ビジネス

食料品ビジネスに専用のフルフィルメントが必要な理由

Covid-19を受けてビジネスが再開される中、急増や混乱に対応できるサプライチェーンを管理するための最も費用対効果の高い方法は何か、という質問が多く寄せられています。AutoStoreでは、これらの質問に応えるため、このトピックについて4つのパートからなるブログシリーズを執筆しました。最初に取り上げたのは、店内ピッキングの問題です。店内ピッキングは、インフラストラクチャの変更が最も少なく済むため、多くの食料品店が最初に選択する方法です。しかし、この方法は欠点が多いことが判明したため、今回はより実行可能なオプションである専用の店舗外フルフィルメントスペース(ファストピックエリアやダークストアとも呼ばれます)を取り上げます。

ファストピックエリアとダークストアの機能

ファストピックエリアとダークストアは基本的に、店外でピッキングすることによって店内ピッキングの問題を解決するものです。簡単に言えば、オンライン注文を処理するための専用スペースを兼ねた保管場所です(このブログでは、この2つの用語を同じ意味で使っています。主な違いは、ダークストアの方が大きく、より多くの在庫を処理できることです)。

ダークストアやファストピックエリアを活用することで期待できるメリットをいくつかご紹介します。

  • より正確な在庫管理が可能になる。オンライン注文を処理するためのスペースを確保することで、店舗とオンラインの在庫が分離され、両方の在庫を把握しやすくなります。ダークストアでは、オンライン注文を処理している間にお客様が商品を棚から取り出すことがないため、オンライン在庫をより正確に把握できます。
  • スペースを節約できる。ファストピックエリアは、店舗の既存のフットプリントを増やすのにもかかわらず、スペースを節約できるのはなぜでしょうか?ファストピックエリアでは、美的要素(ディスプレイや看板など)や顧客体験要素(広い通路やキャッシャーキオスクなど)が必要ないからです。つまり、ダークストアでは、通常の店舗よりも1平方フィートあたりの在庫の収容量および移動量が増えるのです。
  • 不動産コストを削減できる。これにはいくつかの理由があります。第一に、1つのダークストアで複数の食料品店に対応できるため、不動産コストを分担できます。第二に、客が足を運ぶ店舗とは異なり、好立地である必要はありません。不動産コストが(輸送時間および輸送コストを所与として無理のない範囲内で)最も安い場所にダークストアを設置できます。
  • SKUの管理を最適化できる。食料品店は、商品カテゴリーごとに非常に多くのSKUが存在するため、SKUの管理には常に苦労しています(例えば、「パン」の場合は、「オーガニック」、「全粒粉」、「サワー種」など、考えられるラベルごとに何十種類ものSKUが必要になります)。ダークストアでは、在庫の精度を最適化し、お客様が棚を探し回るという不確定要素をなくすことで、SKU管理が複雑になりがちな保管プロセスやフルフィルメントプロセスを効率化しています。
  • ダークストアはフルフィルメントの精度を高めることができる。 より効率的な在庫システムと、オンラインフルフィルメント専用のスタッフとスペースがあるため、注文のミスや取り違えが起こりにくくなります。
  • 生鮮食料品をより効率的に扱えるようになる。デジタルグロッサリーの長年の課題の1つは、商品ごとに要件が異なることです。肉のように冷凍保存しなければならないものもあれば、野菜のように冷蔵保存しなければならないものもあります。通常の店舗では、店内を歩き回る人やスペースの制約によって注文を処理するためのスタッフやスペースが複雑になることが多いため、これらの要件を満たせないことがあります。ファストピックエリアやダークストアでは、個々の要件により配慮しながら注文を処理できます。
  • 店舗体験をより良いものにする。店舗でのピッキングは、第三者である「買い物客」や自社の従業員によって行われるため、通路が混雑して長い列ができ、買い物客がイライラすることがよくあります。ダークストアでは、通常の店舗の通路が解放されるため、人通りが少なくなり、よりリラックスした買い物体験が可能になります。

また、適切なダークストアやファストピックエリアを活用しているサプライチェーンでは、サービスエリアの拡大、商品の供給力の向上、オペレーションコストの削減などのメリットによって競争力を大幅に高めています。

ダークストアとファストピックエリアがもたらす課題

ファストピックエリアとダークストアは、手動で、AIやロボット技術などの自動化を用いて、またはその両方を組み合わせて運用できます。このような柔軟性を備えているため、顧客がますますeコマースを利用するようになったときや、ロボットテクノロジーがより入手しやすく、より安価になったときに容易に拡張することができます。

もちろん、ダークストアを設立するためには、最初に多額の費用がかかり、店舗のレイアウトと管理システムの抜本的な再構築が必要になります。このような移行は、強力なサポートと明確なビジョンなしには困難です。そのため、専用フルフィルメントセンターの仕組みと利用可能なさまざまなテクノロジーを理解し、このモデルへの切り替えによってビジネスが時間の経過とともにどのように変化するかを認識しておくことが重要です。

ファストピックエリアとダークストアがすでに導入されている場所

閉店した食料品店の中には、ダークストアに転換しているところもあります。例えば、Sam's Clubの3つの店舗は、親会社であるWalmartにサービスを提供する専用のフルフィルメントセンターになっています。2019年後半の時点で、Ahold Delhaize社は、eコマースプラットフォームを強化する計画の一環として、北東部にあるファストピックエリアとダークストアを転換および最適化するために4億8,000万ドルの投資を行うことを発表しています。

驚くことではありませんが、昨今の健康危機により、多くの食料品店がダークストアの導入を加速しています。ここ数か月の間に、Kroger、Whole Foods、Stop & Shop、Giant Foodsなどの国内最大級のチェーン店が、オンライン食料品の需要増加に対応するため、一時的または恒久的なダークストアを開設したと報告しています。

リン・メッツガー
クライアントデベロップメントマネージャー
米国

もっと知りたい?

現地の専門家にご相談ください。

話そう
ビジネス

食料品ビジネスに専用のフルフィルメントが必要な理由

Covid-19を受けてビジネスが再開される中、急増や混乱に対応できるサプライチェーンを管理するための最も費用対効果の高い方法は何か、という質問が多く寄せられています。AutoStoreでは、これらの質問に応えるため、このトピックについて4つのパートからなるブログシリーズを執筆しました。最初に取り上げたのは、店内ピッキングの問題です。店内ピッキングは、インフラストラクチャの変更が最も少なく済むため、多くの食料品店が最初に選択する方法です。しかし、この方法は欠点が多いことが判明したため、今回はより実行可能なオプションである専用の店舗外フルフィルメントスペース(ファストピックエリアやダークストアとも呼ばれます)を取り上げます。

ファストピックエリアとダークストアの機能

ファストピックエリアとダークストアは基本的に、店外でピッキングすることによって店内ピッキングの問題を解決するものです。簡単に言えば、オンライン注文を処理するための専用スペースを兼ねた保管場所です(このブログでは、この2つの用語を同じ意味で使っています。主な違いは、ダークストアの方が大きく、より多くの在庫を処理できることです)。

ダークストアやファストピックエリアを活用することで期待できるメリットをいくつかご紹介します。

  • より正確な在庫管理が可能になる。オンライン注文を処理するためのスペースを確保することで、店舗とオンラインの在庫が分離され、両方の在庫を把握しやすくなります。ダークストアでは、オンライン注文を処理している間にお客様が商品を棚から取り出すことがないため、オンライン在庫をより正確に把握できます。
  • スペースを節約できる。ファストピックエリアは、店舗の既存のフットプリントを増やすのにもかかわらず、スペースを節約できるのはなぜでしょうか?ファストピックエリアでは、美的要素(ディスプレイや看板など)や顧客体験要素(広い通路やキャッシャーキオスクなど)が必要ないからです。つまり、ダークストアでは、通常の店舗よりも1平方フィートあたりの在庫の収容量および移動量が増えるのです。
  • 不動産コストを削減できる。これにはいくつかの理由があります。第一に、1つのダークストアで複数の食料品店に対応できるため、不動産コストを分担できます。第二に、客が足を運ぶ店舗とは異なり、好立地である必要はありません。不動産コストが(輸送時間および輸送コストを所与として無理のない範囲内で)最も安い場所にダークストアを設置できます。
  • SKUの管理を最適化できる。食料品店は、商品カテゴリーごとに非常に多くのSKUが存在するため、SKUの管理には常に苦労しています(例えば、「パン」の場合は、「オーガニック」、「全粒粉」、「サワー種」など、考えられるラベルごとに何十種類ものSKUが必要になります)。ダークストアでは、在庫の精度を最適化し、お客様が棚を探し回るという不確定要素をなくすことで、SKU管理が複雑になりがちな保管プロセスやフルフィルメントプロセスを効率化しています。
  • ダークストアはフルフィルメントの精度を高めることができる。 より効率的な在庫システムと、オンラインフルフィルメント専用のスタッフとスペースがあるため、注文のミスや取り違えが起こりにくくなります。
  • 生鮮食料品をより効率的に扱えるようになる。デジタルグロッサリーの長年の課題の1つは、商品ごとに要件が異なることです。肉のように冷凍保存しなければならないものもあれば、野菜のように冷蔵保存しなければならないものもあります。通常の店舗では、店内を歩き回る人やスペースの制約によって注文を処理するためのスタッフやスペースが複雑になることが多いため、これらの要件を満たせないことがあります。ファストピックエリアやダークストアでは、個々の要件により配慮しながら注文を処理できます。
  • 店舗体験をより良いものにする。店舗でのピッキングは、第三者である「買い物客」や自社の従業員によって行われるため、通路が混雑して長い列ができ、買い物客がイライラすることがよくあります。ダークストアでは、通常の店舗の通路が解放されるため、人通りが少なくなり、よりリラックスした買い物体験が可能になります。

また、適切なダークストアやファストピックエリアを活用しているサプライチェーンでは、サービスエリアの拡大、商品の供給力の向上、オペレーションコストの削減などのメリットによって競争力を大幅に高めています。

ダークストアとファストピックエリアがもたらす課題

ファストピックエリアとダークストアは、手動で、AIやロボット技術などの自動化を用いて、またはその両方を組み合わせて運用できます。このような柔軟性を備えているため、顧客がますますeコマースを利用するようになったときや、ロボットテクノロジーがより入手しやすく、より安価になったときに容易に拡張することができます。

もちろん、ダークストアを設立するためには、最初に多額の費用がかかり、店舗のレイアウトと管理システムの抜本的な再構築が必要になります。このような移行は、強力なサポートと明確なビジョンなしには困難です。そのため、専用フルフィルメントセンターの仕組みと利用可能なさまざまなテクノロジーを理解し、このモデルへの切り替えによってビジネスが時間の経過とともにどのように変化するかを認識しておくことが重要です。

ファストピックエリアとダークストアがすでに導入されている場所

閉店した食料品店の中には、ダークストアに転換しているところもあります。例えば、Sam's Clubの3つの店舗は、親会社であるWalmartにサービスを提供する専用のフルフィルメントセンターになっています。2019年後半の時点で、Ahold Delhaize社は、eコマースプラットフォームを強化する計画の一環として、北東部にあるファストピックエリアとダークストアを転換および最適化するために4億8,000万ドルの投資を行うことを発表しています。

驚くことではありませんが、昨今の健康危機により、多くの食料品店がダークストアの導入を加速しています。ここ数か月の間に、Kroger、Whole Foods、Stop & Shop、Giant Foodsなどの国内最大級のチェーン店が、オンライン食料品の需要増加に対応するため、一時的または恒久的なダークストアを開設したと報告しています。

リン・メッツガー
クライアントデベロップメントマネージャー
米国

もっと詳しく知りたい方はこちら

現地の専門家にご相談ください。

話そう

無料コピーを入手

関連記事

記事
ビジネス

店内ピッキングは有効なフルフィルメントモデルか

店内ピッキングは有効なフルフィルメントモデルか

店内ピッキングは、かつてはeグロッサリーの有効なモデルでしたが、現在はより高速で効率的なMFC、ダークストア、ファストピックエリアに取って代わられています。

昨今、E コマースフルフィルメントは大きな話題となっています。何十社ものサードパーティパートナーが食料品チェーンの関心を引こうと競い合っており、食料品チェーンは最もコスト効率が高く、効率的で拡張性のあるソリューションを求めています。業種関係者は四半期ごとにさまざまなフルフィルメント戦略の新しい側面を見出そうとしていますが、その結果、答えよりも疑問が多く浮かぶことがあります。長期的に有効な戦略と短期的に解決するだけの戦略は何か。プロセスを簡素化・最適化できる新しいテクノロジーは何か。食料品店が持続可能で収益性の高いフルフィルメント戦略を構築しようとする際に直面する最大の問題は何か。

記事
ビジネス

マイクロフルフィルメントセンター(MFC):「ハイパーローカル」

マイクロフルフィルメントセンター(MFC):「ハイパーローカル」ソリューション

マイクロフルフィルメントセンター(MFC)は、食料品店がオンラインで販売する商品を保管・加工するための専用スペースを提供します。

食料品店が利用できるeコマースフルフィルメントモデルに関するベストプラクティスはどのようなものでしょうか?最も費用対効果が高いモデルはどれでしょうか?企業が絶えず変化する新しい電子小売テクノロジーの波をうまく乗り切るにはどうすればよいのでしょうか?AutoStore™では、オンラインフルフィルメントを深く掘り下げ、店舗でのピッキングの複雑さを探った後、注文を処理するための専用スペースを設置することの重要性を確認しました。その結果、ファストピックエリアとダークストアの長所と短所が見えてきました。今回は、「流行のテクノロジー」の第3弾として、食料品店に独自のソリューションを提供するマイクロフルフィルメントセンター(MFC)をご紹介します。

リサーチ
ビジネス

AutoStoreコンシューマーレポート2021

新しいデータは期日内配送がカスタマーロイヤリティーの鍵であることを示している

AutoStore™コンシューマーレポート2021では、YouGov社と共同で8,737名のお客様を対象に実施したオンライン調査から得られたインサイトを使用しています。

2021年には、低価格は顧客ロイヤルティの向上にはつながりません。顧客サービスも同様です。買い物客が何よりも重視しているのは「配送時間」であることが判明しています。それは間違いありません。今日の超高速のeコマースの世界では、早いことは良いことなのです。AutoStore™は、「AutoStore消費者レポート2021年版」のために何千人ものお客様を調査しているうちにこの驚くべきインサイトにたどり着きました。このレポートを今すぐダウンロードし、普通の人々がオンラインや店舗で買い物をするときに同じブランドを何度も繰り返し信頼する気持ちにさせるものは何かをご確認ください。

ホワイトペーパー
ビジネス

食料品の未来

食料品の未来

将来の食料品店は、柔軟なオンラインショッピング、より多くの店舗機能、そしてより良い商品バリエーションを提供するでしょう。その準備はできていますか?

未来の食料品店は、柔軟なオンラインショッピングとより多くの店舗機能を提供し、品ぞろえも良くなるでしょう。その準備はできていますか?