よくある質問 ワークステーション

ワークステーション

AutoStore™のポートで期待できるスループットはどれくらいですか?

正確なスループットは様々な要因によりケースバイケースですが、各ポートのスループットは以下の通りです。

  • ConveyorPort:中2階に設置した場合、1ポートあたり240ビン/時間の処理能力を持つように設計されています。床面に設置した場合は、1ポートあたり180ビン/時間のスループットを実現します。
  • CarouselPort:1ポートあたり400ビン/時間を処理するように設計されています。
  • SwingPort:BinLiftと連携し、1ポートあたり170ビン/時間が可能です。
  • RelayPort:1つのPortで最大650ビン/時間を処理できるように設計されています。モジュール式のため、2個から6個のタブモジュールを追加して、より多くのビンをポート内にバッファリングすることができます。
  • PickUpPort:高さ6mのグリッドで、1ポートあたり最大170ビン/時間、ハンドリング時間5秒を実現しました。最大ビン処理能力は、グリッドの高さにより異なります。
  • FusionPort:1ポートあたり最大550ビン/時間まで対応可能です。
  • FusionPort Staging::ソースビン開口部は1ポートあたり最大550ビン/時間、ターゲットビン開口部は1ポートあたり最大400ビン/時間。

 AutoStore のシミュレーションは、ポートのスループットの最も正確な範囲を提供します。

将来の拡張に備えてRelayPort用のポートフレームを設置することは可能ですか?

RelayPortフレームは実際のTabモジュールであり、後から現地で実装することが不可能な電子機器が多く含まれているため、不可能です。ポーランドからは、組み立てた状態で届く必要があります。RelayPortを設置するためには、その場所にある柱をすべて撤去する必要があります。柱をあらかじめ切断しておいても、RelayPortの設置にかかる時間はあまり短縮されません。一般に、RelayPortの設置は比較的簡単な作業です。

ポートは交換可能ですか?

はい。当社は、すべての AutoStore モジュールが既存または新規のシステムで確実に動作するよう努めています。ただし、425 mmのビンは、高さの関係でR5+とB1でのみアクセスおよび移動が可能です。

ポートの安全性はどうなっていますか?

すべてのポート設計は、オペレーターの安全性を考慮し、リスク評価を行い、特定のニーズに合わせてさまざまな安全機能を実装しています。

例えば、FusionPort 、FusionPort Staging、SwingPort、RelayPortには、ビン開口部の周りに安全ハッチがあり、ビンがピッキングの準備ができたときにのみ開き、ビンが動く前に閉じます。

CarouselPortには、感度の高い安全カバーが装備されています。安全カバーが作動すると、ポートでのすべての動作が停止します。

ビン・リフトとはどのようなもので、どのように機能するのですか?

ビンリフトは、異なるフロアでAutoStore ビンを垂直に搬送するリフトです。

ビンリフトでは、ポートとオペレーターをグリッドとは別のフロアに配置したり(G2P)、2つの異なるフロアにあるグリッドを接続することができます(G2G)。これにより、お客様は異なるフロアレベルのスペースを効率的に使用し、ビンの到達範囲を広げることができます。  

G2P。スイングポートと組み合わせて、グリッドの拡張機能を提供します。グリッドとは別のフロアからオーダーピッキングを行うことができ、既存のスペースデザインに柔軟性を持たせることができます。

G2G:異なるフロアにある2つのグリッドを接続し、グリッド間のビンの移動を可能にします。これにより、複数階の倉庫をお持ちのお客様は、スペースを最大限に活用し、ビンの到達範囲を広げることができます。AutoStore Grid-to-Grid Port Managerは、2つの独立したグリッド間のビンのスムーズな移動を保証しますが、お客様の倉庫管理システム(WMS)は、2つのグリッド間のビンの維持とバランスを取る責任があります。

現在、ビンリフト 2.0は、EU、米国、カナダ、日本で販売されています。

現在、該当する製品の承認を得ている国を増やしています。なお、国によっては承認までに時間がかかる場合があります。

詳細はこちらから

AutoStore™はどんな倉庫やフルフィルメント施設にも対応できます
次はお客様の番です