SwingPort™

フロアをまたいだ入出荷に

垂直接続

一部のAutoStore™構成では、既存のスペースを最適に利用するため、あるフロアにグリッドが設置され、別のフロアでピッキングが行われます。SwingPortワークステーションは、この設計をサポートするために必要な到達範囲を提供します。

SwingPortは、ビンの到達範囲をロボットがアクセスできないポイントまで広げ、あるフロアから別のフロアにビンを移動させます。2本の回転アームを使用してビンを移動するため、1つ目のビンがオペレーターに差し出されている間、2つ目のビンは反対側の待機位置にあります。

信頼性

100万回のテスト

2つのビンバケットを使用したスイング動作は技術的にバランスが取れており、複雑さが軽減されているため、スムーズなオペレーションが可能です。この動作と技術的ソリューションは、オートストアのラボと実際の設置場所の両方で、数百万回の改良とテストが行われました。

1

ライブテスト

スムーズな動作を実現
100
%

ビンのアクセス可能性

オートストアグリッドの外部
使いやすさ

人にやさしい

交換時間が3秒であるため、SwingPortユーザーは一日中継続的に作業できます。人間工学に基づいた理想的な作業環境を実現するため、ユーザーの安全性と快適性が考慮されています。ビンの開口部はハッチで遮蔽されており、高い安全性とノイズ低減を実現しています。

3

交換時間

迅速なフローとビンの到達可能性を作り出す
170
ビン/時間

最大処理能力

8mビンリフト™2.0装着時
構成

耐久性と精度

SwingPortの備品は、AutoStoreポートデザインにおける新時代の標準となっています。天板には、無孔質で耐薬品性と難燃性に優れ、石のような風合いを持つKerrockを採用しています。

1,600
mm

Kerrock製の作業台
堅牢かつ簡易なメンテナンス



技術仕様

測定

長さ:1411 mm / 幅:1606 mm /
高さ:1100 mm

動作温度

+2° C(35.6° F)~+40° C(104° F)

動作湿度

40~90%(結露なし)

重量

158.5kg

最大ビンスループット

8メートルのビンリフト2.0で毎時170ビン、オペレータのハンドリングタイムは15秒

消費電力

90 W
仕様シート
装飾的なアイコン。下向きの赤い矢印を表示しているアイコン。ボタンをクリックするとアセットをダウンロードできることを記号で表しています。

よくあるご質問

SwingPortには、幅広側処理版/幅狭側処理版はありますか?

幅広側処理のSwingPortのみを提供しています。

SwingPortの高さはどのくらいですか?

スイングポートの高さは、お客様のご要望に応じて調整可能です。

ビン・リフト・モジュールは、高さ16.5メートル(54フィート)まで利用可能です。

SwingPort:設置

2つのSwingPortsを配置する際には、x方向とy方向の両方で少なくともセル2つ分の間隔を空ける必要があります。x方向にセル2つ分離して配置する場合は、ピッカーのスペースを確保するため、それぞれが反対方向を向くように配置する必要があります。

Swing Port:ソフトウェアコンセプト

各AutoStoreポートと同様に、各SwingPortは独自のポートファームウェアを搭載しています。

ピッキングリストを変更することはできますか?

はい、AutoStoreに移動されたタスクやタスクグループに変更を加えることは可能です。ただし、変更を加えると、後でシステムの速度と効率性に悪影響が及ぶ可能性があります。システムがそのビンを準備するために既にロボットリソースを使用している可能性があるためです。

すべてのFAQ

当社のイノベーションを自由にご活用ください

消費者の行動は変わりましたが、サプライチェーンの行動は変わっていません。SwingPortがお客様のオートストアシステムの強化および改善にどのように役立つかについて、今すぐご相談ください。