目次
自動化
10
分で読めます
2023年12月10日
2023年12月10日

B2B物流に関する重要な洞察

B2B物流とは何か、そしてその最新の変革とは?AutoStoreを活用して効率的にビジネスを運営するうえでカギとなる動向、課題、戦略をご説明します。

目次

B2B(企業対企業)物流は、グローバルサプライチェーンの中でも極めて重要な要素であり、その特徴は複雑さと動きの激しさです。この記事ではB2B物流を詳細に掘り下げ、それが企業間の商品やサービスの移動をどのように促進かを浮き彫りにしながら、B2B業務の効率性と拡張性に変革をもたらすAutoStoreの役割を、重点的に取り上げます。

B2B物流とは何か?

この記事のテーマを理解するために、B2B物流の定義から始めましょう。一言でいえばB2B物流とは、あるビジネスから別のビジネスへ商品やサービスを販売するプロセスを指します。B2B物流における「顧客層」とは通常、自社以外の企業、組織、職業人などです。彼らは業務や生産活動、またはサービス提供を通じて、ある企業の商品やサービスを利用する「顧客」です。 

B2B物流の例

B2B物流の例として、スポーツシューズやフィットネスウェアなどのアスレチックウェアを製造する企業を考えてみましょう。この企業は、スポーツ用品や衣料品専門の小売チェーンに対して、商品を大量に販売しています。相手の小売チェーンは、ランニングシューズ、ヨガパンツ、その他のアスレチック用品を大量に仕入れ、多数の店舗やオンライン販売用に在庫を保管します。このシナリオでは、アスレチックウェアメーカーはB2B物流を利用しており、一つひとつの商品を最終消費者に直接販売するのではなく、大量の商品をまとめて効率的に小売事業者の元へ移動させています。

B2B物流を完全に理解するために、B2C物流との違いを見てみましょう。

PUMAは、AutoStoreシステムを使用してスポーツシューズやフィットネスウェアなどのアスレチックウェアを保管している小売企業の一例である。

B2B物流とB2C物流の比較  

B2B(企業対企業)物流とB2C(企業対消費者)物流は、注文の構成、頻度、発送方法など、いくつかの点で大きく異なります。こうした点を加味しながら比較を行っていきましょう。

注文構成

B2Cにおける注文は通常、品目数が少なく、数点以内の各種商品で構成されます。対照的に、B2Bの注文は通常、オーダーライン(OL)も数量も多くなります。すなわちB2Bでは1回の注文につき、大量の商品を処理する必要があり、扱う品目が多くなる可能性があります。

注文頻度  

B2Cの顧客は不定期に、必要に応じて注文する傾向があります。一方B2Bの注文は通常、企業が一定のスケジュールで在庫を再発注するため、たいていはより定期的で予測可能です。

配送方法

B2C物流における配送は通常DHL、UPS、その他の配送サービスといった輸送業者を通じて行われ、個々の消費者に小型の荷物を直接届けることに特化しています。B2Bのでは多くの場合、配送単位はより大きく、大量の商品に対応するためにパレットや、時にはトラックが必要です。B2Bの輸送には、貨物輸送業者や専門の物流サービスが使われることもあります。

B2Bでは多くの場合、配送単位はより大きく、大量の商品に対応するためにパレットや、時にはトラックが必要な場合もある。

顧客との関係

B2B物流では通常、他のビジネスとの長期的な関係を構築するのに対し、B2Cは個々の消費者との取引が中心です。

カスタマイズと交渉

B2B取引では通常、商品やサービスのカスタマイズが進んでおり、価格や条件、納期に関する交渉も高度化します。

マーケティングと販売プロセス

マーケティングと販売の手法に関して、一般にB2Bでは関係の構築と長期的な価値の提示を重視する一方、B2Cでは個人のニーズや好みへのアピールに重点を置きます。

要約すれば、B2C物流に比べて大規模で頻度の高い注文を扱うB2B物流は、発注量が多いため異なる出荷ロジスティクスを必要とし、販売や顧客関係の管理もより複雑なものになります。

B2B物流の各段階  

ここではB2B物流の過程を、段階ごとに詳しく見ていきましょう。

  1. 在庫管理:この段階は、出荷可能なすべての商品を把握するうえで非常に大切です。効果的な在庫管理によって、過剰在庫を抱えることなく、注文に対応できる十分な在庫を確保できます。
  2. 注文処理:企業が発注すると、販売業者はその注文を処理し、出荷準備を行います。たとえば注文内容の確認、選択された商品が正しいかどうかの確認、梱包プロセスの開始などです。  
  3. 梱包と取り扱い:輸送中の損傷を防ぐため、商品はしっかりと梱包されます。この段階は壊れやすいものやデリケートなものには特に重要で、追跡や特定をしやすくするために適切なラベリングを行います。
  4. 輸送と物流:この段階には、倉庫から顧客まで商品を届けるための物流が含まれます。最も効率的な輸送方法の選択、配送ルートの計画、確実に時間どおりの配送を行うための出荷スケジュールなどもこの段階です。  
  5. 配送:これは、事業クライアントの所在地に商品を配送する物理的な行為です。多くの場合、商品到着時に顧客が商品を受け取り、処理する準備が整っているように、顧客との調整が必要です。
  6. 顧客関係管理:納品後、顧客との良好な関係を維持することが大切です。たとえばフィードバックのためのオープンな連絡窓口の用意や、納品後の懸念事項への対応、そして今後の取引で顧客により良いサービスを提供するための将来的なニーズの把握などがあります。

結論として、こうした各段階がB2B物流の中核であり、生産からエンドビジネスユーザーへのスムーズな流れを実現します。  

梱包の段階は壊れやすいものやデリケートなものには特に重要で、追跡や特定をしやすくするために適切なラベリングを行う。

技術と自動化によるB2B物流プロセスの変革

技術と自動化の進歩はB2B物流の状況を大きく変化させ、柔軟性と効率を高めながら、労働力不足や空間的制約といった重要な課題に対処している。  

ピッキングプロセスの自動化

自動化は、B2B物流におけるケースピッキングとアイテムピッキングの両方に革命をもたらしました。ロボットと高密度ストレージソリューションの使用によって、スペースと労働力の問題に取り組むだけでなく、柔軟性も実現します。自動化システムによって多種多様な注文サイズや商品グループを効率的に管理でき、各品目を物理的にスロッティングすることなく、一つの物流センターから各店舗へサービスを提供できます。

技術と自動化の進歩はB2B物流の状況を大きく変化させ、柔軟性と効率を高めながら、労働力不足や空間的制約といった重要な課題に対処している。

配送におけるAutoStoreのメリット  

B2B物流センターの自動化にあたって、AutoStoreシステムには特筆すべきメリットがいくつもあります。

  • 高い保管密度: AutoStoreは、利用可能なスペースを最大限に活用する製品市場の中でも屈指の高密度を誇る自動化ソリューションです。この高い保管密度は、特にスペースが限られている環境にとって大きなメリットです。垂直スペースを効率的に使用し、通路スペースを最小限に抑えることで、より小さな設置面積でより多くの商品を保管できます。  
  • 柔軟性と拡張性:このシステムは適応性に優れているため、さまざまなビジネスの規模やニーズに対応できます。こうした柔軟性により、成長や処理性能の要件の変化に応じた調整が可能になります。さらに、モジュール式であるため、既存の配送施設に導入しやすくなっており、大規模な総点検は不要です。
  • 他の技術との適合性:AutoStoreはピッキングロボットや自律移動ロボット(AMR)など、他の先進技術とシームレスに統合できます。こうした適合性により、保管と検索のさまざまな側面の自動化が実現するため、配送プロセスの全体的な効率が向上します。  
  • インテグレーターの世界的ネットワーク:このシステムは、世界中の経験豊富なインテグレーターのネットワークによって支えられています。こうしたインテグレーターは各物流センターの具体的なニーズにしっかりと対応しながら、システムの効率的な導入を支援します。
  • 将来を見据えた設計:シャトルシステムなどの他の技術とは異なり、AutoStoreシステムは拡張しやすい設計です。利用可能な新しいコンポーネントがあれば組み合わせて使用できるため、技術の進歩に合わせて進化でき、長く使えるソリューションと言えます。  
  • エネルギー効率: AutoStoreシステムはエネルギー効率に優れた設計のため、従来の保管システムと比較して消費電力を大幅に抑えられます。実際、AutoStoreのロボット10台が消費する電力は、掃除機1台程度です。こうしたサステナブルな設計はコスト効率に優れているだけでなく、業務運用における環境責任の重要性の高まりにも合致します。

以上のような特徴を併せ持つAutoStoreは、B2B物流の領域における先進的なソリューションです。AutoStoreは配送プロセスを合理化し、拡張性を高め、より高いレベルの環境持続可能性を取り入れることにより、物流業界の新基準となっています。  

ベネトンがAutoStoreを活用して、B2CとB2B双方の注文に対応した事例を見る。

次に、B2B物流センターが直面する課題と、AutoStoreを活用した対処方法について見てみましょう。   

B2B物流センターが直面する課題

B2B物流センターの業務は、注文の性質や顧客のニーズに応じて幅広く、複雑です。

大規模で複雑な注文

大きめの出荷や大量の注文、特に店舗などの配送先向けに同系統でグループ化された注文を処理する場合、オーダーピッキングと梱包を綿密に順序立てることが必要です。これを解決するには、高度な受注管理システムと自動仕分け技術を統合するなどの方法でプロセスを合理化し、正確性を高める必要があります。  

複雑な注文と統合

アイテムピッキングとケースピッキングを混在させなければならない場合も、課題が生じます。倉庫の別々のエリア同士を調整する二段階のオーダーピッキングが必要だからです。オーダーピッキングに段階的な手法を採用し、高度な倉庫管理システム(WMS)を使用すれば、こうした複雑なケースも効果的に管理できます。

スペースの制約から来る、頻度の高い配送

顧客はスペースを効率的にやり繰りするために少量かつ多頻度の配送を好む場合が多く、物流センターでは配送スケジュールの最適化という課題が浮上します。「ジャスト・イン・タイム」配送の原則を実行し、配送のルート計画を改善すれば、コストの上昇を抑えながら配送頻度の増加に対応できるでしょう。  

全体としてB2B物流センターには、複雑な注文の管理や頻繁な配送スケジュールへの対応といった特有の課題がありますが、技術や戦略的な物流計画の活用により、効果的な解決策が得られます。

AutoStoreがB2B物流に役立つ理由

AutoStoreのAS/RSは、B2B物流センターの効率性と拡張性を高めるうえで重要な役割を果たしており、その柔軟性と適応性によって幅広い倉庫サイズと業務ニーズに対応できる、価値ある資産と言えます。B2B物流センターにはAutoStoreのキューブ型ストレージソリューションの導入をお勧めする理由をご説明します。  

さまざまなサイズの倉庫に対応

AutoStoreは小規模な倉庫から大規模な業務まで、さまざまな規模の物流センターに対応できる設計です。そのシステムは処理性能が低い環境にも高い環境にも適しており、汎用性の高さを実証しています。倉庫のニーズが業種、商品タイプ、市場の需要によって大きく異なるB2B物流において、こうした能力は極めて重要です。高い保管密度を誇るAutoStoreのシステムによって、多くのB2B物流センターではブラウンフィールド(既存地)を活用でき、不動産コストの大幅な低減に成功してきました。  

AutoStoreで実現する拡張性と成長性

AutoStoreシステムの主なメリットの一つは、拡張性の高さです。物流センターはシステムとともに成長し、適応していくことができます。

  • 小さく、早く始める:物流センターには、まずAutoStoreを小規模に導入することをお勧めします。特に棚やピックカートのような柔軟性に欠ける技術は、避けた方が無難です。最初からAutoStoreを導入することで、より効率的で適応力のある基盤を作ることができます。
  • 変化と成長を予測する:物流センターの成長に合わせて、AutoStoreは需要の増加に対応し、拡張できます。こうした柔軟性は、市場の状況や顧客の要求が急速に変化するB2B物流において極めて重要です。
  • ブラウンフィールドプロジェクト:前述したように、既存の運用に統合することもできるAutoStoreは、業務を継続しながら拡張や調整が可能であり、現行のプロセスを中断せずに最新化を図りたい物流センターにとっては理想的です。
  • 柔軟な調達・開発戦略: AutoStoreは、シングルソーシングやマルチベンダー戦略、共同開発など、さまざまな戦略に役立ちます。こうした柔軟性により、B2B物流センターは物流および保管ソリューションを自社固有のニーズに合わせてカスタマイズでき、進化する市場動向や運用上の課題に効果的に対応できるようになります。

結論として、AutoStoreはさまざまな倉庫規模への対応から、拡張可能な成長と柔軟な運用戦略の実現まで、B2B物流センターにとってさまざまなメリットを提供します。変化の激しい市場環境の中で、効率性と高い対応力を目指す物流センターにとって、適応性を誇るAutoStoreは価値ある戦力となります。  

次に、画期的なイノベーションや新たなトレンドを掘り下げていきましょう。

AutoStoreはさまざまな倉庫規模への対応から、拡張可能な成長と柔軟な運用戦略の実現まで、B2B物流センターにとってさまざまなメリットを提供する。

B2B物流の最新トレンド

B2B物流業界は進化する市場の需要や物流の課題を反映し、大きな変化を目の当たりにしています。ここではいくつかの新トレンドについて、簡潔に予測してみましょう。  

在庫の集約と可視化:効率化のために在庫を集約するか、もしくは分散した在庫の可視性を高めて在庫管理を改善するか、どちらかの傾向が見られます。  

頻度の高い小口配送:企業の間では頻度の高い小口注文を好む傾向が強まっているため、配送センターはより柔軟に対応する必要があります。  

翌日配達への期待:消費者市場のトレンドを反映して、B2B取引においても翌日配達への期待が高まっています。

都市部への近接:都市部のスペースは限られているため、よりスピーディで効率的なサービス提供を目指す物流センターは、都市近郊に重点を移しつつあります。マイクロフルフィルメントセンター(MFC)について詳しくはこちら

よりスピーディで効率的なサービス提供を目指す物流センターは、マイクロフルフィルメントセンターを導入して都市近郊に重点を移しつつある。

まとめ

結論として、B2B物流は、発注量の多さや複雑な価格体系、関係性重視のアプローチなどを特徴とする多面的な領域です。AutoStoreシステムの導入など、技術と自動化の出現によって、B2B物流プロセスの効率性と拡張性は大きな変革を迎えています。独自の課題に直面し、新たなトレンドを取り入れながら、B2B物流センターは市場の需要の変化に適応し、進化を続けています。この分野の進歩にともない、こうした変化への理解と適応は、競争の激しいB2B物流の環境下で成功を収めようとする企業にとって欠かせないものとなるでしょう。  

よくある質問

B2B倉庫とは?

B2B倉庫業では、大量発注や工業製品を中心に、企業間取引向けの商品を保管します。  

B2B販売業者とは?

B2B販売業者はサプライチェーンの仲介役として、商品やサービスを他のビジネスに販売します。

倉庫業界におけるB2BとB2Cとは?

B2B倉庫業は大量発注を行うビジネスを顧客としてサービスを提供します。一方、B2C倉庫業はスピーディな配送で個々の消費者の注文に重点を置いています。  

物流におけるB2Bとはどのような意味?

物流におけるB2BとはBusiness-to-Business(企業対企業)の略で、企業間の取引やサプライチェーン管理を指します。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手

該当する項目はありません。