目次
自動化
12
分で読めます
November 6, 2023
November 6, 2023

5つの主要な物流KPIとその達成方法

倉庫の目標を達成する上で重要となる5つの物流KPI、具体的な目標、パフォーマンス測定ツール、実行可能な戦略について解説します。今すぐ効率を高めましょう。

目次

急速に進化する今日のビジネス環境において、倉庫は単に在庫品を保管する場所ではなく、企業の効率性、生産性、収益に大きな影響を与える重要な拠点です。多くの企業にとって中枢である倉庫のパフォーマンスを最適化することは、今や最優先事項です。このパフォーマンスを測定、監視、管理する最良の手段の1つが、主要業績評価指標(KPI)です。KPIにより、倉庫業務がどのように機能しているか、どの領域がうまく行っているかを明確に把握し、改善が必要な領域をピンポイントで特定できます。

ベテランの倉庫管理者であろうと、物流管理指標の世界を探求し始めたばかりであろうと、物流KPI設定の要点を解説するこの記事を読めば、データ主導の意思決定の可能性を解き放ち、倉庫業務を次のレベルへと引き上げることができます。

物流KPIとは

物流KPIの設定について深堀りする前に、まず物流KPIとは何かを明確にしておきましょう。

KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)とは、企業が業務上および戦略上の目標達成に向け、パフォーマンスを測定または比較するために使用する定量化可能な指標です。特に倉庫について言及する場合、物流KPIが倉庫業務の有効性を理解するのに役立つ測定可能な値となります。これらの指標は、在庫の正確性オーダーフルフィルメント率から、従業員の生産性、さらには機器のダウンタイムに至るまで、倉庫のさまざまな側面に関する知見を提供します。

物流KPIは、企業が倉庫業務の有効性を理解するのに役立つ測定可能な値です。

物流KPIの主な目的

物流KPIは、業務を最適化し、成長を促進する上で極めて重要な役割を果たします。物流KPIを用いる主な目的は以下の通りです。

  • パフォーマンスの追跡:これらの指標を定期的に測定し比較することで、倉庫の目標達成に向けた進捗は順調か、それとも調整が必要かを確認できます。
  • 効率の改善:KPIを通じて非効率性を認識することで、ボトルネックや問題のある領域に対処し、プロセスを合理化し、最終的に時間とコストを削減できます。
  • 意思決定の促進:データに裏打ちされた知見により、企業は十分な情報に基づいた意思決定を行い、業務の最適化、顧客サービスの改善、収益性の向上につなげることができます。

物流KPIの重要性と目的を理解したところで、どのKPIが重要で、どのような目標を設定すべきかについて説明していきます。

5つの主要な物流KPIと目標値

倉庫管理に関して言えば、業務上の特定の関心事項や目標に応じて無数のKPIが存在するという意見に多くの専門家は同意するでしょう。しかし、倉庫業界で繰り返し取り上げられるテーマを見ると、その本質はたいてい費用に集約されます。倉庫業は主にサポート機能として運営されており、ほとんどの場合、商品そのものに直接価値を付加することはありません。この観点から、倉庫の効率性と有効性を判断する上で、費用は極めて重要な役割を果します。

このような背景を考慮すると、監視すべき最も重要なKPIの1つは平均注文処理費用ということになります。この指標により、倉庫業務の費用効率を包括的に把握できます。しかし、この包括的な指標を導き出すことは、見かけほど簡単ではありません。平均注文処理費用を計算するには、次に示す重要なKPIを考慮に入れる必要があります。

1. 注文リードタイム

  • 注文リードタイム:発注から出荷までにかかる時間です。リードタイムが短くなるということは効率が高まったことを示すことが多いですが、費用にさまざまな影響を与えることもあります。
  • 具体的な例:午後1時に発注された注文が同日午後5時までに出荷される場合、注文リードタイムは4時間です。
  • 目標:正確性や品質を損なうことなく、可能な限り短縮します。多くの場合、注文リードタイムを24時間以内にすることが望ましいとされます。「即日納品」を約束している企業では、わずか数時間という目標が設定される場合もあります。

2. 1か所1点あたりの保管費用

  • 1か所1点あたりの保管費用:各在庫品に付随する保管費用を表すKPIです。在庫保管に関連する諸経費を理解する上で不可欠です。
  • 具体的な例:毎月の保管費用が5,000ドルで、10,000点の商品が保管されている場合、1か所1点あたりの保管費用は0.50ドルです。
  • 目標:在庫の品質と安全性を維持しつつ、可能な限り低くします。業種、保管方法、地域にもよりますが、0.10~0.70ドルが目標範囲となります。同業他社と比較しながら、保管費用の最適化に継続的に取り組むことが重要です。

3. エラー率

  • エラー率:倉庫管理プロセスにおけるミスは、それがピッキング、梱包、在庫管理のいずれに関連するものであっても、返品、返金、売上喪失による費用増加につながる可能性があります。
  • 具体的な例:ある週に処理された合計1,000件の注文のうち、20件の注文にエラーがあった場合、その週のエラー率は2%です。
  • 目標:可能な限り0%に近づけることを目指します。1%未満が許容範囲と言えるでしょうが、これは倉庫業務の複雑さとエラーが費用にもたらす影響によっても変わってきます。

4. 返品率

  • 返品率:返品率が高い場合、オーダーフルフィルメントプロセス自体に問題が潜んでいることを暗示するだけでなく、再入庫や返品処理による業務費用が大幅に増加する恐れがあります。
  • 具体的な例:月に500件の注文を出荷し、25件の返品があった場合、その月の返品率は5%です。
  • 目標:一般的に、返品率は低いほどよいとされます、特にフルフィルメントプロセスのエラーによる返品の場合はなおさらです。多くの業界では、2~3%以下が許容範囲となるでしょう。しかし、顧客の嗜好のばらつきが大きい業界(ファッションなど)は、返品率が本質的に高くなる可能性があります。

5. 単純平均注文処理費用

このKPIは、いくつかの主要な倉庫運営経費の概要を示すもので、注文処理の平均費用を簡易的に表します。この計算にはさまざまな費用が組み込まれていますが、初期投資費用など、考えられるすべての費用を考慮しているわけではないことに注意する必要があります。したがって、これは包括的な数字ではなく、基本的な近似値として見るべきものです。

計算式:

(単純)平均注文処理費用 = (注文リードタイム由来の合計費用 + 1か所1点あたりの保管費用由来の合計費用 + エラー率由来の合計費用 + 返品率由来の合計費用) / 注文総数

具体的な例:

  • 注文リードタイム:4時間のリードタイムを維持するために、注文1件につき10ドルの費用がかかるとします。
  • 1か所1点あたりの保管費用:各注文品を保管する費用は約0.50ドルであるとします。
  • エラー率:各エラーを修正するのに約15ドルかかるとして、1000件の注文のエラー率が2%だとすると、エラー費用の合計は300ドル(エラー20件×15ドル)で、注文1件あたり平均0.30ドルとなります。
  • 返品率:返品1件あたり20ドルで処理するとして、500件の注文の返品率を5%とすると、総返品費用は250ドル(25件の返品×20ドル)となり、1000件の注文の平均費用は1件あたり0.25ドルとなります。

これらの費用を合わせると、次のようになります。

(単純)平均注文処理費用=(10ドル+0.50ドル+0.30ドル+0.25ドル)=11.05ドル

この場合、選択されたKPIを考慮すると、この倉庫で1件の注文を処理するには平均で11.05ドルかかります。ただし、これは単純計算であり、初期投資やその他の変動費など、想定される費用すべてが含まれているわけではない点に注意が必要です。

要するに、これらの目標値は一般的な基準を示すものではありますが、企業固有のニーズ、課題、および業界標準に基づいて数値を調整する必要があることを念頭に置く必要があります。個々の倉庫業務の複雑さによっては、出荷費用、注文あたりの人件費、機器のダウンタイムに関連する費用など、考慮すべきKPIがもっと多くなるかもしれません。

結論として、倉庫管理の面で考慮すべきKPIは無数にありますが、平均注文処理費用に包含されるような総合的なコスト力学を理解すると貴重な視点が得られます。この包括的な指標を構成する各KPIを掘り下げることによって、倉庫管理者は効率性と費用対効果の両方を最適化し、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

KPIを特定することは重要ですが、効果的な優先順位の付け方を理解することも同様に重要です。ここからは、KPIの優先順位付けの方法を探っていきましょう。

平均注文処理費用は最も重要なKPIの1つであり、倉庫業務のコスト効率の概要を包括的に捉えることができます。

KPIの優先順位の付け方:量より質

KPIに優先順位をつける際には、指標の数が多ければ良いというものではないことを認識することが重要です。KPIは具体的な課題や問題から生まれるものであり、問題を診断し測定するための手段となるべきものです。1つのKPIを理解するためには、他のKPIの設定が必要になることや、相互にリンクした指標の連鎖を生み出すことがよくあります。このような複雑な状況における大原則は、シンプルであることです。KPIは無数にありますが、最も重要なもの、つまりビジネスの健全性を真に測るものは、1ページに収まるくらい簡潔でなければなりません。このように焦点を絞ることで、明確さだけでなく、実行可能な知見も得られます。すべてを測定したくなる気持ちも分かりますが、このように真の課題に基づいた取捨選択が最も価値をもたらします。

小規模倉庫のKPIと大規模倉庫のKPI

KPIの優先順位は倉庫の規模によって変えるべきでしょうか?答えはノーです。倉庫のKPIは小さな倉庫でも大きな倉庫でも一様です。しかし、課題は規模によって異なります。より大きなスペースでは複雑さが増すため、問題をピンポイントで特定することが難しくなります。また広大な施設では、非効率なプロセスの影響がより顕著に波及する可能性があります。しかし倉庫の指針となる基本的なKPIは、大規模であろうと小規模であろうと一貫しています。

必要なKPIを特定し、優先順位をつけたら、今度はそれを正確に追跡・測定するための適切なツールが必要になります。

物流KPIを追跡・測定するツール

倉庫管理の複雑さに対応するには、KPIを追跡・測定するための堅牢なシステムを用意して、業務を合理化し、それを維持する必要があります。今日の環境では、倉庫管理活動から貴重な分析情報を抽出できるよう設計された高度なツールをいろいろと入手でき、企業は十分な情報に基づいた戦略的意思決定を行えるようになってきています。

1. Unify Analytics

Unify Analyticsは、AutoStoreシステムを利用する企業のために作られた主要ツールとして抜きんでた存在です。直感的なパフォーマンス分析ダッシュボードと迅速なデータ処理機能により、複雑なデータを実用的な知見に変換できます。

パフォーマンス分析ダッシュボード:この機能は、主要な指標、統計、分析を視覚的かつ直感的に表示し、さまざまなモジュールの稼働傾向を示します。注目すべき指標は以下のとおりです。

  • ランタイム:この重要な指標は、AutoStoreシステムで特定のタスクにかかる時間を明確に示するだけでなく、ロボットのランタイムや方向転換など、特定の部品の動きもカウントします。これは予知保全のための貴重な分析情報を提供し、一定時間使用された特定の部品をいつ交換すべきかが分かります。こうした2つの機能は、ボトルネックや改善の余地がある領域を特定するのに役立ちます。
  • システムのアップタイム:システムのアップタイムを監視することで、AutoStoreシステムの継続的な稼働が保証されます。高いアップタイムを維持することは、継続的な稼働だけでなく、従業員の手待ち時間を最小限に抑え、生産性と収益性を最適化するためにも不可欠です。
  • ポートでの時間あたりのビン処理数:この指標は主に、各ポートのプロセスの有効性と、ビンの処理を担当する従業員のパフォーマンスを反映しています。この指標は、在庫の動きに関する分析情報というよりは、ポートごとの業務効率の指標として機能します。

迅速なデータ処理: Unify Analyticsは、大量のデータを驚くべきスピードで処理することに長けており、長時間の訓練を必要としない分かりやすい形式で結果を提示します。

レポートの出力:重要な業務データを網羅した包括的なレポートにより、即座の対応と戦略的な計画策定を可能にします。

要するに、Unify Analyticsは倉庫管理において極めて重要なツールであり、企業はAutoStoreシステムの運用の機微に正確かつ敏捷に対応できるようになります。

Unify Analyticsは、リアルタイムなログデータの収集・分析を自動化する、クラウドベースのサービスであり、データプラットフォームです。

2. インテリジェントERPシステム

Unify Analyticsのような専門ツール以外にも、より広く普及している企業資源計画(ERP)システムは、物流KPIを把握する堅牢な機能を提供します。最新のERPを導入すれば、高度な分析機能により、次のような情報を入手できます。

  • KPIに経済的な視点をもたらす:ERPシステムは、ビジネスプロセスと統合されたアプローチにより、さまざまな費用関連の指標に関する分析情報を提供してくれます。これには、人件費や設備などの直接的な運用費用から、間接的な諸経費やエネルギー費用まで、あらゆるものが含まれます。

適切なツールの選択は、多くの場合、倉庫業務の特定の要件に左右されます。しかし Unify AnalyticsやインテリジェントERPシステムといったプラットフォームは、倉庫管理の将来を形作ることができる実用的な知見を提供する手段として先導的な役割を果たしています。

そして、このような適切なツールを導入した従業員中心のアプローチこそが、KPIを達成するための重要な要素となります。その理由を探っていきましょう。

物流KPIの達成:従業員中心のアプローチ

物流KPIの達成は、従業員の関与と理解が特に重要です。従業員は、これまでに紹介した重要指標の主要な推進役です。単にパフォーマンス目標を設定するだけで背景の説明がなければ、従業員はそれを根拠のない目標と思うかもしれません。真のコミットメントとモチベーションを得るためには、より大局的な企業戦略を認識してもらう必要があります。従業員は、各KPIの背後にある「理由」と、組織全体の目標に対するKPIの重要性を理解しなければなりません。

したがって、従業員をサポートすることも同じく極めて重要となります。自動化を導入すれば、従業員の効率性が高まり、より効果的にKPIを達成できます。各従業員が日々の業務に集中する上で個々の指標が不可欠である一方、上級幹部はより広い視野を保ち、すべてのKPIが包括的な企業目標に合致するよう徹底する必要があります。

さらに、倉庫管理で複数のKPIをうまく運用していくには、分散化が鍵となります。責任を分散することで、各従業員は自分の役割に関連する特定の指標に集中できます。このアプローチにより、組織の各レベルが調和して働き、会社の目標を共同で達成することにつながります。

AutoStoreは、スペース効率の向上から、人件費の削減、正確性の向上、従業員の働きやすさに至るまで、倉庫自動化に関するさまざまなKPIの達成を助ける包括的なソリューションを提供しています。

AutoStoreシステムによる物流KPIの達成

AutoStoreのコンパクトな自動化システムは、次のように物流KPIの達成に貢献します。

  • 1つあたりの在庫維持費用: AutoStoreシステムは、スペースの有効活用に優れ、保管に必要な面積を大幅に削減します。AutoStoreシステムを導入したStyleboomの場合、4,500 m²もの面積を占有する従来の手動ラックシステムと同じ量の在庫品を保管するのに必要な面積がわずか1,300 m²で済むようになり、1つあたりの在庫維持費用を大幅に削減できました。
  • 注文処理費用:従業員の生産性向上もまた、AutoStoreが真価を発揮できる分野です。AutoStoreシステムを導入すれば、手動倉庫で働く80~90人の従業員と同じ注文数を14人の従業員で処理できます。このような労働力の最適化により、注文処理費用が大幅に削減されるため、通常3年未満で投資額を回収できます。整備やメンテナンスの費用が低く、エネルギー消費量も少ないことも、注文処理費用全体の削減に貢献しており、AutoStoreは経済的に理に適った選択肢となっています。
  • 注文リードタイム:人が棚に足を運ぶソリューションとは対照的に、AutoStoreの棚搬送型のアプローチでは注文のリードタイムが大幅に短縮され、業務がより効率的になります。Knusprの事例を見れば、同社がAutoStoreシステムの導入により標準で3時間以内の配送をいかに確実に実現できるようになったかをご確認いただけます。
  • エラー率と返品率: AutoStoreシステムは、ソフトウェアでピッキングする商品を指示する機能や、SKUを混在させない仕組みにより、エラー率を劇的に減少させます。スキャン、重量チェック、ピッキングガイドなどの追加技術によりピッキングの正確性がさらに向上し、返品率も最小限に抑えられます。
  • 病気休暇率:AutoStoreシステムの人間工学に基づいた設計は、従業員の健康増進にも役立ち、特に腰や筋肉に影響を及ぼす業務上の傷害による病気休暇の発生率を低減します。
  • システムの稼働率:ダウンタイムは多くの自動化システムにとって費用のかかる問題であるため、単一障害点がないことを特徴とするAutoStoreの高稼働率と信頼性は、コスト削減にさらに貢献します。
  • ピッキング速度:AutoStoreシステムは、その信頼性に加え、従来の手作業によるピッキングと異なるワークステーションでの作業により、ピッキング速度を長時間にわたり高水準に維持できます。AGRAVIS Raiffeisenが AutoStoreシステムによりピッキング速度を200%向上させた経緯については、リンク先をご覧ください。
  • 省エネ:AutoStoreシステムは、エネルギー効率が高く、インフラ要件が最小限で済み、従業員数を削減できるので、倉庫自動化の全体像と矛盾することなく持続可能性に関わるKPIに貢献します。AutoStoreシステムを組み込んだBerggård Amundsenの倉庫は、太陽光で電力をまかなう環境に優しいソリューションとなっています。

結論として、AutoStoreは、スペース効率の向上から、人件費の削減、正確性の向上、従業員の働きやすさに至るまで、倉庫自動化に関するさまざまなKPIの達成を助ける包括的なソリューションを提供しています。持続可能性に関わるKPIへの貢献は、先進の倉庫管理における変革力としてのAutoStoreの役割を明確に示しています。KPIを設定し、従業員中心のアプローチを採用し、AutoStore の機能を理解した後の次のステップは、最適な結果を得るためにKPIを確認する頻度を決定することです。

物流KPIの達成にAutoStoreがどのように役立つか、当社の技術者にお問い合わせください。

AutoStoreのコンパクトな自動化システムは、物流KPIの達成に貢献します。

物流KPIを確認するタイミングと頻度

物流KPIを確認する頻度を検討する場合、各KPIはそれぞれ導出方法が異なることを認識することが不可欠です。確認頻度は、本質的に個々の指標が持つ意味に基づきます。

KPIによっては、リアルタイムの監視が最も重要となります。それらの指標をリアルタイムで利用できるようにすることで、変動や異常に対して即座に反応でき、迅速に是正措置を行い、混乱のリスクを最小限に抑えることができます。遅延や問題が即時かつ重大な影響を及ぼす可能性のある、慎重を期する業務に関連する指標が、これに当てはまります。

一方、KPIの中には、重要ではあるものの、そのような絶え間ない監視を必要としないものもあります。これらのKPIは、その関連性や業務に及ぼしうる影響に応じて、日次、週次、あるいは月次など、定期的な確認で十分かもしれません。

要するに、物流KPIを確認する周期は、その重要性と業務上の緊急性に合わせるべきです。リアルタイムの監視と定期的な確認のバランスをとることで、倉庫は長期的な戦略的目標に沿いつつ、即応性を維持できます。

しかし、社内での確認が重要である一方で、物流KPIは外部要因にも影響されることを忘れてはなりません。

物流KPIを確認する周期は、その重要性と業務上の緊急性に合わせるべきです。

物流KPIと外部要因の相互作用

物流KPIは単独では存在しません。KPIは、運営環境を形成する無数の外部要因の影響を常に受けています。たとえば、エネルギー費用、人件費、税金は、注文処理費用のような指標に大きく影響します。エネルギー価格や税の高騰は、運営経費を膨張させ、結果として収益性や効率性のKPIに影響を与えます。

さらに、その国の失業率など、より広範な社会経済状況も影響します。失業率が低いために利用可能な労働力が不足すると、倉庫は自動化に向かうことになります。このような状況では十分な人員を確保できないため、事業継続性を確保するためには自動化システムへの投資が必要となるのです。

つまり、物流KPIは社内の運営状況を切り取って見せますが、本質的に広範な外部環境と結びつき、影響を受けるものであるため、倉庫管理には適応性と先見性が求められます。

物流KPIは、運営環境を形成する無数の外部要因の影響を常に受けています。

まとめ:変化を続ける環境の中で物流KPIを使いこなす

物流KPI(主要業績評価指標)は、運営管理という複雑な海を照らす灯台のようなものです。KPIは、小規模な倉庫にも大規模な倉庫にも等しく重要で、非効率を特定し、改善の道筋を描く上で役立つ知見を提供します。しかし、これらの指標は、社内の業務と本質的に結びついている一方で、エネルギー費用、労働賃金、より広範な経済変動など、さまざまな外部要因の影響を受けます。

これらのKPIの変動を定期的に確認し、理解することは極めて重要です。しかし、その動的な性質を認識し、外界からの影響に備えておくことも同様に重要です。KPIに優先順位をつけ、従業員が必要とする環境やツールを用意することで、倉庫は運営状況を把握し、タイムリーな調整を行い、先手を打って課題に対応できます。

つまり、倉庫管理の環境は絶えず進化していますが、関連するKPIをしっかりと把握することで、企業は不確実性を乗り越え、持続的なオペレーショナルエクセレンスを実現できます。

よくある質問

倉庫自動化にとって重要な5つのKPIとは何ですか?

倉庫自動化の文脈において、最適なパフォーマンスを確保するには特定の指標の監視が不可欠です。重要KPIのトップ5は以下のとおりです。

  • 注文リードタイム:これは注文を受けてから出荷するまでの時間を測定するもので、自動化システムの効率を示します。
  • 保管場所ごとの費用:各保管場所に関連する費用を反映した指標で、費用管理と最適化に役立ちます。
  • ワークステーションごとのパフォーマンス:各自動ワークステーションの生産性を評価し、改善が必要な領域を明らかにします。
  • 可用性:この KPI は、中断のない業務を維持するために重要な、自動機器の稼働時間を評価します。
  • 保管期間:商品がどれくらい長く保管されているかを示します。在庫の動きと停滞の可能性を把握する上で不可欠です。

物流KPIの例を挙げてください。

倉庫が最も頻繁に利用する主要指標の1つは「注文あたりの処理費用」です。この指標は、各注文の処理費用に関する知見を提供し、費用管理と効率改善を支援します。

倉庫効率の尺度となるKPIは何ですか?

倉庫の効率を測るには、次の2つの指標が重要となります。

  • 注文あたりの処理費用:ピッキングから出荷まで、注文処理に関連する全体的な費用を反映します。
  • 注文リードタイム:注文を受けてから発送するまでの時間を測定することで、フルフィルメントプロセスのスピードと効率性を示します。

これらのKPIを綿密に監視することで、倉庫は強化すべき領域を特定し、最高効率での稼働を徹底できます。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手