目次
自動化
8
分で読めます
2023年10月30日
2023年10月30日

倉庫管理に波を起こせ:ウェーブピッキングの威力

この記事では、ウェーブピッキングの基本概念から、メリット、先端技術との共通部分まで、包括的に解説します。

目次

複雑な倉庫管理の世界で効率性を高め、成功を収めるためには、ピッキング戦略が極めて重要であり、「ウェーブピッキング」は、その戦略のひとつです。ウェーブピッキングの可能性は、AutoStoreのような先進的なシステムと組み合わせることでさらに大きくなります。この記事では、基本概念から先進技術と交わる部分まで、ウェーブピッキングについて広範囲に探っていきます。ウェーブピッキングが倉庫管理にもたらす変革的影響に関しても、わかりやすく簡潔に解説します。

ウェーブピッキングとその仕組み

ウェーブピッキングは、その名のとおり、注文をバッチ、つまりウェーブ(波)状にリリースして、効率性と秩序の向上を図ることを意味します。ここからは、ウェーブピッキングが具体的にどのようなもので、倉庫管理においてどう機能するのかについて深掘りしていきます。

ウェーブピッキングの起源:原理を理解する

ウェーブピッキングは、注文の流入と倉庫の作業リズムによって前に進んでいきます。ウェーブピッキングは、注文が到着すると同時に個別あるいは直線的に処理するのではなく、まず注文を管理しやすいバッチにグループ化します。この戦略は波の周期的な性質をまねたものであり、注文の各バッチ、つまり「ウェーブ」の処理は、特定の時間または条件に当てはまると開始されます。

核となるメカニズム:グループ化、リリース、ピッキング

ここからは、ウェーブピッキングの主な手順を詳しく見ていきましょう。手順は3段階で、まず注文をグループ分けし、次にリリースし、最後にピッキングと処理を行います。詳細は次のとおりです。

  • 注文のグループ化:最初の段階では、特定の基準ごとに注文を分類します。基準には商品のタイプ、配送先、注文の規模、SLA(サービスレベル契約)、納期、その他の関連要素が含まれます。グループ化することで、似たような属性を持つ注文が同時にピッキングされるため、ピッキング担当者の移動を減らし、効率性を高めることができます。
  • ウェーブのリリース:注文をグループ化したら、ピッキングプロセスに向けてリリースします。このリリースは、倉庫管理者の裁量により手動で行うことも、倉庫管理ソフトウェアで自動化することもできます。このリリースのタイミングと量は極めて重要で、特にマルチピッキングにおいてバッチ係数を高く(つまり、一緒に処理される注文数を多く)すると、ピッキング作業の効率化につながります。しかし、一度に過剰な注文数を処理することでシステムを圧迫したり、ピッキングレーンの渋滞を引き起こしたりしないように注意しなければなりません。
  • ピッキングと処理:ウェーブがリリースされると、倉庫のピッキング作業者は指定された商品を集めます。このように一括で集めることで全体の効率性が高まるわけです。従来は、商品を集めてから個々の注文ごとに仕分けをしていましたが、今では革新的な方法が導入され、マルチピッキングやさまざまなワークステーションのような多彩な戦略によってリソースの利用を最適化しています。この動的なアプローチにより、ピッキング作業者は専用のピッキングカートを使って、複数の顧客からの注文品を集めると同時に効率的に仕分けることができます。さらにRF機器、ピック・トゥ・ライト音声指示ピッキングなどの技術の統合により、正確性とスピードも向上しています。AutoStoreポートのワークステーション構成は多様性が考慮されており、さまざまな仕分け戦略に適応します。

テクノロジーの役割:波を誘導する

先進のウェーブピッキングはテクノロジーに大きく依存しています。倉庫管理システム(WMS)は、注文を効率的にグループ化し、各ウェーブの最適な数量を決定し、ピッキング作業者に必要なすべての情報を提供する上で重要な役割を果たします。AIリアルタイムデータ分析の進歩により、WMSは注文の流入パターンの予測や、倉庫の事前準備とウェーブのリリースをも支援できるようになりました。

ウェーブピッキングの核心は、倉庫内のワークフローを最適化することです。流入する注文の特徴を見極め、計画されたバッチで対応するようピッキングプロセスを調整することで、倉庫はスループットを大幅に向上させることができます。この方法は、ピッキング作業者の移動を減らすだけでなく、自動保管・回収システム(AS/RS)の効率も最大化します。効果的なバッチ処理により、短期間で最大30%のパフォーマンス向上が可能です。これは臨機応変が求められる動的な戦略ですが、巧みに実行することで、スムーズかつ確実な倉庫業務の流れを実現できます。

ウェーブピッキングの主なメリットと限界

倉庫管理においては、最適なバランスを保つことが最高の結果を出すために非常に重要です。海のリズミカルな起伏に例えられるウェーブピッキングは、このバランスで成り立ちます。ここからは、ウェーブピッキングの多様なメリットと、そこに潜在する課題を探ります。

  • 時間効率:ウェーブピッキングの主なメリットのひとつは、大幅に時間を節約できることにあります。注文を波状にリリースすることで、ピッキングプロセスは合理化され、チームは効率的にタスクを処理し、時間厳守のオーダーフルフィルメントを保証できます。
  • 混雑の緩和:ウェーブピッキングは、倉庫の通路における過度の混雑や渋滞を回避するのに役立ちます。倉庫全体の各ゾーンでピッキングする注文のリリースを調整することで、業務フローを円滑化し、渋滞のリスクを減少させます。
  • リソースの最適化:手持ちのリソースと同調させながら注文を戦術的にリリースすることで、労働力と設備の両方を最大限に活用できます。その結果、ダウンタイムが最小化され、既存資産の有効活用が可能になります。
  • システム設計と資本効率:ウェーブピッキングの重要な要素であるバッチ処理は、システムの設計をよりコンパクトにする可能性を開きます。これにより、最小限の設備投資で非常に効率的なシステムを実現できるだけでなく、WMSをバッチ処理に活用する機会も増えます。マルチピッキングでは、1つのソースからより多くのピッキング対象を処理できます。

しかし、どのような戦略にも課題はつきものです。

  • 柔軟性への懸念:ウェーブピッキングは業務を合理化しますが、時として柔軟性を欠くことがあります。この硬直性は、急な注文や直前の注文に対する迅速な調整を妨げる可能性があり、eコマースのような流動的な分野では特に重要な課題です。
  • 従来のシステムへの依存:新しい倉庫管理システム(WMS)は、動的なスケジュール設定機能を備えるなど、より柔軟性が高まる方向に進化してきていますが、ウェーブピッキングはこれまで従来型のWMSシステムに依存してきました。従来型のシステムは、最新のシステムと比較して適応性に劣る場合があり、日々進化する市場環境の中で不具合を引き起こすリスクがあります。
  • 労務管理の課題:注文のリリースは、手作業による情報分析や過去のデータによって決定されることが多いため、利用可能な労働力と注文量との不一致が生じる可能性があります。最適なアプローチは、リアルタイムのデータとアナリティクス機能によってこれらの決定を行うことですが、すべてのWMSがこの機能を搭載しているわけではありません。

まとめると、ウェーブピッキングには多くのメリットがある一方で、その限界を認識することが不可欠です。重要なのは、ウェーブピッキングの長所を生かしながら、その限界に常に注意を払い、生産的で調和のとれた倉庫管理を行うことです。

波に乗るテクニック:ウェーブピッキング戦略を深堀りする

倉庫管理戦略には、広大な海のように、独特の流れと潮流があります。ウェーブピッキングの領域にも、それぞれにリズムと目的を持った明確なテクニックがあります。代表的なものとして、スケジュールウェーブとオンデマンドウェーブ、そしてこれらを組み合わせたハイブリッドアプローチがあります。

1. スケジュールウェーブ:時計仕掛けの精度

スケジュールウェーブはタイミングが非常に重要です。この方法の場合、注文は通常、倉庫の稼働時間や特定の出荷時間に基づいて、あらかじめ定義された間隔でリリースされます。スケジュールウェーブの特徴は次のとおりです。

  • 予測可能性:決められたスケジュールに従うことで、倉庫は必要な労働力とリソースを予測しやすくなります。
  • バッチ化による効率性:注文を特定のウェーブにグループ化することで、特に類似または関連する注文を扱う場合にリソースを最大限に活用できます。
  • 限界:構造的な性質を持つため、予期せぬ変更や急な注文に対応しにくい場合があります。

2. オンデマンドウェーブ:適応性ある注文管理

オンデマンドのウェーブピッキングは、その時々の注文の流れに適応し、業種固有ではなく注文の性質と緊急性を中心とした対応戦略を提供します。この方法では、スピードと柔軟性の必要性を優先し、入ってきた注文をすぐにリリースできます。いわば業種に特化した視点から、より広範で状況に基づいた視点への転換であり、波の形成を待たずに注文が発生した時点で対応できるシステムの能力が重視されます。

具体的に言うと、オンデマンドウェーブは、倉庫業務に情報を提供するリアルタイムデータを使用して、注文トラフィックのさまざまな緊急性に備えます。家電製品の突然の購入急増、ファッションやアパレルのすばやい回転率、時間的制約のある医薬品の配送など、いずれに対応する場合でも、変動する注文状況に機敏に対応できるようにWMSを設定することが焦点となります。

このアプローチの主な側面:

  • 需要のペースと規模に応じて効率的に調整しながら、業種に関係なく注文を柔軟に処理
  • 迅速な出荷が要求されるシナリオに適合する、顧客志向のサービス
  • 必要に応じて切り替えができる、リアルタイムで応答性の高いシステムの維持が課題。このような即時性が可能な動的WMSの重要性が浮き彫りに

この戦略では、受注構造の機微を理解し、従来の業界中心のモデルから脱却して、タイムリーで正確なオーダーフルフィルメントという基本要件への対応を目指すことが求められます。

オンデマンドウェーブの特徴は以下のとおりです。

  • 柔軟性:注文はその時どきの必要性に基づいてリリースされるため、俊敏性があり、予期せぬ市場の要求や緊急の注文にも対応できます。
  • 顧客中心:このピッキング方式は、顧客の要求が不規則で期限に厳しい部門にとって特に有益です。
  • 課題:即座の対応が重視されるため、効果的に機能させるためには、堅牢でリアルタイムのデータ管理システムが必要となります。

3. ハイブリッドアプローチ:両方の良いとこ取り

ハイブリッドアプローチは、オンデマンドのニーズのために余力を設けておく一方で、大半の注文を決められたスケジュールでリリースするなど、スケジュール戦略とオンデマンド戦略を融合させたものです。このアプローチの特徴は次のとおりです。

  • 適応性:中核業務は予測可能なスケジュールで実行する一方で、レアケースや緊急の要件に対応する余地もあります。AutoStoreシステムの場合、ロボットやグリッドを追加することで容易に拡張可能です。このようにAutoStoreは、進化する業務ニーズに対応するシームレスなソリューションを提供しているという点で、競合他社とは一線を画しています。
  • リソースの最適利用:リソースは主にスケジュールに基づいて割り当てられますが、リアルタイムの要求に対応できる柔軟性も持ち合わせています。
  • 複雑さ:この方法は、両戦略を円滑に統合するために、より高度な管理システムが必要となります。

各ウェーブピッキング戦略にはそれぞれの強みがあり、その選択はビジネス固有のニーズと性質に大きく左右されます。スケジュールウェーブは予測可能性を、オンデマンドウェーブは適応性をもたらし、ハイブリッドアプローチは両方の長所を兼ね備えています。倉庫は、その業務と顧客基盤特有の要求を理解することによって、効率性、対応力、そして全体的なスループットを最適化するウェーブピッキング戦略を選択したりカスタマイズしたりすることになります。

AutoStoreの準備ウェーブ

AutoStoreのビン準備ウェーブは、ウェーブピッキングシステムの効率を高めるために戦略的に設計された極めて重要な機能です。大規模なビンの再配置は夜間に行われると思われがちですが、24時間365日稼働できるAutoStoreは、時間帯を問わず準備プロセスを最大30分で完了させることができます。

この準備段階では、次の注文で最短のアクセス性を確保するために、手すきの時間帯にビンを戦略的に再配置します。重要なのは、このプロセスが夜間の大規模な再配置作業を伴わないことです。その代わり、緊急注文の量の予測、ビンの分布、およびシステムの効率に影響を与えるその他のパラメーターといった主要な側面を考慮に入れつつ、当社のシステム設計エンジニアが高度な計画を作成します。  

シフトモデルや作業員の休憩時間に応じてこのスケジュールを戦略的に利用することで、システムをさらに最適化できます。作業員の休憩時間を利用して掘り起こしできれば、必要なロボットの数とその充電時間も変わってきます。したがって、夜間シフトは一般的なビンの再配置に貢献しますが、このプロセスを労働集約的なものと誤解しないことが重要です。むしろ、戦略的なプランニングと利用可能な時間枠の活用を通じて、効率的な倉庫管理を行うという会社のコミットメントに合致するものです。

関連記事:成功のための5つの要素

従来のピッキングからウェーブピッキングへの移行

従来のピッキングからウェーブピッキングへの移行は大変だと思われるかもしれません。しかし、計画的な移行を行うことで、大幅な効率化を実現できます。ここからは、移行の方法を体系的に解説していきます。

  • 実現可能性を検討する:最初のステップは、データを分析し、提供する商品のバッチ化やウェーブ化が可能かどうか、ウェーブピッキングへの移行が業務のニーズに合致しているかどうかを見極めることです。たとえば、商品の配分が65/35または60/40のビジネスの場合、ウェーブピッキングは適していないかもしれませんが、90/10または95/5の配分であれば、大きなメリットを得ることができます。
  • 包括的な分析を行う:実現可能性が確認できたら、既存のピッキングプロセスを理解します。課題を特定し、効率性を測定し、強化が必要な分野を特定します。この作業により、円滑な移行のための基礎を築くことができます。
  • 従業員を教育し、訓練する:ウェーブピッキングの導入は、倉庫チームにとって大きな転換となります。新しいやり方、そのメリット、そしてこの戦略的転換の背後にある理論的根拠を説明する訓練モジュールを構築します。チームが関連する技術やツールに精通するよう徹底しましょう。
  • 適切なテクノロジーを選択する:ウェーブピッキングに対応した倉庫管理システム(WMS)を導入します。事業規模や予算に応じて、基本的なソフトウェアスイートから、AIやリアルタイム分析機能で補強された高度なシステムまで、さまざまなものが考えられます。
  • 試験運用する:本格的な展開の前に、試用段階を設けます。倉庫の特定の部門または注文バッチを選んで、ウェーブピッキングを導入します。この試用段階は、これまで見えなかった課題を浮き彫りにし、手順を改善する道を開きます。
  • 段階的に展開する:業務プロセス全体を一度にオーバーホールするのではなく、段階的に移行する戦略を立てましょう。この段階的なアプローチにより、業務の中断を最小限に抑え、予期せぬ課題への対応に余裕を持たせることができます。
  • 継続的に見直し、改善する:ウェーブピッキング導入後は、定期的な見直しを実施することが極めて重要です。パフォーマンス指標を精査し、従業員からのフィードバックを募り、最適化の道を常に模索します。
  • トレンドを常に把握する:倉庫管理は進化し続ける分野です。最先端のウェーブピッキング技術や方法論で常に環境をアップデートするべくリソースを投入することで、持続的な運営能力を確保しましょう。

このロードマップを忠実にたどり、垣根のない通信チャンネルで補完すれば、企業は従来のピッキングの概念からウェーブピッキングへと移行し、将来性のある倉庫環境を構築できます。

倉庫管理の未来:ウェーブによる集中化

技術の進歩が今、ウェーブピッキングの在り方を再定義しようとしています。従来のWMSシステムが静的なソリューションを提供してきたのに対し、倉庫管理における次の段階は、リアルタイムかつデータ駆動型の枠組みへと向かっています。このようなシステムは、刻々と変化する市場力学を反映し、瞬時の注文処理に長けています。

集中化がより顕著になり、パフォーマンスへの要求が高まる中、その解決策は必ずしもシステムの直接的な増強やピッキング作業者数の追加とは限りません。その代わりに、ウェーブピッキングやバッチピッキングといった戦略を有効活用すれば、こうした要求の高まりを吸収し、対応できます。このような戦略に裏打ちされた集中化は、倉庫管理の進化にとって大きな原動力となります。その一翼を担うのが、プロセスを微調整する高度なAIとアナリティクス機能です。

AutoStoreはウェーブピッキングをどのように支えるか

AutoStoreは在庫品を自動的に保管し、回収するシステムであり、グリッドシステムを走行するロボットが、在庫品を収容したビンを一体型のポート(ワークステーション)へと搬送し、そこでピッキングや補充作業が実施されます。ウェーブピッキングの場合、AutoStoreシステムは次のようにさまざまな形でプロセスを支えます。

1. 効率性の向上: AutoStoreロボットが在庫ビンを回収し、ワークステーションに運ぶことで、作業員は居ながらにして複数の注文を同時にピッキングできます。これにより、従来のウェーブピッキングに必要な歩行時間や移動時間を最小限に抑えることができます。

2. WMSとのシームレスな統合: AutoStoreシステムを、ウェーブピッキング戦略を処理する倉庫管理システム(WMS)と統合することで、各ウェーブで適切なアイテムを最適な順序でピッキングできます。

3. Batch Picking: While wave picking focuses on multiple orders in a 'wave,' batch picking (a component of wave picking) is about picking multiple orders in one go. AutoStore's system can facilitate batch picking by delivering Bins that cater to several orders, allowing the worker at the port station to pick for multiple orders from a single Bin or a sequence of Bins.

4. 動的な再編成: AutoStoreシステムは本質的に動的で、ロボットは需要パターンに基づいてビンを再配置できます。たとえば、ウェーブで一緒にピッキングされる頻度が高い商品のビンは、それぞれ回収しやすいよう近くに再配置されます。

5. エラーの減少: AutoStoreのような自動化システムを導入すると、ピッキングエラーのリスクが減少します。これにより、ウェーブピッキングはより速く、より正確なものとなります。

6. ウェーブリリースの柔軟性: AutoStoreロボットはスピードと効率性に優れており、従来より頻繁に、さまざまな規模のウェーブをリリースできるので、ピッキングステーションに負担をかけることなく需要のピークに対応できます

まとめると、AutoStoreシステムは本質的にウェーブピッキング戦略に不可欠というものではありませんが、その特徴と機能性は、適切なWMSやオーダー管理戦略と統合することによって、ウェーブピッキング工程を円滑にサポートし、強化できます。

AutoStoreシステムは、さまざまな形でウェーブピッキング工程をサポートします。

まとめ

倉庫業界が変革期を迎えている現在、ウェーブピッキングとバッチピッキングの有効性を活用する倉庫、特に集中型システムを採用した倉庫が、今後の新基準を打ち立てていくことになると予想されます。こうした倉庫は先陣を切って、効率性、パフォーマンス、顧客満足のパラダイムを決定づけていくことでしょう。

よくある質問

ウェーブピッキングとはどのような手法ですか?

ウェーブピッキングとは倉庫管理戦略の一つで、注文をグループ化し、バッチ、つまり「ウェーブ」単位でリリースすることで、効率性と秩序を最適化しながら、ピッキングや処理を合理化するものです。

ウェーブピッキングとバッチピッキングの違いは何ですか?

ウェーブピッキングでは、注文タイプや発送先などといった基準に基づいてグループ化した注文の波をリリースしてピッキングします。一方、バッチピッキングでは、複数の注文をグループ化して特定の商品を一括してピッキングしてから、次の商品に移ります。

ウェーブピッキングのメリットは何ですか?

ウェーブピッキングのメリットには、大幅な時間短縮、倉庫通路の混雑緩和、最適なリソース利用、合理化されたワークフロー、注文処理効率の向上などがあります。ウェーブピッキングはまた、バッチ係数を用いてポートでのビンの提示を減らすことにより、AutoStoreグリッド上のトラフィックを減らし、同じビンを何度も回収する必要がないようにします。このプロセスは、倉庫業務の効率とスピードをさらに高めます。

ウェーブピッキングの活用手順はどのようなものですか?

ウェーブピッキングの活用手順は3つに分けられます。まず、納期や配送地など、特定の基準ごとに注文をグループ化します。次に、グループ化した注文をピッキングに向けてリリースします。このリリースは、それぞれのダイアログで管理者が手作業で行うことも、倉庫管理システム(WMS)内で自動化することもできます。倉庫によっては、さまざまなエリアに対応するため、両方の手法を採用している場合もあります。最後に、すべてのバッチの商品をピッキングして処理してから、注文ごとに仕分けし、梱包します。注文リリース手法にWMSを導入すると、WMSがもたらす柔軟性と、倉庫業務を合理化する高度な技術により、ウェーブピッキング工程の適応性や効率性が高まります。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手