目次
自動化
8
分で読めます
January 9, 2024
January 9, 2024

サードパーティー・ロジスティクス向けの倉庫の自動化:注目すべき主要機能

業務の最適化に取り組む3PL(サードパーティー・ロジスティクス)プロバイダーは倉庫の自動化への関心を高めていますが、どの機能が実際に新たな価値を最も多くもたらすのでしょうか?

目次

Most warehouse operations are complex. But that complexity can get multiplied several times over for 3PL (third-party logistics) providers. Often, you’re not just dealing with one customer base, one online channel for ordering, one product type or category, one delivery region, etc. Instead, you might need to be dealing with multiple product types, all with different storage and picking requirements, compliance regulations, and so on.

そのため、全体的な効率化と最適化が目標であることはあらゆる倉庫業者にほぼ共通しているものの、3PLプロバイダーには、たいていの場合、考慮しなければならない事柄が通常の倉庫業務以外にも多くあります。手動で倉庫を運営する3PL事業者の場合、複数の既存顧客や商品セグメントの管理に奮闘することになる可能性が高くなります。それぞれが独自のワークフローや設備を持つ顧客や商品ラインごとに個別の保管場所やフルフィルメントを行うスペースの確保が必要になることもあります。

{{cta1}}

事業を維持・成長させるためには、品質を落とすことなく契約価格の競争力を保つ方法を常に見つけていかなければなりません。ここで重要となるのが、1ピッキングあたりの運用コストを下げながら、1平方メートルあたりの収益を向上させることです。これにより、コストを削減し、より魅力的な価格を提供することが可能になります。

大口顧客1社に対して新たな商品ラインへのサービス提供を拡大するにしても、新規顧客向けに倉庫フロア内にスペースを確保するにしても、増加した在庫を詰め込んだり、さらに多くの処理プロセスを行うスペースを確保するのに苦労して、1平方メートルあたりの収益に悪影響が及ぶことは避けなければなりません。

コストと品質を両立させる

それでは、3PLの倉庫管理業務や物流業務に倉庫の自動化を導入することを検討する際にどのような特徴や機能に注目すれば、自動化に対する投資を合格点レベルではなく目覚ましい成果に変えることができるのでしょうか?自動化技術は幅広く、多様なユースケースに適用できるため、選択肢の多様さに圧倒されてしまいがちです。  

個々の作業とプロセスの迅速化や改善、自動化を図るのと並行して、できるだけ多くのプロセスやワークフローを組み合わせて凝縮することを全体的な目標に設定することが可能です。複数の顧客や商品タイプを1つのワークフローにまとめることで、倉庫のパフォーマンスと生産性における重要な領域をいくつか最適化でき、営業利益の改善へとつなげることができます。

本ブログでは、3PLプロバイダーのパフォーマンスを向上させる上で倉庫の自動化機能を効果的に活用できる方法に焦点を当て、倉庫の自動化機能について概要をまとめています。本ガイドの目的は、業務の最適化に役立つ実用的な分析情報を提供することであり、顧客に提供するサービスを向上させるための重要な戦略について特に取り上げています。

1.スペースのより良い活用とストレージ容量

1平方メートルあたりの収益性を最大化させ、提供するサービスの質も向上させましょう。

2022年の調査で、3PLプロバイダーが直面している世界共通の最重要課題は容量であることが明らかになりました。  

通路と棚が存在する従来の倉庫レイアウトでは、本来利用できるはずの膨大な保管容量が活用されずにいます。


密度

既存の倉庫施設の収益性を高める「最も簡単な」方法のひとつは、保管密度を高めること、つまり1平方メートルあたりの保管商品の量を増やすことです。AutoStoreのキューブストレージソリューションをはじめとする自動保管・回収システム(AS/RS)は、一般的な手動倉庫の保管容量を最大で4倍にすることが可能です。

容量が増えれば、運用コストを削減する上での柔軟性が格段に上がります。

  • 他のプロセス用スペースの確保、既存顧客の在庫容量の増強、新規の顧客やセグメント向けスペースの確保をニーズに応じて行うことができ、フロアスペースの拡張も必要ありません。  
  • 複数の商品カテゴリーや顧客業務を単一の設備一式に収容することを実現しやすくするために、非常に幅広く多様な商品に対応できるソリューションを探してください。
  • 自動化された高密度ストレージの活用によって、ストレージに必要な設置面積を削減することを目標にすると、顧客や商品の種類ごとに分けられたゾーンを複数確保することの必要性が少なくなります。

柔軟性

もちろん、あらゆるSKUを単一のソリューションに統合することが常に100%可能なわけではありません。例えば、大型/特大の商品や、医薬品のように顧客が厳しい保管要件を求める場合には、それに適応する必要があるかもしれません。

  • 大型の機器の中には、最低限確保しなければならない稼動スペースがあるものもあります。必要に応じて他の機器と併用できる柔軟なソリューションを探してください。
  • 例えば、AutoStoreはほぼすべてのフロアプランに合わせて構成でき、フロアの形状や角が不均一であってもぴったり合わせることができる抜群の柔軟性を備えています。多くの顧客はこれを利用して、重量物の搬送に使用される機材を備えたエリアのような規格外の商品に特化した小規模なスペースとともに、商品を保管する大部分のスペースを管理しています。

モジュールを使ったスケーリング

事業規模が拡大するにつれて、ストレージ容量を増やすことの必要性が、そこの成長を支え、維持する上で重要な側面となっていくでしょう。ただし、全体的なストレージを増やしても、日常業務に及ぼされる影響は最小限か、まったくないことが理想です。

  • 現在のニーズを満たすだけでなく、長期にわたる業務の停止や生産性の大幅な低下を招く大規模な設置工事をせずに新たな容量を簡単に追加できるモジュール式ソリューションを探してください。
  • 単一障害点のないシステムを試して選ぶようにしてください。1台の機器の障害によりワークフロー全体が停止し、複数の顧客を扱う業務が停止するような事態が起きてはなりません。

2.迅速なオーダーフルフィルメントが実現するより良い顧客体験

1ピッキングあたりのコストを下げ、営業利益率の競争力を向上させる機能を活用しましょう。

手動の倉庫や物流センターでは、通常、顧客ごと、または各商品セグメントごとにオーダーフルフィルメントを行うゾーンを分けて設置しなければなりません。また、商品のピッキングにかかる移動距離や移動エリア数は注文元の顧客やカテゴリーによって異なり、ピッキングを正確に予測することはさらに困難になります。適切な倉庫自動化ソリューションは、オーダーフルフィルメントを行うための複数のワークフローとプロセスを単一の設備一式にまとめられるようにして業務の生産性に最大の価値を加え、効率を大幅に改善します。さらに、倉庫で利用するさまざまなタイプの機器の数を減らすのにも役立ちます。

{{cta2}}

スピード

密度と同時にオーダーフルフィルメントのスピードも速めるソリューションを探す必要があります。自動化されたピッキング・ソリューションでは、手作業の場合は分単位で測定していた平均ピッキング時間を秒単位で測定できるようになります。

自動ピッキングソリューションの特長

  • 商品の所在が突き止められてフルフィルメント・チームまで届けられるため、物理的に商品を探して回収するために長距離を移動する必要はありません。
  • 異なる商品セグメント/顧客用に複数エリアを組み合わせることができれば、この効果はさらに大きくなります。
  • 自動ピッキングソリューションによって最高水準のフルフィルメントを手に入れた顧客は、迅速な配送を求める消費者の高まり続ける期待に応えられるようになります。
  • AutoStoreのような自動ピッキングシステムでは、在庫を保管グリッド内で混在させることができます。商品の場所を決める基準は、それが大量の商品/ビンであるかどうかということだけです。
  • 1つのグリッドにまとめられた顧客や商品セグメントの数に関係なく、すべてのビンやトートはグリッドの最上段に配置されます。そのため、頻繁に注文が入る高需要の商品は当然、常に上段のさらに上の方に配置されるため、大量のSKUのピッキングを迅速化し、注文発送までの時間を短縮することができます。

正確性、効率性、注文品質

自動化ソリューションは、時間を節約するだけでなく、同じ量の注文を処理するのに必要なリソースを最小限に抑えて、ワークフローの生産性を高めます。それぞれに独自の機器がある複数の保管エリアの置き換えだけでなく、個別の補充プロセスとピッキングプロセスを1つのプロセスに凝縮することも検討できます。

エラー率は営業利益を圧迫するため、いかなるフルフィルメントプロセスにとっても、文処理の正確性が非常に重要です。しかし、標準的な契約には通常、サービスレベル契約(SLA)が含まれており、取り決められた配送率やパフォーマンスを維持できなかった場合の罰則が定められているため、3PLプロバイダーに特に影響を及ぼします。

ソリューション

  • 複数の商品や顧客セグメント用の単一の自動ピッキングソリューションによって、フルフィルメントは注文処理の正確性を大幅に向上させることができます。スループットが向上しスピードが加速しても、この単一システムの方が複数の手作業を同時進行させるよりも正確であることが実証されています。
  • 全顧客の注文処理の正確性を高めることで、提供するサービスの質を高めながらコストを削減できます。
  • 機器の種類が少なければダウンタイムが発生する可能性も少なくなり、メンテナンスや整備の必要性を減らすことができます。
  • 機器やワークフローの種類が減ることは、人件費の削減に繋がります。
  • より少ないチームメンバーで同じ注文量のピッキングをこなすことができます。
  • 異なる顧客や商品カテゴリーに対して単一のプロセスを円滑に進める熟練作業員の必要性を減らすことができます。

3.統合と強化されたデータの可視性

真の分析情報と最適化に適したテクノロジーで業務を拡大しましょう。

目標が既存の契約の維持であれ、新規の顧客やセグメントによる成長であれ、正確なリアルタイムのデータは、全体的な業務と倉庫のパフォーマンスを効率化するのに役立ちます。運営コストの削減も助け、その結果、顧客にさらに競争力のある料金を提供したり、利益を向上させたりすることにも繋がります。

相互運用性

相互運用性を核とするテクノロジーとシステムを探しましょう。プラットフォームやプロセス全体にわたり、データの可視化を可能な限り進めてください。

  • 在庫管理とパフォーマンスを継続的に最適化するために、WMSやERPなどの既存の主要システムと、顧客の主要な注文プラットフォームを統合できるようになります。
  • 標準的な統合機能を提供するソリューションもありますが、まさに必要なデータフローや機能を取得するためのカスタム統合を構築する柔軟なオープンAPIを活用できるようになります。

簡単なまとめ

多くの3PLプロバイダーにとって、自動化を導入すべき時が到来しました。しかし、自動化に対する投資を、短期で成果が出る解決策と捉えるべきではありません。

よく練られ、考え抜かれた投資プロジェクトは、事業成長の機会を開拓するものであるべきです。ここでは、3PLプロバイダーが成長に向けた強固な基盤を築く上で考慮することが求められる主な機能について簡単にまとめました。

  • 1平方メートルあたりの収益を可能な限り最大化し、保管密度を高めるソリューションを特定しましょう。
  • 全体的な生産性とスループットを最適化して営業利益を削減できるテクノロジーを選択しましょう。
  • 複数の顧客/商品セグメントを単一の設備一式にまとめてみましょう。
  • 自動化は日常業務を支援でき、さらに、急速な事業成長を支え、新規の顧客や商品ラインの獲得をすぐに実現することが期待できます。
  • モジュール設計のソリューションを探し、総稼働能力を簡単に引き上げてください。
  • 使用中の全システムとワークフローにわたってデータの可視性をサポートできるソリューションを選択しましょう。
  • サードパーティと自在に統合できるように、真の相互運用が可能なソリューションを選びましょう。
  • 今後、事業規模の拡大に伴い、次世代のテクノロジーと統合する可能性が生じるでしょう。
  • すべての顧客と商品セグメントにわたってパフォーマンスとデータ管理を最適化する必要があります。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
2024年以降の3PLの競争環境
Blog Article

Read Now
Read Now
2024年以降の3PLの競争環境
Blog Article

Read Now
Read Now
2024年以降の3PLの競争環境
Blog Article
Read Now
Read Now
2024年以降の3PLの競争環境
Blog Article
Read Now
Read Now
2024年以降の3PLの競争環境
Blog Article
Zeek Logistics Case Study
How AutoStore enables Zeek to fulfill its promise of same-day shipment

Read Now
Read Now
Zeek Logistics Case Study
How AutoStore enables Zeek to fulfill its promise of same-day shipment

Read Now
Read Now
Zeek Logistics Case Study
How AutoStore enables Zeek to fulfill its promise of same-day shipment
Read Now
Read Now
Zeek Logistics Case Study
How AutoStore enables Zeek to fulfill its promise of same-day shipment
Read Now
Read Now
Zeek Logistics Case Study
How AutoStore enables Zeek to fulfill its promise of same-day shipment
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手