目次
自動化
6
分で読めます
2023年9月6日
2023年9月6日

Voice Picking and Its Development Over the Years

This article delves into the world of voice picking, highlighting its past prominence, the reasons for its decline, and why it's still useful.

目次

進化し続けるテクノロジー環境では、さまざまなツールや技術が倉庫やロジスティクス業界に軌跡を残してきました。そのような技術の1つがボイスピッキングです。歴史的に見ると、ボイスピッキングは初期の支援技術として登場し、特に食料品会社のバルクピッキングで活用されていました。今日では他の新技術がボイスピッキングにとって代わったため、様相が少し異なっています。

この記事では、ボイスピッキングの世界を掘り下げ、その過去の隆盛、衰退の理由、そして今なおボイスピッキングが活躍する場面に焦点を当てます。かつてボイスピッキングは倉庫管理において極めて重要な役割を担っていましたが、ケースピッキング技術の台頭により徐々に廃れていきました。今日では、新しいケースピッキング技術より競争力あるボイスピッキングの方が代替手段になり得る低賃金の現場で利用されています。革新的であることとは逆でありながら、ボイスピッキングはこの業界が進化し続けていることの証明にもなっています。

バルク作業におけるボイスピッキングの役割

ボイスピッキングは、音声ピッキングや音声制御による倉庫管理とも呼ばれ、食料品や家具など、バルクピッキングを必要とする業界で主に見られる技術で、バルクピッキング工程の効率性と正確性の両方を高めるために開発されました。簡単に言うと紙媒体、手による操作、視認の必要性がないシステムであり、音声指示により倉庫作業員の作業全体をガイドします。

ボイスピッキングの実例

ボイスピッキングの概要を理解するため、次のような場面を想像してください。食料品や家具のバルクピッキングに特化した倉庫で、作業員がヘッドセットを装着し、音声指示を聞いています。指示とは、「通路5から商品Xを20個ピッキングしてください」といったようなものです。作業が完了すると、作業員はそれを口頭で確認します。システムは情報をリアルタイムで更新し、次の指示を出します。このようにしてピッキングプロセスが最適化されます。

なかなか便利ですよね。では、この方法がバルクピッキングにもたらす具体的なメリットとデメリットを探っていきましょう。

バルク作業におけるボイスピッキングの長所と短所

かつてボイスピッキングは、特に食料品業者向けのバルク作業において主流でした。しかし、今では競合技術に追いやられているというのが、現在の倉庫管理環境における位置付けです。ここでは、かつてボイスピッキングが傑出した選択肢であった理由と、新技術の台頭により存在感が低下しているボイスピッキングの本質的な課題の両方を明らかにします。

1. 正確性と潜在的課題

ボイスピッキングは、明確な音声指示を提供し、口頭での確認を求めることで、手入力のエラーや誤った解釈を減らし、正確性の向上を約束します。即座のフィードバックループにより、誤りは速やかに修正され、顧客が正しい商品を受け取る可能性を高めます。しかし、注意点もあります。特に従業員の多様性や母国語の違いによって、この技術に求められる認識能力が不足することがあるからです。この一貫性のなさが認識エラーを引き起こし、ボイスピッキングが約束する効率性の向上を低下させる可能性があります。

2. 効率性に関する課題

紙のリストや携帯デバイスを必要としない音声ガイドによるピッキングは、作業員が音声の指示に従うだけで迅速に移動できるようにすることを目的としています。理論上、これはワークフローを合理化し、各ピッキングの時間を節約することができます。しかし、特に母国語が異なる作業員の場合、時おり認識に問題が生じるため、この効率性が損なわれることがあります。システムがスムーズに機能すれば、間違いなく業務の上でメリットとなりますが、こうした潜在的な不具合も無視できません。

3. 現代的な発想による安全性と人間工学

ボイスピッキングは手に何も持つ必要がないので、作業員は周囲の環境に気を配りながら両手で商品を扱うことができ、事故を最小限に抑えることができます。この手法は作業員のリスクを減らすだけでなく、倉庫の商品や設備にダメージが生じる可能性を最小限に抑えることができます。紙のリストを扱わなくて済むことによる負担の軽減など、人間工学的な利点も作業しやすさに貢献しています。さらに、ボイスピッキングシステムとフォークリフト誘導システムを統合することで、ピッキング経路を最適化し、さらなる安全性を確保できます。

4. 適応性は高いが、配慮も必要

ボイスピッキングソリューションは、特定の倉庫のニーズに合わせてカスタマイズでき、ビジネスの成長に合わせて拡張できます。システムはさまざまな要件に適応できますが、特に作業員の多様性に伴う音声認識に関する課題を考慮することが重要です。企業がこのような課題を克服し、その可能性を活かしきれるのであれば、音声ピッキングは価値ある長期的な投資対象となり得ます。

5. 言語と方言の問題

多様なアクセントや方言は誤解の原因となりがちですが、多くの先進システムはさまざまなアクセントや言語に適応するように設計されています。しかし、特定のアクセントや方言を正しく理解するには、初期設定に対する較正や微調整が必要になる場合もあります。多言語環境では、従業員が話すすべての言語に対応するシステムを確保することは、なかなか複雑な作業になるかもしれません。

6. 技術への依存

技術に完全に依存するということは、ソフトウェアのバグ、ハードウェアの故障、ネットワークの問題など、システム障害が重大な混乱につながることを意味します。技術に依存する場合には、強固な緊急時対応計画が必要であり、障害が発生しても業務が完全に停止しないよう、冗長システムが必要になる場合もあります。このリスクを軽減するためには、継続的な監視とタイムリーなサポートが不可欠です。

7. コスト削減とROI:過去の経緯

ボイスピッキングは当初、コスト削減と有利な投資収益率(ROI)を見込んで導入されたものでした。主なメリットとしては、エラーの減少、返品関連コストの減少、全体的な生産性の向上が挙げられ、人件費の削減につながる可能性もありました。さらに、ボイスピッキングの安全上の利点により、労災請求が最小限に抑制されることも期待されていました。しかし現実には、特に欧州でのケースピッキング技術の台頭により、ボイスピッキングの採用は大幅に減少しました。

結論として、ボイスピッキングはその最盛期にはいくつかのメリットを提供していましたが、倉庫業界のその後の進化に伴い、ケースピッキングのような技術が注目されるようになりました。このような変遷は、倉庫業において常に新しい作業手法に目を向け、採用していくことの重要性を浮き彫りにしています。

ボイスピッキングの手順と機能

ボイスピッキングシステムは、概して次のように動作します。

1. 倉庫管理システム(WMS)との統合

ボイスピッキングは倉庫のWMSと切っても切れない関係にあります。ボイスピッキングの有効性は、WMSとの統合にかかっています。ボイスピッキングでは、在庫、注文、倉庫のレイアウトに関する重要なデータをWMSから直接取得するという事実からも、両システムの相互接続の重要性が分かります。

2. データを音声指示に変換する

統合に成功すると、WMSタスクは音声指示に変換されます。ウェアラブルデバイス(主にヘッドセット)がこれらの指示を中継し、作業員に正確なピッキング指示を提供します。

3. 作業員との直接対話

音声指示を受けると、作業員は指定された場所に移動して物品を回収します。やり取りは一方的なものではなく、口頭で行動を確認したり、説明を求めたり、指示を繰り返したりすることもできます。この動的な意思疎通は、高度な音声認識技術に大きく依存しています。

4. 即時のフィードバックループ

作業員からの口頭での確認はすべて、即座に処理されます。このリアルタイムなフィードバックシステムは、迅速なエラーの識別と修正に不可欠です。同時に、WMSは更新情報を受信することで、在庫と注文の状態を正確に保ちます。

5. ワークフローの合理化

ボイスピッキングの核心は、作業効率を高めることにあります。明確な音声指示を提供することで、不必要な移動を最小限に抑え、作業員の動線を最適化し、その結果として生産性を向上させます。

6. 安全性の重視

ボイスピッキングでは、安全性を高めるため、あえて手が空いた状態で作業します。リストに記入したり、デバイスを持ったりする必要がないため、作業に完全に集中できます。このような意識の集中により、安全水準を高め、事故の可能性を減らすことが期待されていました。

7. 多様なニーズに適応

ボイスピッキングシステムは、カスタマイズ性が際立っており、多くの言語、方言、作業内容に対応できるように設計されています。こうした適応性により、多様な倉庫環境で役立つ存在であり続け、ビジネスの成長とともに進化することが可能です。

8. 作業員のオンボーディング

この技術を作業員に普及させることは、音声コミュニケーションの普遍的な性質により、比較的円滑に進みます。とはいえ、システムを快適かつ巧みに使いこなすには、継続的な訓練とサポートが必要です。

他の技術やシステムとの統合

時代遅れとはいえ、ボイスピッキングは、RFID(Radio Frequency Identification)、ERP(企業資源計画)システム、そしてご存じのとおりフォークリフト誘導システムなど、さまざまな技術との統合が可能です。

RFIDとの統合

ボイスピッキングとRFID技術を組み合わせることで、作業員は音声指示に従って商品を探し出した後、RFIDを使用して効率的にスキャンできます。この二重方式により、商品を確実に把握することで、常に正確なピッキングが可能になります。

ERPとの統合

ボイスピッキングとERPシステムとを相互接続することで、在庫数、注文明細、発送明細などの重要なデータを容易に一元管理できます。このような統合により、データのリアルタイムな同期が可能になり、倉庫管理の計画性が強化され、精度が向上します。

フォークリフト誘導システムとの統合

ボイスピッキングとフォークリフト誘導システムとの統合が可能になったことは大きな進歩です。これにより、ピッキング経路を最適化し、倉庫全体で作業員を効率的に誘導し、場所間の移動時間を最小限に抑えることができるようになりました。

複数のシステムによる万能性

ボイスピッキングの特徴のひとつは、その柔軟な統合性能です。多くの既存テクノロジーと連携できるため、包括的なシステム刷新の必要性がありません。導入時に生じがちな混乱を減らすことを意図した設計により、企業は既存の技術資産から最大限のリターンを得ることができます。

ボイスピッキングはさまざまな技術と融合でき、効率的な倉庫業務の構築に貢献する可能性を秘めています。しかし、多くの技術と同様に、その隆盛は業界の進歩の波に左右されます。

結論

かつて画期的な進歩だと考えられていたボイスピッキングは、今ではニッチな技術になりつつあります。このガイドで何度か言及したとおり、ボイスピッキングには明確なメリットがある反面、技術の進歩や人件費の高騰を受け、その広範な利用には限界があるようです。一方で、視覚障がい者や特定の自動化されたワークステーションを支援する強力なツールとなる可能性もあります。しかし、そのようなシナリオで真に効果を発揮するには、適切な段取りが不可欠です。ボイスピッキングは、かつての予想に反して、あらゆる倉庫業に広範な革命をもたらす存在ではないかもしれません。意思決定者は、業界の中で自社の状況は常に変化し続けるのだということを念頭に置きながら、自社固有の業務環境に照らしたボイスピッキングの妥当性と持続可能性を徹底的に評価する必要があります。



______________________________________________________

よくある質問

ボイスピッキングの具体例は?

倉庫作業員による倉庫管理システム(WMS)と通信するヘッドセットを装着してのピッキング作業が具体例として挙げられます。システムは作業員に、どの物品をどこで見つけ、ピッキングすればよいかを音声で指示し、作業員も音声指示で行動を確認します。

ボイスピッキングの仕組みとは?

ボイスピッキングは、音声認識技術によって倉庫作業員にタスクを伝えることで機能します。ピッキングの指示を音声に変換し、作業員を正しい場所や物品に誘導し、作業員も音声で行動を確認できるなど、倉庫管理システムと作業員との直接的なやり取りを実現します。

ボイスピッキングの正確性は?

ボイスピッキングは、的確な音声指示とリアルタイムの更新により、ピッキング作業の正確性を向上させることを目的としていますが、依然として手作業によるピッキング作業が含まれ、ヒューマンエラーの可能性が内在していることに注意する必要があります。さらに、システムが音声認識技術と音声による確認に依存しているため、潜在的な障害点が存在し、それらに問題が生じると全体的な正確性に影響を与える可能性があります。

倉庫でのボイスピッキングの仕組みは?

倉庫では、ボイスピッキングは倉庫管理システム(WMS)と統合され、作業員にリアルタイムの音声指示を提供します。これらの指示は、作業員を正しい場所に誘導し、ピッキングすべき物品の詳細情報を提供します。作業員は口頭で応答し、システムはそれに応じて在庫情報や注文情報を更新します。他の技術と組み合わせて使用することもでき、両手を空けた状態で操作できるため、効率性と安全性が向上します。

このトピックについてもっと知りたいですか?

AutoStoreの専門家にご相談ください。
送信
送信

このトピックについてもっと知りたいですか?

AutoStoreの専門家にご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを受け取る