ケーススタディ

ファナックパートロニクス

ファナックパートロニクス、生産量を2倍に拡大

Japan
業種
製造
パートナー
株式会社オカムラ
目次
目次

ファナックパートロニクス株式会社は、2019年に長野本社にAutoStoreシステムを導入しました。同社は70年以上にわたってファクトリーオートメーション(FA)事業を展開しており、今回のプロジェクトで株式会社オカムラと提携しました。

26,000
ビン
8
コンベアポート
6
CarouselPort

ファナックパートロニクス株式会社のファナック(FANUC)はFuji Automatic Numerical Control(富士通数値制御装置)の略で、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなど世界各地に顧客を持ち、機械加工、電気・電子、食品・飲料などさまざまな産業向けの自動化装置を製造しています。同社は、機械加工、電気・電子、食品・飲料など、さまざまな産業向けの自動化装置を製造しています。自動倉庫ピッキングシステムとAutoStoreとの連携を選択したことは、数々の大きな利益をもたらしました。

よりスマートなシステムをスマートに格納

長野の施設にAutoStoreシステムが導入される前、ピッキングは手作業で行われていました。

「狭い倉庫内をカートで行ったり来たりする作業で、時間の半分は歩くことに費やされていました。これは付加価値を生む工程ではありませんでした」と、ファナックパートロニクス株式会社の工場工程管理およびセクションマネージャーの森本道治氏は振り返ります。「工程にかかるこのようなエネルギーと時間の無駄が、AutoStoreシステムを選択する決め手の1つとなりました。」

当時、いくつかの選択肢が検討されましたが、その中にはファナックパートロニクス株式会社にとって馴染みのある自動クレーンの使用も含まれていました。

しかし、ファナックパートロニクス株式会社は倉庫のピッキング速度を向上させたいと考えており、複数の作業者が同時にピッキングできる方法を見つけなければなりませんでした。結局、自動クレーンで高いパフォーマンスを実現するには、膨大なコストがかかることがわかりました。

一方、AutoStoreシステムは、階層化されたグリッドに格納されているため占有床面積が比較的小さく、この問題を解決することができました。

ファナックパートロニクス株式会社のような小規模の会社にはAutoStoreを導入できないのではという懸念が当初あったと、ファナックパートロニクス株式会社の代表取締役社長の塩原順氏は振り返ります。また、同社では、完全自動化を避け、手作業とロボットを組み合わせたライン作りを目指していました。

しかし、最終的に、AutoStoreの導入があらゆる面で最も合理的な方法でした。

{{quote}}

ファナックパートロニクスにおけるストレージ容量の拡大

2019年に導入されたAutoStoreシステムは、建物と設置場所が同時に設計されたため、ファナックパートロニクス株式会社用にカスタマイズされたものとなりました。

倉庫のグリッドサイズは、設置当初1,120平方メートルでしたが、その後1,450平方メートルまで拡張されました。

チームでは、次の事実が共有されています。

  • 現在、アルミグリッドには26,000個のビンがある。
  • 2022年後半にはさらに9,000個のビンを追加する予定。
  • 複数の製品ラインに対応するために2,500個以上のビンを使用。
  • 自動倉庫ピッキングシステムには、8つのコンベアポートと6つのカルーセルポートがある。
  • ビンの拡張に伴い、カルーセルポートが2つ追加される予定。

AutoStoreのメリット

ファナックパートロニクス株式会社にとって、このシステム導入の決定は、以下のような多くのプラスの効果をもたらしました。

  • 高いピッキング速度を保証できること
  • 製造現場では生産に集中
  • ストレージの効率化
  • レイアウトの自由度が高い
  • 拡張性がある
  • リードタイムの短縮
  • 生産量を倍増
  • 高精度なパーツ管理とトレーサビリティ
  • ピッキングエラーを大幅に低減

「リードタイムの短縮により、ワークスペースが拡大・確保されました」と塩原氏は付け加えます。「具体的には、パーツ搬送から製造・出荷までのトータルリードタイムが大幅に短縮されました。」

ファナックパートロニクス株式会社では、生産量が2倍になったら従業員も大幅に増やさなくてはならないと考えていましたが、実際は2人の増員で十分でした。

また、ファナックパートロニクス株式会社のフローに合わせて、各ポート用にカスタマイズされた機能を設計・実装しました。その結果、「何の問題もなくシステムを運用することができました」と、オカムラ営業部長の井上信之氏は結論づけます。

「AutoStoreシステム導入後、生産量は倍増しました。」

塩原 順氏
ファナックパートロニクス株式会社 代表取締役社長

中村 正明
Business Development Manager

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

この事例についてもっと知りたいですか?

自動化の専門家にご相談ください。

送信

詳細は担当者まで

AutoStoreのソリューションなら、あらゆるお客様の倉庫やフルフィルメントセンターに対応できます。 この機会にご検討ください。