワークステーションは人間工学に基づいて設計されています。

この事例についてもっと知りたいですか?

現地の専門家にご相談ください。

話そう

関連記事

該当する項目はありません。