目次
自動化
10
分で読めます
November 13, 2023
November 13, 2023

フルフィルメントセンター完全ガイド

フルフィルメントセンターとは、その機能とは?フルフィルメントセンターを内部から変革しているAutoStoreの自動化についてご紹介します。

目次

eフルフィルメントセンターとは?

目まぐるしく変化するeコマースの世界において、eフルフィルメントセンターは重要なハブとして機能し、オンラインショッピングの利用者に迅速で信頼性の高い配送を保証します。これらの高度な施設は、従来の倉庫保管の枠を超えて高度なプロセスを統合し、効率的に注文を処理します。このガイドでは、フルフィルメントセンターについて詳しく説明し、その機能とサプライチェーンにおける重要な役割を見ていきます。  

さらに、このガイドでは、AutoStoreシステムとその利点についても探ります。経営者の方々にも探究心豊かな読者の皆様にもわかりやすくフルフィルメントセンターの世界について説明し、皆様の成功を促進する革新的なテクノロジーに焦点を当てることがこのガイドの目的です。

eフルフィルメントセンターの定義

eフルフィルメントセンターの機能とその利点について詳しくご紹介する前に、テーマとなる言葉の定義から始めましょう。

eフルフィルメントセンターは、eコマースビジネスのオーダーフルフィルメントプロセスを合理化するために独自に設計された最新の物流施設です。eフルフィルメントとは、電子的な手段を使用して行われる注文処理の全工程、つまりインターネットを介して行う注文から支払い、保管、輸送、商品の配送、配送後のアフターサービスまでを指します。

フルフィルメントセンターと従来の倉庫の主な違いは、その運用と目的にあります。従来の倉庫は長期保管施設として機能し、必要になるまで商品を長期間保管します。一方、フルフィルメントセンターは活発な活動拠点であり、注文を絶えず受け付けて処理・発送し、注文を受けてから顧客が受け取るまでの時間を最高の費用便益比で可能な限り最小限に抑えることを目標としています。

つまり、フルフィルメントセンターはサプライチェーンを最適化するように設計されており、商品を保管するだけでなく、迅速かつ正確に処理して出荷できます。保管からフルフィルメントへのこの移行はロジスティクスの画期的な進化であり、オンラインショッピングのスピードの速さと顧客中心の考え方のニーズに合致しています。

フルフィルメントセンターは、eコマースビジネスのオーダーフルフィルメントプロセスを合理化するために独自に設計された最新の物流施設です。

フルフィルメントセンターと物流センターの違い

フルフィルメントセンターと物流センターはしばしば混同されることがあるため、ここで両者の違いを説明していきます。

フルフィルメントセンターと物流センターはどちらもサプライチェーンに不可欠ですが、異なる目的を持ち、それぞれまったく別のものとして運営されています。フルフィルメントセンターは、オンラインでの注文を迅速に処理・出荷するために設計された動的なハブで、B2C、B2B、オムニチャネル業務に重点を置いています。歴史的に、AutoStoreのキューブ式自動保管・回収システム(AS/RS)、コンベア、ロボットピッキング、無人搬送車(AGV)、自律移動ロボット(AMR)、在庫の可視化と予測分析専用ソフトウェアといった自動倉庫システムなどの高度なテクノロジーを早くから取り入れてきました。

これとは対照的に、物流センターで通常行われるのは大量の商品を扱う大規模な業務であり、多くの場合、B2B(企業間取引)の大口注文を中心に扱っています。物流センターには、クロスドッキング、バルク配送、卸売などの機能があり、高床式倉庫、スタッカークレーン、パレットコンベア、フォークリフトが使用されます。

フルフィルメントセンターの種類

フルフィルメントセンターには、大きく分けてサードパーティーロジスティクス(3PL)と自社の2種類があります。

3PLフルフィルメントセンターは他企業の物流を扱う外部のサービスで、専門知識を持っており、大量配送割引による低コストが期待できます。また、戦略的な在庫配置により、迅速な出荷が可能になります。しかし、顧客企業による管理は限られ、コミュニケーションに問題が発生する可能性もあります。

対照的に、自社フルフィルメントセンターは自社で管理されるため、全面的な管理と直接的なコミュニケーションが可能で、ブランディングをカスタムできる機会もあります。メリットはありますが、より多くのリソースが必要で、コストが余計にかかる可能性があり、拡張性が問題になることもあります。

3PLフルフィルメントセンターと自社フルフィルメントセンターのどちらを選択すべきかは、企業の規模、ニーズ、リソースによって異なります。大企業であれば、より管理とブランディングがしやすい自社フルフィルメントセンターを選択できますし、中小企業であれば、3PLフルフィルメントセンターのスケーラビリティと専門知識から得られるメリットがあるかもしれません。  

異なるタイプのセンターとそれぞれ独自の業務について説明してきましたが、次に、フルフィルメントセンターに欠かせない主な機能と業務について見ていきましょう。

3PLフルフィルメントセンターは他企業の物流を扱う外部のサービスで、専門知識を持っており、大量配送割引による低コストが期待できます。また、戦略的な在庫配置により、迅速な出荷が可能になります。

フルフィルメントセンターの主な機能と業務

フルフィルメントセンターは、受注から配送までをシームレスな体験に変えます。これらの施設は、効率の最適化と顧客の満足を目的としたさまざまな機能と業務を管理する複雑な設計になっています。フルフィルメントセンターの主な機能は次のようなものです。

  • 商品の受領と保管:サプライヤーやメーカーから届いた商品は細心の注意を払って受領・分類された後、戦略的に保管されます。この工程は、整理された状態で在庫を維持し、受注時に商品を迅速かつ正確に回収しやすくする上で重要です。
  • 過剰在庫の管理:フルフィルメントセンターには、過剰在庫を管理するための設備が整っており、余剰商品が効率的に保管され、必要なときに簡単に出し入れできるようになっています。
  • システムへの補充:最適な在庫レベルを維持し、オーダーフルフィルメントでの利用ができるように、自動倉庫システム(AS/RS)と手作業でのピッキング用エリアの両方で常に商品が補充されます。
  • オーダーピッキングこの極めて重要な工程には、顧客の発注に応じて求められた商品を保管場所から取り出す作業が含まれます。最先端の自動化システムは、多くの場合、この工程を大幅に改善し、速度、精度、および全体的な効率を向上させます。
  • 梱包作業:輸送中の安全性を確保するため、商品は細心の注意を払って梱包されます。この工程は、高度な梱包ロボットを使用することで自動化でき、スピードと効率が向上します。この工程でブランディング要素や販促物を取り込むこともあります。
  • 整理業務とルートの準備:発注された商品は、出荷に向け、慎重に最適化された配送ルートに合わせて整理・準備されます。多くのフルフィルメントセンターでは、この工程に仕分け技術を取り入れており、郵便番号や緊急配送などを基準とした注文の仕分けを自動化しています。
  • 品質検査:すべての商品が必要な基準を満たしていることを確認するため、発送前に厳格な品質検査が行われます。
  • 積荷と配送: 品質が確認された商品は、トラック、大型トラック、自動車、または電動自転車に積み込まれ、出荷されます。この工程では、多くのフルフィルメントセンターがコンベア技術を使用してトラックまで商品を直接移動させ、そこで作業員が積み方を整え、商品を整理します。フルフィルメントセンターは、さまざまな宅配便サービスと提携して幅広い配送オプションを提供し、多様な顧客のニーズを満たしています。  
  • 返品と返金:商品が返品された場合、フルフィルメントセンターは返品された商品を検品し、可能であれば在庫へ戻し、必要に応じて返金や交換対応を行います。
  • 在庫管理在庫レベルの追跡はこれらすべての工程を通してリアルタイムに行われており、正確な在庫レベルを確保して在庫切れや在庫過剰といった問題を防ぐのに役立ちます。  
  • カスタマーサービスサポート:フルフィルメントセンターの中には、ロジスティクスだけでなく、注文に関する顧客からの問い合わせサポート、追跡情報の提供、注文過程で発生する可能性のあるあらゆる問題の解決、といったカスタマーサービスの役割を担うものもあります。

フルフィルメントセンターは、これらの多様な機能と業務を巧みに管理することで、eコマース企業が迅速かつ正確に商品を配送し、最終的には顧客満足度とロイヤルティの向上を促進できるようにします。ここでメリットの話が出てきたので、フルフィルメント業務をフルフィルメントセンターにアウトソーシングすることの主なメリットについて見てみましょう。

多くのフルフィルメントセンターがコンベア技術を採用して商品を直接トラックに運びます。

企業がフルフィルメント業務をアウトソーシングするメリット

サプライチェーンのデジタルトランスフォーメーションは、企業の業務と顧客の購買行動を根本的に変え、注文処理と発送のニーズに特化したフルフィルメントセンターへのシフトを促しています。ここでは、フルフィルメントセンターがどのように顧客満足度の向上と注文処理プロセスの合理化に貢献しているかを具体的に紹介していきます。  

サプライチェーンのデジタル化

フルフィルメントセンターは、デジタル化を採用して、業務の効率性、透明性、機動力を向上させています。この変革は、購入工程がオンライン上で開始され、購買者の好みや購買者が過去に行った選択、カスタマイズされた特別割引に合わせて調整されるシームレスな体験が求められる現代の購買者行動にマッチしています。フルフィルメントセンターは、このパーソナライズされた工程をウェブページという枠を超えて発展させ、現実のモノとしての商品体験がデジタル上で得られた期待に見合うものになるようにします。

商品体験の向上

企業は専門のフルフィルメントセンターを選択することで、商品が必ず最大限の配慮で扱われるようにすることができます。商品は、におい、手触り、見た目に注意が払われ、元のままの状態でピッキングされます。梱包とラベル貼りの工程は、単に商品を包むだけでなく、商品に付加価値を与え、購入体験全体を向上させる機会でもあります。  

スピードと満足度

フルフィルメントセンターは、商品を迅速に届けるという工程の中で重要な役割を担っており、顧客満足度を左右する重要な要素です。迅速な配送および顧客が注文を追跡して動向をチェックできる機能は、期待と高揚感を芽生えさせ、満足のいく購買体験へと結実します。フルフィルメントセンターは、商品の配送というカスタマージャーニーにおける最後のタッチポイントが完璧な形で行われることを保証し、良い印象を長く残すことができます。

総合的な体験

フルフィルメントセンターは、すべての商品が慎重に選択・配送されるようにすることで、総合的な購入体験に貢献します。オンラインにおける購入工程で築かれた高揚感を商品到着時まで確実に維持する上で、フルフィルメントセンターは欠かせません。顧客は購入体験を全体的に捉えるため、同じ販売店を再度利用する可能性は、フルフィルメントプロセスとマーケットプレイスプラットフォーム双方に対する満足度と密接に結びついています。  

専門のフルフィルメントセンターを選択することで、企業は商品を単に配送するのではなく、デジタルに始まり商品というモノで終わる顧客体験を向上させる方法で届けることができます。顧客満足とオーダーフルフィルメントに対するこの包括的なアプローチこそが、今日の競争の激しいeコマース業界の中で成功する企業を優位に立たせます。

専門のフルフィルメントセンターがどのようにして顧客体験を向上させるかについて理解できたところで、次に、フルフィルメントの世界でAutoStoreシステムがいかに効率と精度を再定義しているかについて注目していきます。  

フルフィルメントセンターは、商品の配送というカスタマージャーニーにおける最後のタッチポイントが完璧な形で行われることを保証し、良い印象を長く残すことができます。

AutoStore:フルフィルメントセンターを内部から変革する

AutoStoreは、フルフィルメントセンター業界におけるイノベーションの一例であり、在庫を保管、管理、回収する方法を革新します。このセクションでは、業務を合理化し、効率性に新たな基準を設定している AutoStoreシステムが最新のフルフィルメントセンターの重要な構成要素としてどのように機能しているか詳しく見ていきます。  

収納密度と精度を最大化する

AutoStoreの中核にあるのは、在庫ビンが綿密な形で垂直に積み重ねられて収納密度が最大化され、無駄なスペースが最小限に抑えられた独自の格子状のグリッドシステムで、従来のフルフィルメントセンターモデルを変革することです。ロボットがグリッドの上部を走行してビンにすばやくたどり着き、それを取り出すと、ビンは倉庫のワークステーション(ポート)に運ばれ、そこで作業員が商品をピッキングして注文が完了します。これにより、オーダーフルフィルメントプロセスが迅速になるだけでなく、フルフィルメントセンター内のスペースを格段に効率良く使用することができます。

テクノロジーと人間の専門技能を融合させる

前述のように、フルフィルメントで人間が果たす役割も見落とせません。ポートとも呼ばれるワークステーションは、テクノロジーと人間の専門技能が出会う合流点です。ここでオペレーターは、ロボットが運んできたビンから商品を取り出します。ビンはポートまですぐに届けられるため、作業員は次のビンが届くのを待つ必要がありません。これらのワークステーションは、人間工学に基づいた効率性を優先して設計されており、オーダーフルフィルメントプロセスの中で作業員は迅速かつ快適にその役割を果たせるようになっています。  

成長に合わせてカスタマイズする

フルフィルメントセンターにおけるAutoStoreを決定づける特徴は、その拡張性にあります。ビジネスが成長するにつれて在庫ニーズが拡大しても、既存の業務を中断することなく、グリッドを拡張し、ビンとロボットを追加することで、シームレスにシステムを増強できます。このモジュール方式により、完全なオーバーホールや大幅なダウンタイムを必要とせずに、フルフィルメントセンターは順応し拡大することができます。

データと情報を制御する

AutoStoreは、包括的なアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を介して既存の倉庫管理システム(WMS)とシームレスに統合して、情報と制御のスムーズな流れを可能にします。この統合は柔軟性に富んでおり、高レベルの業務計画策定を担うタスクインターフェースから、各ポートのビンの配列と業務の割り当てをきめ細かく制御するビンインターフェースまで、フルフィルメントセンターのニーズに応じてさまざまなレベルの制御を提供します。  

AutoStoreでフルフィルメントセンターの将来を確実なものにする

フルフィルメントセンターは、業務にAutoStoreを組み込むことで、業務の将来性を効果的に確実なものにしています。このシステムは、スピード、精度、効率に対する要求が高まり、商取引の世界が進化するにつれて、フルフィルメントセンターも同様に進化し、競争力を維持できる設計になっています。

結論として、AutoStoreは現代のフルフィルメントセンターに必要不可欠な要素として機能し、在庫管理におけるイノベーションの真髄を包含していると言えます。AutoStoreのスペース効率に優れた設計は、ロボットの精度とシームレスな統合と相まって、フルフィルメントセンターの能力を高めるだけでなく、その妥当性と効率性を将来にわたって確実なものにしています。  

事例:Pumaが保管容量を10倍に増加させたAutoStoreの活用法についてご覧ください  

AutoStoreのようなイノベーションがフルフィルメントセンターの未来を表していることは明白ですが、業界全体が急速に進化しています。ここでは、イントラロジスティクスと小売業に今後訪れる課題とチャンス、そしてこれらを企業が克服して競争力を維持する方法について掘り下げていきましょう。  

フルフィルメントセンターは、業務にAutoStoreを組み込むことで、業務の将来性を効果的に確実なものにしています。

フルフィルメントセンターの未来:イントラロジスティクスと小売業における課題  

イントラロジスティクスのイノベーションおよび小売業者の観点が変化したことにより、フルフィルメントセンターを取り巻く環境は急速に進化しています。競争力を維持したい企業は、柔軟性のあるパーソナライズされたソリューションを採用し、顧客エンゲージメントとサービスに対するアプローチを見直して、こうした変化に適応する必要があります。次にフルフィルメントセンターの今後の展望について、いくつか説明していきます。

イントラロジスティクスの観点から

イントラロジスティクス業界はかつてない成長を遂げており、モジュール式で柔軟性が高く、一般的でありながらカスタマイズされたソリューションに対する需要が急増しています。AutoStoreのような企業はこの変革の最前線にあり、企業が小さな規模から始めて必要に応じて拡張できる調整可能な構造を提供しています。このような柔軟性は、特に市場の需要や自動サイジングが不確実な状況では極めて重要です。  

フルフィルメントセンターが将来拡張する場合も、シームレスに行えます。例えば、AutoStoreのシステムは、業務を中断せずにロボットとピッキングポートを追加して統合できます。大幅な構造変更であるアルミグリッドの拡張も、進行中の業務を続けながら実行でき、ダウンタイムや生産性の低下を避けることが可能です。

小売業者の観点から

小売業者は、自らの業務と最終消費者との間にあるギャップを埋めるという課題に直面しています。配送にかかる時間とラストワンマイルにかかるコストを企業が削減するには、フルフィルメントセンターを人口密集地に近い場所に設置しなければなりません。しかしこれには、倉庫スペースが確保しにくく、高いコストがかかる、といった独自の課題がつきまといます。

増大するeコマース需要に対応するために既存のスペースを再利用する自動マイクロフルフィルメントセンター(MFC)やダークストアのような革新的なソリューションは、実行可能な選択肢となりつつあります。これらのセンターは、制約のあるスペースに対処するだけでなく、戦略的に優位な方法でSKU(在庫管理単位)管理を行えるようにするため、小売業者は幅広い品揃えと迅速な配送オプションを提供することが可能になります。  

労働力問題や、顧客体験向上の必要性が小売業者の業務工程をさらに複雑にしています。従来の物流センターは都市部から離れた場所にあることが多く、労働力不足に直面しています。一方、都市部でのフルフィルメント業務は、人員は確保しやすいものの、店舗の買い物客のニーズとeコマース需要のバランスを取る必要があります。MFCとダークストアは、店舗での体験を妨げることなくオンライン注文のフルフィルメント専用スペースを作るというソリューションを提供します。

増大するeコマース需要に対応するために既存のスペースを再利用するマイクロフルフィルメントセンター(MFC)やダークストアは、実行可能な選択肢となりつつあります。

課題を克服し、未来を取り入れる

フルフィルメントセンターの将来は、変化する市場の需要に対応可能な柔軟で拡張性のあるソリューションを提供できるかどうかにかかっていることは否定できません。企業はこうしたイノベーションを取り入れ、先進的なイントラロジスティクスソリューションを統合し、小売戦略を見直して、フルフィルメント業務を最終消費者に近づける必要があります。  

都市化、スペースの制約、SKUの増加、労働力問題に対処するには、テクノロジーと戦略的計画策定を融合させた総合的なアプローチが必要となります。同時に、顧客体験の向上も引き続き最重要の課題です。配送時間の短縮、品揃えの拡大、返品プロセスのシームレス化、という一つ一つの先にある最終的な目標は、顧客の期待に応えるだけでなく、期待を上回るフルフィルメントエコシステムを構築して、市場シェアを確保し、将来の成長を促進することです。

まとめ  

ここまでの内容をまとめますと、フルフィルメントセンターの変革は、急速に進化する今日の小売業界において極めて重要であり、スペースの効率化と自動化におけるイノベーションの例となっているのがAutoStoreだということです。フルフィルメントセンターは、より適応性と拡張性の高いソリューションを採用して変化する需要に対応し、AutoStoreのようなテクノロジーを統合し、業務を再構築して、効率性と顧客満足度を高めています。小売業界が、都市化、スペースの制約、労働力に関連する課題を克服する中で、フルフィルメントセンターの未来は、イノベーションを取り入れ、業務を最適化し、顧客の期待を常に上回ることができるかどうかにかかっています。

皆様のビジネスがサプライチェーンの最適化に着手する動機となるものとして、これ以上のものはあるでしょうか。  

弊社の技術者にお問い合わせください

よくある質問

フルフィルメントセンターが行うのはどのようなことですか?

フルフィルメントセンターは、在庫保管、注文処理、梱包、発送を他企業に代わって行い、顧客からの注文を効率的かつ正確に処理します。  

倉庫とフルフィルメントセンターの違いは何ですか?

倉庫は主に在庫の保管場所として機能しますが、フルフィルメントセンターは、オーダーフルフィルメントプロセスの一環として、商品のピッキング、梱包、出荷においてより積極的な役割を担います。

フルフィルメントセンターの例にはどのようなものがありますか?

フルフィルメントセンターの例には、Amazon Fulfillment Centers、Shopify Fulfillment Networkのほか、ShipBobやFulfillment by FedExのようなサードパーティロジスティクス(3PL)プロバイダーなどがあります。これらの施設は、さまざまなサービスを提供して、eコマースや小売ビジネスのオーダーフルフィルメントプロセスをサポートしています。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手

該当する項目はありません。