目次
自動化
10
分で読めます
2023年10月16日
2023年10月16日

注文処理の正確性を高め、ミスを回避する5つの方法

倉庫管理における注文処理の正確性とその改善方法について解説します。効率的な業務を目指す上での落とし穴、解決策、そしてAutoStoreの自動保管・回収システムのメリットを詳しく見ていきましょう。

目次

顧客からの要求が絶えず変化しているこの時代、倉庫管理業における注文処理の正確さの重要性はいくら強調してもしすぎることはありません。商品の迅速な発送と注文処理の正確性は、業務コストと顧客満足度の交差路上に位置します。ミスにつながる落とし穴を理解することから、正確性を測定する指標を使いこなし、AutoStoreのような最先端のソリューションを導入することに至るまで、注文処理の正確性を完璧に保つ努力は非常に重要です。

この記事では、注文処理の正確性を高めることが、いかに業務コストを削減するだけでなく、顧客満足度を高め、より効率的で評判の良い倉庫運営につながるかについて深く掘り下げていきます。

注文処理の正確性とピッキングの正確性

複雑な倉庫管理・物流の世界では、オーダーフルフィルメントを取り巻く用語は時に混同されやすいものです。その2つの用語とは、注文処理の正確性とピッキングの正確性です。これらは相互に結びついており、依存関係にありますが、サプライチェーン全体に対してそれぞれ異なる影響力を持ちます。混乱を避けるため、これらの違いを正しく理解してから、注文処理の正確性を向上させる方法を掘り下げていきましょう。

注文処理の正確性の定義

注文処理の正確性とは、注文が入った瞬間から最終的に顧客の手元に届くまでの全体的な流れを包含しています。販売時点で正しい情報が入力されていることを確認することから、配送や請求に必要な情報が正確であることを確認すること、そして商品が時間どおりに正しい場所に良い状態で配達されることまで、すべてを網羅します。注文処理の正確性は包括的な指標であり、注文の完全な履行に影響しうるすべての変数を考慮に入れます。

注文処理の正確性は、注文が入った瞬間から最終的に顧客の手元に届くまでの、注文処理の全工程を網羅します。

ピッキングの正確性の定義

ピッキングは、オーダーフルフィルメントプロセスの中の具体的な要素であり、注文を履行するために商品を保管場所から実際に取り出す段階を意味します。ここでの正確性とは、正しい商品を正しい数量だけ確実に選択することにあります。この段階でのミスは、返品や払い戻し、ひいては顧客満足度の低下へと連鎖する可能性があります。ピッキングは注文処理の正確性を高めるための重要なステップのひとつに過ぎませんが、ピッキングを正しく行うことは、プロセス全体を円滑に進める上で非常に重要です。

関連記事:ピッキングの手引き - 効率性向上の秘訣

要するに、注文処理の正確性がオーダーフルフィルメントプロセス全体を俯瞰するものであるのに対し、ピッキングの正確性は商品の選択という主要なステップに焦点を当てたものです。どちらもそれ自体が重要ですが、その違いを理解することは、より効果的に改善点に対処するために不可欠です。

ピッキングの正確性は、注文を履行するために実際に商品を保管場所から取り出す段階に関するものです。

注文処理の正確性の向上=コスト削減と顧客満足度の向上

ピッキングの正確性と注文処理の正確性を明確に区別することで、注文処理の正確性を高めることのメリットを認識し、その改善に投資する意義をさらに明確にすることができます。

ここからは、注文処理の正確性を高めることが、どのように収益に直結し、顧客満足度を高めるかについて説明します。

1. 大幅なコスト削減

返品と再発送の削減:注文処理にミスが生じると、返品や正しい商品の再発送が必要になることがよくあります。このような事例を減らすことで、企業は関連する物流コストや資材コストを回避できます。

無駄の削減:生鮮食品を扱う企業にとって、賞味期限が短い商品を正しくピッキングすることは、無駄を減らすことを意味します。これは利益率の向上に直結します。

2. リソースの有効活用

生産性の向上:そもそもピッキングが正確に行われれば、担当者はミスの修正に時間を費やす必要がなくなり、同じ時間枠でより多くの注文を処理できるようになります。

在庫レベルの最適化:注文システムが正確に機能すれば、過剰在庫や在庫切れが少なくなるなど、在庫の流れが効率的になり、倉庫スペースの最適な利用や保有コストの削減につながります。

3. 顧客満足度の向上

より迅速な納品:注文処理の正確性が向上することで、処理や出荷の遅れが少なくなります。このことは、顧客がより早く注文品を受け取り、全体的な顧客体験が向上することを意味します。

信頼と信用:常に正確に商品を提供することで、ブランドは信頼と信用を確立できます。これは既存顧客の維持につながるだけでなく、口コミによる強力なマーケティング手段としても機能します。

4. 競争力の向上

ブランドの評判:このデジタル時代では、否定的なレビューは急速に広がって行きます。注文処理の正確性を確保することで、企業は否定的なフィードバックを回避し、ブランドの評判を守り、高めることができます。

ロイヤルティとリピート客:満足度の高い顧客は、リピート購入をする可能性が高くなります。顧客の期待に応え、それを上回るサービスを提供することで、企業はロイヤルティの高い顧客層を広げ、安定した収益につなげることができます。

5. 無形のメリット

従業員の士気:エラーを減らすシステムは、エラー修正に伴うストレスや不満を減らすこともできます。このことは、より前向きな職場環境をもたらし、従業員の士気を高め、離職率を低下させます。

戦略的意思決定:注文処理の正確性を高めることで、データの信頼性が高まります。これにより、マーケティング部門、営業部門、業務部門などで、より的確な戦略的意思決定を下すことが可能になります。

つまり、注文処理の正確性を向上させるメリットは、コスト削減、市場におけるブランドの信頼性と信用の向上、従業員と顧客の両方がより満足する環境づくりなど、業務効率をはるかに超えたところにまで及びます。こうしたメリットの波及効果は、長期的には飛躍的な成長や成功へとつながることがよくあります。

ピッキングのミスは、利益率を低下させ、返品が生じ、カスタマーサービスとのやり取りを増やし、売り逃しにつながります。

注文処理のミスの原因

注文処理のミスの原因を特定することは、それを回避する方法を理解する上で非常に重要です。ピッキングのミスは、利益率を低下させ、返品が生じ、カスタマーサービスとのやり取りを増やし、売り逃しにつながります。このようなミスの根本的な原因はさまざまですが、主な理由の一部を次のとおりご紹介します。

  • ピッキングミス:ピッキングミスとは、注文された商品によく似た商品、または全く異なる商品が、指定された場所から誤って選択されてしまうことです。これは多くの場合、よく似たパッケージやラベルの商品が近くに置かれていることが原因です。
  • 数量の誤り:ピッキングチケットを読み違えるなどの単純な人的ミスにより、2つ注文された商品を1つだけピッキングしてしまったり、その逆が起こったりします。その影響は、顧客満足の低下から売り逃しにまで及ぶ可能性があります。
  • 先入れ先出しの問題:商品によって品質保持期限が異なる場合、先入れ先出しを怠ると、品質保持期限が迫っている商品がピッキングされずに残ってしまう可能性があります。この見落としは、特に腐りやすい商品にとって問題であり、最終的に廃棄せざるを得なくなる恐れがあります。
  • 情報過多:ピッキングリスト、バーコード、棚の位置、商品説明など、情報が多すぎてピッキング担当者が混乱することがあります。提供される情報が過剰になると、必然的に失敗の余地が広がります。
  • 生産性と正確性のジレンマ:生産性と正確性の間で綱引きが起こることもよくあります。商品のスキャンや徹底的な品質チェックなど、正確性を高めるためのステップを実施すれば、より良い結果が得られるかもしれませんが、スピードが犠牲になり、全体的な効率に影響が出るかもしれません。

このような落とし穴とその根本原因を包括的に把握することで、倉庫は事前対策を立てやすくなります。このような取り組みは、ミスを防ぐだけでなく、効率的な業務を推進し、顧客満足度を高め、より弾力的で迅速なサプライチェーンを構築します。

注文処理の正確性を計算し、解釈する

注文処理の正確性を測定することは、倉庫業務の有効性と効率性を理解する上で極めて重要です。この指標はオーダーフルフィルメントの現状を反映するだけでなく、パフォーマンス向上のための実用的な分析情報も提供します。

注文処理の正確性の計算式は単純明快です。

注文処理の正確さ=(1-(注文処理ミスの数 / 注文総数))×100

例で説明すると、1000件の注文を処理し、そのうちの10件が不正確であったとすると、注文処理の正確性は99%というすばらしい数字になります。このように高い正確性は業務がしっかりしていることを意味しますが、たとえ些細な不一致であっても、目に見える形で顧客満足度や業務コストに影響を及ぼす可能性があります。

注文の正確性を継続的に監視し、それに影響を与える要因を理解することで、企業はデータに基づいた明確な目標を設定できます。

注文処理の正確性を高めるには、先進的なシステムを導入するだけでなく、基礎となる堅牢な枠組みを構築する必要があります。

注文処理の正確性を高める5つの方法

それでは、全体的な注文処理の正確性を向上させるためには、どのような土台を築けばよいのでしょうか。

注文処理の正確性を高めるには、先進的なシステムを導入するだけでなく、基礎となる堅牢な枠組みを構築する必要があります。強固な基礎があれば、業務の規模が拡大しても、正確性が常に優先され、達成されることが保証されます。ここからは、注文処理の卓越した正確性を達成するための基本的な手順を掘り下げていきましょう。

1. 在庫管理の見直し

  • 定期的な監査:在庫を定期的に監査することにより、提供可能な商品に関する正確な記録を保持できます。これは、在庫レベルを適正に保つのに役立つだけでなく、在庫の不一致から生じる注文処理の不正確さを防ぐことにもなります。
  • リアルタイム追跡:在庫の動きをリアルタイムで追跡できるシステムを採用することで、ミスを大幅に減らすことができます。情報が即座に更新されるため、在庫レベルは常に最新であり、欠品や過剰在庫のリスクを減らすことができます。

2. ピッキングと梱包の手順の最適化

  • 体系的なアプローチ:構造化されたシステムを導入することで、ピッキングプロセスの効率性を高めることができます。たとえばポートで2つのビンを運用する2ビンシステムでは、商品を切れ目なく作業者のもとに供給して、ピッキング間の待ち時間を短縮します。
  • 高度なソリューションの導入: AutoStoreの製品やシステムのようなテクノロジーの導入により、ピッキングと梱包のプロセスを合理化できます。自動化されたソリューションにより、人的ミスのリスクが大幅に低減されます。

3. 不可欠な要素としての自動化

  • 人的エラーの最小化:ロボットピッカーやコンベアシステムなどの自動化ツールは、反復作業を完璧にこなすよう設計されています。このようなツール導入することにより、人間の見落としや疲労に起因するエラーが大幅に減少します。
  • 効率性の向上:自動化システムは業務のスピードも高めます。正確性を損なうことなく作業が迅速に行われれば、サプライチェーン全体の処理能力向上に直結します。さらに、回転率の速い商品をアクセスしやすい場所に配置することで、処理時間をさらに最適化できます。AutoStoreのような自動化技術はパレートの原則に基づいて動作し、自動的に在庫の配置を調整します。

4. 継続的改善のためのKPI管理

  • データに基づく意思決定:ピッキングの正確性、平均出荷時間、在庫回転率などの主要業績評価指標(KPI)を管理することで、企業は改善点を明確に把握できます。
  • 明確な目標の設定:KPIをもとに、企業はチームに対して達成可能な目標を設定できます。また、目標達成のために業務内容の変更が必要になった場合、そのロードマップも策定できます。KPIの設定と追跡については、倉庫の効率化とROIの向上という記事をご覧ください。

5. 総合的な教育と能力開発

  • 定期的な教育セッション:注文処理の正確性を維持・向上させるには、定期的に従業員を教育することが重要です。新人にはベストプラクティスを指導し、既存の従業員には再教育コースを提供するとよいでしょう。
  • フィードバックの仕組み:フィードバックを重視する文化を奨励します。エラーを分析し、そこから学ぶことは強力な手段となり得ます。従業員が不正確さの根本的な原因を理解すれば、以降はそれをうまく回避できるようになるでしょう。

まとめると、注文処理の正確性を高めるための基礎固めは、多面的なアプローチとなります。それには、テクノロジー、体系的な手順、継続的な管理、人材育成が必要です。これらの基本的な手順を優先することで、企業は一貫して正確なオーダーフルフィルメントを提供し、顧客の信頼とロイヤルティを高める態勢を整えることができます。

AutoStoreのAS/RSはどのように注文処理の正確性を高めるのか

AutoStoreは常に、倉庫管理とロジスティクスの限界を押し広げることを信条とし、継続的なイノベーションを通じてピッキングの進化の最前線に立つソリューションを開発してきました。ここでは、AutoStoreシステムの革新的な機能と、それが注文処理をどのように合理化し、正確性を向上させるかについて解説します。

  • 作業員とのやり取りの簡素化:AutoStoreシステムは、作業員のオーダーフルフィルメントへの関与を大幅に合理化し、手作業にありがちな複雑さをなくします。
  • すばやい習得:AutoStoreシステムの特長の1つは、その使いやすさです。新人のピッキング担当者でも、わずか10~15分でワークステーションのスピードに慣れ、操作できるようになります。
  • 商品取り出しの自動化:作業員が棚を探し回る時代は終わりました。AutoStoreシステムがあれば、作業員の待つワークステーションに注文どおりの商品が直接運ばれるので、不必要な移動や時間の浪費をなくすことができます。
  • 複数の商品を収納できる整理機能付きビン:AutoStoreのビンは、複数の商品を収納する場合、仕切り板できちんと分けられるようになっています。どの商品を取り出せばよいかをピッキング担当者に光で示すピック・トゥ・ライトシステムを併用すれば、スピードと正確性の両方が向上します。
  • 直感的なユーザーインターフェース:AutoStoreシステムのインターフェイスは過剰な情報がないすっきりとした画面で、ピッキング担当者にとって分かりやすい構成になっています。商品の鮮明な画像とピッキングすべき数量を表示することで、ミスのリスクを最小限に抑えます。
  • 複雑なピッキングの効率化:バッチピッキングのような、従来は細かい戦略を必要とした作業も、AutoStoreシステムを使えば容易になります。バッチ処理と混載に関する複雑な処理をシステムのソフトウェアが担うので、ピッキング戦略に関わらずピッキング担当者の作業の一貫性が保たれます。
  • ピッキングと梱包の役割の統合:AutoStoreシステムの大きなメリットの1つは、ピッキングと梱包の役割を統合できることです。これにより、一人の担当者が最初から最後まで注文処理の正確性を監督でき、説明責任を果たすことができます。
  • 大幅なコスト削減:AutoStoreシステムがもたらす経済的なメリットも無視できません。毎日2,000件の注文を履行しているeコマース企業の場合、ピッキングの正確性がわずか0.5%向上するだけで、年間約$220,000という驚異的な額を節約できます。
  • 繁忙期の拡張性:AutoStoreシステムは、繁忙期、予期せぬ市場の変化、または通常のビジネスの成長時に合わせた規模の調整が容易であり、生産性と効率を高く維持し、ピッキングの正確性を確保します。

競争の激しい今日の環境において、注文処理の正確性を最適化することは理想論ではなく必要不可欠なことです。テクノロジーが進化し続ける中、AutoStoreシステムを活用することで、業務の効率性と正確性を保ち、収益を確保し、顧客満足度を高めることができます。

AutoStoreシステムを活用することで、業務の効率性と正確性を保ち、収益を確保し、顧客満足度を高めることができます。

よくある質問

注文処理の正確性はどのように改善すればよいですか?

注文処理の正確性を高めるために必要なことは、現在の正確性を測定すること、不正確さの根本原因を特定すること、ダブルチェックシステムなどの品質管理手段を導入すること、バーコードスキャナーなどの技術を活用すること、標準作業手順に関する継続的な教育と再教育を行うことです。

ピッキングの正確性の例を挙げてください。

たとえば1,000件の注文のうち、ピッキングのミスが10件あった場合、ピッキングの正確性は99%となります。

注文処理の正確性はどのように測定しますか?

注文処理の正確性は次の式で算出できます。

注文処理の正確性=((注文総数-注文処理ミスの数)/注文総数)×100

注文処理の正確性が高いと言えるのはどこからですか?

注文処理の正確性は、通常98%以上になると「高い」と言えます。しかし、些細なミスでも顧客満足度や業務コストに大きな影響を与える可能性があるため、可能な限り100%に近づけることが理想的です。

注文入力の正確性とは何ですか?

注文入力の正確性とは、システムに入力される注文関連情報の正確性のことです。これは、正しい商品、数量、配送先、顧客に関する情報を受注段階で確実に入力することを含みます。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手