目次
自動化
13
分で読めます
December 14, 2023
December 14, 2023

リーン倉庫管理ガイド

リーン倉庫管理とは?その導入方法とは?業務を最適化し、無駄を省き、ロジスティクスに技術を取り入れるための重要な戦略について解説します。

目次

リーン倉庫管理は、リーン生産方式の原則に根ざした概念であり、現代のロジスティクスサプライチェーン管理において極めて重要な戦略となっています。この記事では、リーン倉庫管理がどのように業務を合理化し、無駄を省き、プロセスを最適化し、倉庫業務の効率性と応答性を変革するかを探ります。その上で、AutoStoreシステムがリーン倉庫管理の原則にどのように合致しているのか、また、AutoStoreの自動保管・回収システムによってどのように倉庫の効率を大幅に向上させることができるのかについて掘り下げていきます。

リーン倉庫管理とは何か

リーン倉庫管理とは、無駄を省き、効率を高め、プロセスを最適化することで倉庫業務の合理化を目指す経営理念です。リーン倉庫管理の本質は、無駄を最小限に抑えてスペースの利用を最適化し、需要を満たすための業務を効率的に支えることです。そこで重要になるのは、適切な顧客に適切な処理能力を適切なタイミングとコストで提供するために、必要以上に機能を複雑にせず、適切なソリューションを用いて、適切な保管のための適切な倉庫を確保することです。

「リーン」という用語は、リーン倉庫管理とリーン生産のいずれにおいても、これらの方法論の核となる目標、すなわち、プロセスにおける無駄を排除することによって、より少ない資源でより多くの価値を生み出すことを意味しています。このアプローチは、日本の自動車産業、特に20世紀半ばのトヨタの生産システムで製造効率を高めることを目的として開発されたリーン生産の原則に根ざしています。倉庫管理に導入されてからは、非付加価値活動を排除し、プロセスを合理化して、業務効率を高めることに焦点が当てられるようになりました。リーン倉庫管理には、ジャストインタイムの在庫管理、継続的改善、職場の5S活動、主要業績評価指標(KPI)を使用したパフォーマンス測定といった活動が含まれます。

時の経過とともに、リーン倉庫管理は最新の技術とデータ分析を取り入れるようになり、複雑で動的なサプライチェーンをより効果的に管理する能力を高めてきました。この進歩により、倉庫は市場の変化に迅速に対応し、在庫をより効果的に管理し、生産性を大幅に向上させることが可能になりました。

リーン倉庫管理とは、無駄を省き、効率を改善し、プロセスを最適化することによって倉庫業務の合理化を目指す経営理念です。

リーン倉庫管理の基本原則

リーン倉庫管理は、その実践と戦略の指針となるいくつかの基本原則の上に成り立っています。最も中心的な原則は5S活動と改善の2つであり、どちらも日本の製造業で行われていた実務を起源とします。

5S活動

  • 整理(せいり):作業場所から不要なものを取り除き、散らかりを減らすこと。たとえば倉庫の場合、古くなった在庫や使っていない備品を取り除いてスペースを確保することなどが当てはまります。
  • 整頓(せいとん):整理の後で残った物品を効率的にまとめること。倉庫の場合、保管箱や棚を整頓することで、アクセスしやすく、効率的にピッキングできるようにすることなどが当てはまります。
  • 清掃(せいそう):作業場所を清潔で整然とした状態に保つこと。スケジュールを立てて定期的に倉庫内を清掃することにより、安全で効率的な作業環境を確保します。
  • 清潔(せいけつ):これまで挙げた手順や実践内容を一時的なものではなく、標準化して保つこと。倉庫の場合、商品の受け取り、保管、出荷などの作業について、標準的な作業手順を策定することなどが当てはまります。
  • 躾(しつけ):標準を守り、必要に応じて見直すこと。定期的な監査と教育により、倉庫の従業員が確立された手順をきちんと守れるよう徹底します。

改善とは

改善とは、少しずつ小さな変化を起こすことで、効率と品質を向上させることです。倉庫管理で言えば、ピッキング経路を定期的に見直して移動時間を最小限に抑えたり、フィードバックの仕組みを導入して従業員が改善点を提案できるようにしたりすることを意味します。たとえば倉庫で注文処理時間を継続的に分析して、障害点を特定し、解決策を導入することも改善の一例です。

これらの原則を実際の倉庫管理シナリオに適用するということは、倉庫の継続的な評価と向上に取り組むことを意味します。これらのリーン原則の導入に成功した倉庫では、多くの場合、効率の大幅な改善、無駄の削減、従業員の意欲の高まりが見られ、全体的な生産性と顧客満足度の向上につながっています。

倉庫の生産性にとって一般的に無駄とされる領域

倉庫業務において、効率と費用対効果を最大化するためには、無駄の多い領域を特定し、それに対処することが極めて重要です。主な無駄のひとつはスペース利用の非効率性で、作業環境が乱雑になり、円滑な業務の妨げとなります。さらに時間の無駄も大きな懸念事項で、品質上の問題や誤出荷による返品処理のほか、ワークフローのさまざまな段階での待ち時間なども、よくある例として挙げられます。

もう1つの重要な領域は、特に手作業によるピッキングのように労働集約的で時間のかかる作業による労働資源の無駄です。これは、お金をかけて必要以上に複雑な機能を持つソリューションを導入しても、それに比例した効率性の向上をもたらさないという、資本支出(CAPEX)の無駄とも密接に関連しています。最後に、機器やシステムの高額なメンテナンス料などといった運営費(OPEX)の無駄も、最適な結果をもたらすことなく財源を圧迫する可能性があります。

主な無駄のひとつはスペース利用の非効率性であり、作業環境が乱雑になり、円滑な業務の妨げとなります。

リーン倉庫管理を支える技術

リーン倉庫管理においては、効率性と正確性の向上のため、先端技術への依存度をますます高めています。主な技術は次のとおりです。

  • 自動保管・回収システム(AS/RS)これらのシステムは、決まった保管場所への商品の入庫やそこからの回収を自動的に行い、保管密度を向上させ、人件費を削減します。たとえば大量の商品を扱う物流センターでは、AS/RSを使用することで、ミスを最小限に抑えながら大量の商品を迅速に処理することができます。
  • 倉庫制御システム(WCS)WCSは、倉庫内のマテリアルハンドリング装置や機器などの動作をリアルタイムで調整します。効率的に商品の流れを制御し、仕分けや経路決定などの作業を最適化します。
  • 倉庫管理システム(WMS)WMSは、在庫、注文、フルフィルメントを管理するソフトウェアソリューションです。リアルタイムのデータと知見をもたらし、在庫レベルの最適化と、ピッキングや梱包プロセスの合理化に役立ちます。

リーン倉庫管理のメリット

リーン倉庫管理は、倉庫の全体的な有効性と競争力を高めるいくつかの重要なメリットをもたらします。たとえば、効率性の向上、コストの削減、品質、敏捷性、安全性の向上などが挙げられます。

  1. 効率性の向上:リーン原則を採用することで、倉庫は業務を合理化し、処理時間を短縮し、リソースの利用を最適化できます。これには、レイアウト計画、在庫管理、プロセスワークフローなどの効率化が含まれ、これらすべてが、より迅速で効率的な業務に貢献します。
  2. コスト削減:リーン倉庫管理は、さまざまな形でコスト削減に役立ちます。過剰在庫や過剰生産のようなプロセスの無駄を最小限に抑え、広い保管スペースの必要性を減らし、作業効率を向上させることで人件費を削減します。また、在庫管理が改善されることで、保有コストの削減にもつながります。
  3. 品質の向上:リーン原則を導入することで、倉庫業務のあらゆる面で品質に焦点を当てることができます。プロセスの継続的改善は、品質問題の迅速な特定と対処につながり、倉庫業務におけるエラーの減少と顧客満足度の向上を実現できます。
  4. 敏捷性の向上:リーン倉庫管理は、変化する市場の要求に適応する能力を高めます。最適な在庫レベルを維持し、プロセスを合理化することで、倉庫の敏捷性と反応性が向上し、顧客のニーズや市場の変化に迅速に対応できるようになります。
  5. 安全性の向上:リーン倉庫管理は、職場の整理整頓と清潔さにも重点を置いているので、より安全な職場環境づくりに直接貢献します。プロセスが明確でよく整理された倉庫は、事故のリスクを減らし、従業員全体の安全性を向上させます。

まとめると、リーン倉庫管理は業務効率を最適化するだけでなく、より迅速で、費用対効果が高く、安全な倉庫環境づくりにも貢献します。世界のサプライチェーンが急速に変化する中、倉庫が競争力を維持する上で、これらのメリットは極めて重要です。

リーン倉庫管理のメリットには、効率性の向上、コストの削減、品質、敏捷性、安全性の向上などが挙げられます。

リーン倉庫管理の導入へ向けた11のヒント

倉庫管理にリーン原則を導入するには、各倉庫タイプ特有のニーズと課題に合わせた戦略的アプローチが必要です。ここでは、リーン倉庫管理とその導入方法を包括的に解説します。

  1. リーン原則を理解する:5S活動や改善などのリーン原則について、経営陣と従業員を教育することから始めましょう。リーン倉庫管理の背後にある哲学を理解することは、導入を成功させる上で極めて重要です。
  2. 価値を定義する:スペースの節約、生産性、持続可能性などの点で、適切な倉庫ソリューションが顧客にどのようなメリットをもたらすかを見極めます。このステップは、リーン倉庫管理を顧客のニーズに合致させる上で極めて重要です。
  3. 現在の業務を評価し、価値提供までの流れを明確にする:現在の倉庫業務の徹底的な評価を行い、無駄や非効率がある部分を特定し、それらの課題に対処できる最終状態を明確にします。これには、在庫管理、レイアウト、プロセス、従業員のワークフローの評価も含まれます。
  4. 明確な数値目標を設定する:無駄の削減、在庫回転率の向上、処理時間の短縮など、リーン倉庫管理で達成したい事柄について、明確で測定可能な数値目標を定めます。
  5. 5S活動を導入し、流れを構築する:職場を整理整頓し標準化する5S活動から始め、現在の課題と期待される最終状態の両方に対応する具体的な流れを計画します。これには、保管場所の再配置やピッキング経路の最適化も含まれます。
  6. レイアウトとスペース利用を最適化する:倉庫のレイアウトを再設計し、垂直保管ソリューションなどを検討することで、スペースを最大限に活用し、移動を最小限に抑えます。
  7. かんばんシステムを確立し、在庫管理を合理化する:ジャストインタイム(JIT)在庫管理手法を導入し、WMSのような技術ソリューションを採用して、特に多品種大量注文に対する生産性と効率を高めます。
  8. 技術と自動化の導入:効率性と正確性を高めるため、自動保管・回収システム(AS/RS)倉庫管理システム(WCS)などの技術ソリューションの導入を検討します。
  9. 従業員の関与を促し、教育する:リーン変革プロセスへの従業員の関与を促します。訓練を提供し、フィードバックや提案を奨励して継続的改善に役立てます。
  10. 完璧を追求する:ビジネスの成長に対応できるよう、ソリューションには拡張性、持続性、柔軟性があるものを選びます。これには、プロセスを定期的に見直して最適化する、継続的改善文化を育むことも含まれます。
  11. 監視し、調整する:主要業績評価指標(KPI)を定期的に監視して進捗を把握し、必要な調整を行います。状況に合わせて柔軟に戦略を適応させます。

この包括的なアプローチにより、リーン倉庫管理を効果的に実施し、現在の業務上の課題と将来の成長ニーズの両方に対応できるようになります。

倉庫管理にリーン原則を導入するには、各倉庫タイプ特有のニーズと課題に合わせた戦略的アプローチが必要です。

Tips for different types of warehouses

  • 小規模倉庫:5S活動と手動プロセスの最適化に注力します。小規模な自動化とシンプルなWMSが効果的です。
  • 大規模物流センター:高度なWMSと自動化技術を活用し、大規模業務と在庫管理の最適化に注力します。
  • 特殊倉庫:冷蔵倉庫の温度管理や高額商品の安全保管など、特定の要件に合わせてリーン戦略をカスタマイズします。

リーン倉庫管理の導入は、コミットメント、柔軟性、適応と学習の意欲を必要とする継続的なプロセスであることを忘れないでください。

AutoStoreのAS/RS - リーン倉庫管理の一例

AutoStoreのAS/RSシステムは、リーン倉庫管理の原則と相性が良く、より効率的で、省スペースで、生産性の高い倉庫環境というリーン倉庫管理の重要な理念の実現に、技術がいかに役立つかを例証しています。

スペース効率を向上:  

AutoStoreシステムの特長は、高密度な保管能力です。キューブ式のシステムで、在庫品を収容したビンロボットが整理する仕組みにより、従来の倉庫設備でありがちなスペースの無駄を大幅に削減し、利用可能なスペースを最大化します。これは、無駄を省き、スペース利用を最適化するというリーン倉庫管理の主眼と完全に一致します。

市場屈指の高密度を誇るAutoStoreの倉庫自動化システムは、イメージしにくいかもしれませんが、従来の棚の4倍高いスペース効率となっています。AutoStoreは、「キューブ式自動保管・回収システム(AS/RS)」と称されるソリューションを生み出し、キューブ式のグリッド内で在庫ビンを整理することにより、棚保管の非効率性を解消しました。ロボットはグリッドの上を走行し、在庫ビンを掘り起こして回収したら、ワークステーションで待つ作業員まで届けます。ビンを掘り起こし、整理する仕組みは非常に効果的で、AutoStoreのシステムは市場において1m2あたりのスピードが最速クラスのAS/RSとなっています。

利用可能なスペースの最適化は、無駄のない倉庫管理と密接に関連しており、不動産やエネルギーにかかるコストの削減など、多くのメリットをもたらします。

労働力の無駄を削減:  

AutoStoreシステムによる自動化は、特にピッキング時の手作業の必要性を最小限に抑えます。これにより労働資源の浪費が解消され、従業員をより付加価値の高い業務に配置できるようになるため、全体的な生産性の向上と運営コストの削減につながります。

関連記事:Knusprは3時間以内の配送を自動化でいかに実現したか

時間効率を向上:  

AutoStoreシステムでは、作業員がいるワークステーションまでロボットが在庫ビンを迅速に搬送するため、時間効率を大幅に向上させます。保管と回収の時間が短縮され、移動や待機の時間が最小限に抑えられ、プロセスが合理化されるので、倉庫業務における時間の無駄を効果的に削減できます。

CAPEXとOPEXのバランス:AutoStoreの効率性とRaaSモデル:

AutoStoreシステムには初期投資(CAPEX)が必要ですが、スペース効率の向上と労働力の削減により、その費用は相殺されます。電力消費を抑え、保守を最小化できるので、運営費(OPEX)の削減も実現できます。さらにAutoStoreは、ペイパーピック(PPP)ベースで運用されるRaaS(サービスとしてのロボット)モデルを提供しています。このモデルにより、顧客は最も資本集約的な部分(ロボット、ポート、ソフトウェア)を、ピッキング数量に応じたサブスクリプション料金でリースでき、CAPEXを大幅に削減できます。このアプローチは、AutoStoreシステムが処理する物量の割合が高いプロジェクトに特に有益で、処理数量に基づく料金戦略を提供することで、ロボット技術をより身近なものにし、幅広い顧客に規模拡大の機会を提供します。

拡張性と柔軟性:  

AutoStore は拡張性と柔軟性に優れ、ビジネスの成長に対応できる持続可能なソリューションとなっています。これは、リーン倉庫管理の理想を追求する上で極めて重要な要素です。変化するビジネスニーズに合わせて簡単に拡張や再構成ができ、継続的な改善と適応をサポートします。

まとめると、AutoStoreシステムは、スペースの利用効率を高め、労働と時間の無駄を削減し、拡張可能で費用対効果の高いソリューションを提供することで、リーン倉庫管理の原則を体現しています。倉庫業務へのAutoStoreシステムの導入は、よりスリムで効率的な倉庫環境の構築に大きく貢献します。

リーン倉庫管理の未来

リーン倉庫管理の未来は、新たに生まれているいくつかのトレンドや革新技術によって形作られていくと予想されます。より広い文脈におけるサプライチェーン管理において、リーン倉庫管理の役割はますます重要になっていくでしょう。

トレンドと予測

リーン倉庫管理の未来は、技術革新と持続可能性が融合したエキサイティングなものになりそうです。キューブ式保管、自律移動ロボット、ドローンの組み合わせにより、在庫管理が合理化され、ミスが減少します。それと同時に、人工知能と高度なデータ分析機能がより深い知見をもたらし、ロジスティクスプロセスのさらなる効率化が可能になるでしょう。環境保護に向けた世界的な傾向に伴い、廃棄物の削減やエネルギー利用の最適化を目指した取り組みなど、持続可能性もまた重要な焦点となるでしょう。

モノのインターネット(IoT)技術の統合は、リアルタイムの監視をさらに強化し、倉庫業務の応答性を高めます。eコマースが拡大し続ける中、リーン倉庫管理は、より多種多様な商品や、より少量で頻繁な注文を処理できるよう適応し、急速に進化するこの分野の柔軟性と効率性の確保に貢献することでしょう。これらの動きが相まって、リーン倉庫管理は今、最先端技術と持続可能性や適応性への取り組みとのバランスをとりながら、変革の段階を迎えています。

AutoStoreシステムは、スペースの利用効率を高め、労働と時間の無駄を削減し、拡張可能で費用対効果の高いソリューションを提供することで、リーン倉庫管理の原則を体現しています。

まとめ

リーン倉庫管理は、従来のリーン原則と革新的な技術を効果的に融合させるなど、現代の倉庫管理における重要な推進力となっています。これまで見てきたように、リーン倉庫管理は業務効率を高めるだけでなく、世界のサプライチェーンの要求の変化にも適応します。その継続的な進化と適応性により、リーン倉庫管理は、これからも変化の激しいロジスティクス環境にとって不可欠なものであり続けるでしょう。

よくある質問

リーン倉庫管理の例とは?

リーン倉庫管理の典型例としては、ジャストインタイム(JIT)在庫管理を実施する施設が挙げられます。これは、在庫を最小限に抑え、生産または流通に必要なものだけを入荷し、保管コストと無駄を削減することを意味します。

もう1つの例としては、キューブ式の自動保管・回収システムを導入し、非効率的な棚保管をなくすことで、保管密度を4倍以上高めた施設が挙げられます。

リーン倉庫管理のプロセスとは?

リーン倉庫管理プロセスとは、業務の合理化を通じて無駄を最小限に抑え、効率を最大化することなどを意味します。これには、ワークフローを最適化するための5S活動(整理、整頓、清掃、清潔、維持)、継続的改善、効率的なレイアウト設計、自動化などの手法の導入が含まれます。

リーン倉庫管理のメリットとは?

リーン倉庫管理のメリットには、運営費の削減、在庫管理の改善、従業員の生産性の向上、より迅速で正確なオーダーフルフィルメントによる顧客サービスの向上、廃棄物の削減と環境への影響の低減などがあります。

リーン倉庫管理の用途とは?

リーン倉庫管理は、より効率的で、迅速で、費用対効果の高い倉庫業務の実現に用いられます。余剰在庫の削減、商品の流れの改善、品質管理の強化のほか、倉庫管理のあらゆる側面を最適化するためのデータ駆動型戦略の活用に重点を置いています。

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信

このトピックについての詳細は

専門エキスパートにご相談ください。
送信
送信
ライター

TAGS
Category
Category
Category
Category

無料コピーを入手

該当する項目はありません。