よくある質問 ロボット

R5ロボット

ロボットに使われている電波はどのようなものですか?

2.4GHzがグローバルに使用されます。

10台以上のロボットを搭載した場合の新しい75%の充電器という方法は、取扱説明書に記載されていますか?また、新規システムだけでなく、既存システムにも適用されるのでしょうか?

はい。

ロボットの充電ポイントの推奨数を教えてください。

10台以上のR5およびR5+ロボットがある場合、ロボット数の75%以上の充電器を用意する必要があります。

R5とR5+の最高速度はどのくらいですか?

最高速度 = 3.1 m/s (10 feet per second)
加速度 = 0.8 m/s² (2.6 feet per second²)
持ち上げ速度 = 1.6 m/s (5.2 feet per second)


ロボットの速度は調整できますか?

現在、これはロボットのファームウェアにハードコードされ、制御されます。

グリッド上でロボットが衝突しないようにするには?

AutoStore コントローラは、ロボットが衝突しないように交通整理を行い、制御します。ロボットはその位置を常にコントローラに報告します。ロボットの走行制御はモーターエンコーダーによって行われ、各方向に2つの異なるトラックセンサーによって保護されます。

R5ロボットのバッテリーの寿命、最大どの位もちますか?

AutoStore™ R5に使用されているChairman AGM 12105Tバッテリーの推定寿命は以下のとおりです。

  • 1日8時間、週5日稼働するシステム:8年
  • 1日16時間、週5日稼働するシステム:4年
  • 1日16時間以上、週5日以上稼働するシステム:2~4年

R5ロボットの重量は何キロですか?

電池を含めたロボットの重量は148kg

ビンの最大荷重(30kg/66ポンド)で、約183kg(約403.5ポンド)になります。

R5ロボットにはどのような電池が使われていますか?

R5では、12V/105AhのAGMバッテリー(鉛酸 - アブソーブドグラスマット)を標準で2個使用しています。

R5ロボット1台につき、何個のビンをピッキングできますか?

ケースバイケースですが、目安は1時間に1台のロボットで30個のビンのピッキングが可能です(±)。ロボット1台あたり40ビンまで可能です。システムシミュレーションを行うことで、より正確なカウントが可能です。

What are the typical recharging cycle time of R5 and R5+ Robots (example: minutes to recharge per hour of operation or describing a shift operation)?

A typical working day for R5 and R5+ is about 20 hours. Each Robot needs at least 4 hours of charging per day. Robots will charge whenever they see an opportunity to do so (during breaks or low-capacity periods).

AutoStore レッドラインは24時間運用が可能です。具体的な方法については、当社チームまでお問い合わせください。

30kgのビンを満載した状態でも、空のビンと同じ性能を発揮しますか?

はい。

ビン荷重が偏っていても、システムが確実に動作することが証明されていますか?

ただし、極端に偏った荷重(例:片隅に30kg、コンパートメントの1/3以下)は、部品の摩耗を加速させる可能性があります。

ロボットエンジンの寿命、最大どの位もちますか?

これは、重量、走行頻度、昇降頻度、稼働時間などによって異なります。

R5はDDGを走行できますか?

はい。新型のR5は少し長いトラックに適合するようにシャーシが調整されています。

旧型のR5はDDGを走行できますか?

R5の旧モデルのシャーシは、拡張グリッドに対応していません。

ブラックラインが導入されたことで、R5ロボットは生産中止になるのでしょうか?

R5 Robotとその他のRed Lineモジュールは、今後も当社の主力製品です。Black lineは異なる市場セグメントに対応しR5は永遠のフラッグシップ・ロボットです。

R5+とR5のそれぞれ適した用途を教えてください。

220mmと330mmのビンを扱う場合、R5+はR5に比べて毎回のリフト作業に時間がかかるため、R5が引き続き最適な選択肢になります。425mmビンを扱う場合は、R5+が最適です。

R5+とR5の技術的な違いは何ですか?

R5+のスペックシートをご覧ください。

現在、AutoStoreグリッドにB1ロボットを設置している場合、R5+ロボットでシステムを拡張できますか?

はい。

B1ロボット

R5とB1の間でバッテリーの電圧やアンペア数が変更されていませんか?

はい、変更されています。B1では、R5とは異なる新しいバッテリーパックを採用しています。B1のバッテリーは26.4V、15Ahです。

新しいブラックライン充電器の保守方法は、送電網内からですか、それとも送電網外からですか(既存のレッドライン充電器の保守方法と同様ですか?)

充電器のメンテナンスはGrid内部で行います。

12週間後にB1ロボットを何台納品できますか?

現時点では、B1の生産量に制限はありません。

ブラックラインとレッドラインのノイズレベルの差はどれくらいですか?

B1 ロボットは、その高度な構造とロボット中央内部の空洞により、騒音レベルを10db低減し、人間の耳には2倍静かに聞こえるでしょう。

24時間365日稼働の場合、B1ロボット1台あたりの稼働時間はどの位ですか?

B1の交換可能なバッテリーパックにより、24時間365日稼働した場合、ロボット1台あたりの稼働時間は99%となり、ロボットの充電時間を大幅に短縮することができます。バッテリパックの技術により、B1は充電が少ないバッテリーを完全に充電されたバッテリーに切り替えることができます。

8時間、12時間、16時間の運用で、B1ロボット1台あたりの運用時間はどのくらいですか?

B1に搭載されている交換可能バッテリーパックは、1日あたり10時間以上稼働する場合に有利です。1日の稼働時間が長くなればなるほど、交換可能バッテリーパックのメリットは大きくなります。

なぜブラックラインはレッドラインに比べ、同じグリッドサイズに多くのロボットを収容できるのでしょうか?

Black Line Robot blocks only 1.5 cells versus 2 cells as with Red Line Robots.

B1が1つ以上のセルをカバーしているのはなぜですか?

AutoStore 特に高密度エリアではロボットの加速が鍵となります。B1の加速性を高め、重心を維持して安定性を確保するために、B1は複数のセルをカバーしています。

B1に使用されているバッテリーとその予想寿命を教えてください。

B1は、26.4V/15Ahのリチウムイオン電池(LiFePO4)を標準で使用しています。

B1バッテリーの寿命は6年(1シフト)と2年(3シフトオペレーション)を想定しています。実際の寿命は、ビンの平均荷重や平均温度などによって異なります。バッテリーは推奨期間外でも機能しますが、最適容量を下回ります。

現在、SDGで運用中のお客様がB1ロボットにアップグレードすることは可能ですか?

はい、既存のSDGにB1ロボットを追加できます(R5と並行して動作させることができます)が、スループットの向上はDDGを使用する場合と比べて低くなります。

バッテリーを交換した後、B1がしばらく静止します。なぜですか?

コンデンサを充電してから作業を再開するためです。

ロボットの充電ポイントの推奨数を教えてください。

B1では、電池付きの充電器の数はロボット数の30~50%を推奨しています。

B1の最高速度はどのくらいですか?

最高速度は毎秒4.0メートル(13フィート)、加速度は毎秒1.4メートルの2乗(4.6フィート)です。

昇降速度は毎秒1.6メートル、昇降加速度は毎秒2.5メートルの2乗(毎秒8.2フィートの2乗)です。

B1ロボット1台につき、何個のビンをピッキングできるのでしょうか?

ケースによって異なります。一般的には、B1ロボットの場合、1時間あたり35ビンが目安となります。シミュレーションにより、より正確なビン数を導き出します。

What is the difference in maintenance complexity between B1 and R5 & R5+?

The maintenance complexity is lower with the B1 compared to R5 and R5+ due to its much simpler periodic maintenance process.

以前に購入したモジュール(ビン、ロボット、ポート、グリッド)に関係なく、B1をシステムに追加することは可能ですか?

はい。ブラックラインは、すべてのレッドラインのモジュールと互換性があります。ただし、高速化に対応できないグリッドにブラックラインを追加するメリットはあまりないかもしれません。

B1のハイスループットとは?また、どのような場合にB1ロボットを使うのでしょうか?

現行のR5ロボットは、最大で毎時5,000ビンのスループットが必要なお客様に最適なソリューションであることが実証されています。レッドラインでは、さらに高いパフォーマンスを実現することが可能ですが、B1はより高い加速性と最高速度を備えているため、大規模な設備ではR5を上回り、シャトルシステムと同等のパフォーマンスレベルを達成しながら2~3シフトで稼働します。

B1バッテリーの充電時間はどのくらいですか?

0%~100%:40~45分
50%~100%:15~20分
75%~100%:8~10分

B1バッテリー1本を使い果たすのかかる時間はどのくらいですか?

B1バッテリーは100-0%で約2時間使用可能です。

新しいモジュールに関するハザードレポートはありますか?また、それらのモジュールは現地のすべての安全規制に準拠していますか?

B1とRelayPortの機械試験と安全試験を行います。

レッドラインとブラックラインでは、DDG、ロボットの設計の違い、リチウムバッテリーの結果として火災の分類が変わりますか?

現在、SDGとDDGを比較するための火災テストを行っています。

B1のロボットボディと重心位置が高いことで、グリッド防護壁の高さは変わるのでしょうか?

グリッド防護壁の高さは、B1とR5で同じです。R5+の場合、追加の安全防護壁が必要です。

ブラックラインに新しいガードレール認定はありますか?

いいえ、R5と同様に認定はありません。このテストは当社の組織内で行われました。

300台以上のロボットが稼働するグリッドで、98%以上の稼働率を維持するための方策は何ですか?

ダウンタイムを最小限に抑えるために、AutoStoreはシステムを停止させることなくトラブルを解決するXhandlerを継続的に改良しています。大規模なグリッドでは、常に複数のサービスエリアを設けることで、アクセス性を高め、ロボットをメンテナンスエリアに移動する際のダウンタイムを減らすことができます。

ブラックラインでは、ロボットの高さが増し、重心の高さも増していますが、SVU(サービス・ビークル・ユニット)のデザインは変わっていますか?

グリッドからロボットを移動するめの方法を変更する必要はありませんので、SVUはそのままです。B1は背の高いロボットのため、サービスウォールは両方のロボットに合わせてアップグレードされています。

各アクセスポイントによってカバーされる範囲はどのくらいですか?

2.4GHz。 最大30台のロボット(最大50台)/標準的な範囲では、APあたり半径25m(最大50m)。

ヨーロッパの古い設備:433 MHz。最大30台のロボット/標準的な範囲は、APあたり半径25m(最大50m)

アメリカでの古い設備。915MHz。最大30台のロボット(最大50台)/標準的な範囲は、APあたり半径25m(最大50m)

もっと調べてみませんか

AutoStore™はどんな倉庫やフルフィルメント施設にも対応できます
次はお客様の番です